FC2ブログ

1903NRT-空の海ガメ-

 例により活動の場をTwitterに移しつつあるREMCATです、皆様こんにちは。
とはいえ140時に縛られない記述にも楽しさがあるので、こっちもガリゴリ書きます(^^)。
今回は先日日本にデリバリーされたANAのA380のお話し。
その日だけピンポイントで雨という天気予報と交渉せずに、桜の山へ出撃です/(^^)/。

ANA A380 “Flying HONU”
h.jpg
Hello, everyone, how do you do?
I'm very busy in weekdays and I have so many things to do on weekend, so sorry for my late writing...
Anyway, today, I show you off a big turtle in the sky.
In the sky?! Yes, Japanese top airline gots the brand new flying turtle...

Jinair B772
名称未設定
ジンエアー、いつの間にか大型化してるわね。
なんでそんなに日本の事嫌いなのに沢山フライトがあるの?
これってひょっとしてツンデレw?(ヤンデレの可能性も微レ存www)

Air ASIA X A333 "LOTTE WORLD"
_MG_5640.jpg
Special marks come on the bad weather day...it's a typical jinx of aviation photo.
Air Asia has many many many special marks but I've never seen them under the Sun!

Water splush 1
_MG_5695.jpg
飛行機撮影における曇りの迷惑度を50とすると、雨は余裕で1000超えです。
ですがこういう面白い写真も沢山撮れます。
でもな~、あえて雨の日に撮影行かないしな~。
工夫して変わった写真を撮るなら、雨や夜も楽しいですね。

Water splush 2
_MG_5720.jpg
Bad weather... If I rate cloudy's irritating point 50, rain is absolutely over 1000!!
However, rain makes such impressive shot.

Big splush
_MG_5909.jpg
旅客型のB4はもはや絶滅危惧種ですが、貨物機は意外とたくさん来てますね。
4発エンジンだと広い範囲で水が吹き上がるので大迫力です!

A350's face
_MG_5625.jpg
Cute panda like face.
Some Airbus aircraft has beautiful face, on the contrary, Boeing's are massive.

B777's face
_MG_5964.jpg
B7なんだけど、なんだか妙な顔。ヒラメっぽいw。
1枚上のA350と比べてもらうと、エンジンの大きさが分かります。

Big and beautiful fuserage
e.jpg
She came out from the factory in Toulouse and soon flied to Tokyo,
so fuserage is very beautiful!
Can you see engines and cloud on her skin?

Welcome to Japan!
i.jpg
雨はかなり強めに降るわ司会は霞むわ、かなりの汚天気だったのですが、
ホヌ到着の30分ほど前に雨が止んで5分前にはこの天気。
天気の切り替わり直後に滑り込んできて、まさに大逆転勝利でした(ドヤァ)。

というわけで春嵐驟雨をついての成田展開、最後の5分で大逆転勝利となりましたっ(^^)b!
戦いは最後の5分で決まるってダー様が言ってた通りですねw。
Okay everyone, please don't release this link!
I'll show you new photos next!

スポンサーサイト

Latest works 1/48 scale Aircrafts

 うぐぐ・・・全くブログを更新していなかったぜ(・∀・;;)。
描きたいネタのストックはあと10年は戦える程度にはあるんですが、
それ以前にプラモ作りたいエースコンバットやりたい読書したい写真撮りに行きたい5000兆円ほしい!!
(おい今なんか変なの混じらなかったか)

しかもぶちゃけ最近Twitter始めたらそっちの方が楽しくてブログが疎かに。
あ、ハンドルネームと同じ REMCAT で検索してもらえれば、それっぽいヤツが私です(^^)/。
しかしこのブログは私が何を長文英文漢文駄文拙文チンプンカンプン書いても大丈夫なスペース、
やらせはせん!140文字ごと気にやらせはせんぞぉ!
というわけでこんな時はそうだ、いつもの模型記事でお茶を濁そう(ひでぇw)。

Spitfire Mk.V "Jan Zumbach"
IMG_0014.jpg
Hello, everyone, sorry for my long absence!
I built some 1/48 scale models.
This Spitfire is the plane of Ace, who belonging to my favorite RAF SQ "303"!
Kit is Tamiya old one. Few month ago, brand-new one released from the company,
but this old one is also very nice one.

P-40N Chinese airforce "Wang Fuguang"
IMG_0194.jpg
This P-40 is belongig to Chinese Republic airforce.
At the last war, Chinese military resisted to Japanese attack bravely.
it was an enemy of my grand-father generation,
however, they simply intended to save their own homeland.

National gurdians
IMG_0197.jpg
17年~18年にポーランドと台湾のエアショーに行って両方好きになったので作った(^ω^)/!
ナチスの思想(の一部)に「優れた才能を持つ人々を惰弱な凡俗から隔離してよりよい人類の進歩を創ろう」という発想があったのは事実ですが。自由ポーランド、オランダ、チェコ、ベルギー、フランス。斯くも多くの民族が自由のために戦ったのなら、やはりそのやり方は間違っていたのでしょう。

P-39 On Guadalcanal island
IMG_0351.jpg
Unique prop plane P-39. Mid-ship engine, front wheel, and propeller centre gun.
I think its idea is not bad, but why it couldn't work well??
Maybe, exchange Marlin insted of Arison, it could be more competitive fighter, don't you think so?

Okay, short report of my airforce hanger.
I wish I could build more and more!
Fortunately, I have enough incentory to sustain more 20 years in the future, hahaha!
See you again!

1812 CR-Z "Typhoon" Last Flight!

 HONDA CR-Z マイ愛称“タイフーン”、先日退役しました。
8年間で飛行34000km、無事故無違反。
自力で何処にでも行ける機動力は、まさに自由と独立の象徴でした。
本当にありがとうございましたm(_ _)m!
後継機の予定はないですが、乗るなら次もホンダやな(`・∀・´)b!

My car Honda CR-Z "Typhoon" was retired last month.
It was my first automobile and I had driven her for 8 years.
I could go wherever I want, just a symbol of the independence and freedom.
Thank you for your work, Typhoon!

In the Sakura wind
KO8A1180_20190113045451cf5.jpg
桜吹雪の下で@成田空港。

Last Operation Flight
_MG_3716.jpg
最後のオペレーションフライトは成田空港。
幸か不幸か百里のアグレスは8月に終わっているので基地はしばらく行くネタがないですが、
成田の南北移動や羽田夜戦が難しくなりますね〜。

Running record
IMG_9932.jpg
飛行34,057㎞。ぶちゃけ少ない(笑)。神奈川来てから全然乗らず置物状態だったしなぁ。
百里航空祭が終わった帰路、もうあまり走らないと思って燃料をチビチビ補充したらセンサーが故障!
燃料がカラと表示が出ましたが満タンに入れたら復旧しました。
「最後まで全力で走らせろ」という機械の意志を感じました。(だからフル燃料で売却w)

Memorial board
IMG_9941.jpg
退役機のメモリアルボード的なアレ。最高速度は書くと捕まるので伏せ字で(笑)。

Dash-board fighters
_MG_3723.jpg
ダッシュボードの航空隊。エスコンみたいな編隊やな。

Engine room
IMG_0795.jpg
搭載エンジン F100-IHI-220E のディテール写真(違)。
あんま走らなくてバッテリー上がった時のや(・∀・;)。

Cargo room
_MG_3738.jpg
撮影ポイントまでのラスト100ヤード用に買った艦載機「晴嵐くん」
&余ったプラモスプレーで零戦風に塗った脚立。
地味にこいつらの収納場所が無くなって困る件。

Western point Tojinbo, Fukui
IMG_1410_20190113045357f99.jpg
一番遠くに行った時。福井県東尋坊。日本海は晴れると空海がとても綺麗な青色になります(^^)。
小松まで長距離ドライブで航空祭に行くのが恒例でしたが、今後は新幹線かにゃ~。

Snow camofrauge
2_201901130453537a2.jpg
初期の前線基地駐機場。空襲を避けるため雪でカモフラージュしてますが、スクランブルがかけられません笑。

Thanks, Good luck!
IMG_9937.jpg
ディーラさん到着、今までありがとうございました!
フジミ1/24積んでるから自機再現しなきゃσ(・∀・)σ。

Last flight with her, on the way to my home.
IMG_9945.jpg
売ってから家に帰るアシがないのでディーラさんの運転で送車。
自分の車で助手席からの車窓って新鮮ですね(そりゃそうだw)。
降車後のフライバイを帽振れで見送りましたが、
自分の車が走ってるのを見るのもまた新鮮(そりゃそうだw)。

It is spring, under the Sakura tree
IMG_6827.jpg
桜吹雪。自分の意志と責任で何時でも何処にでも行ける自動車は、
アメリカ人のライフル銃にも通じる「自由と独立」の精神であります。
だから若い人も(ホンダの)車買おうぜm9(`・∀・´)!

1808クラコフ航空博物館-みっぐみぐにしてやんよ-

 皆様あけましておめでとうございます、REMCATです。
本年も宜しくお願い致しますm(_ _)m。

 さてポーランドの更新を全くしていないわけですが、
国内航空祭の話を今頃しても微妙じゃね?というわけで冷静にポーランド編続けます笑。
今回はポーランドの京都と言われる古都クラコフの中世の趣を残す美しい街並み・・・
は、どうでもよくて、反対側にある巨大航空博物館の紹介です。
充実のめくるめくMiGワールドに半日どっぷり漬かってミグ酔いしましたw。

  ∧_∧    資本主義?みっぐみぐにしてやんよ
  ( ・ω・)=つ≡つ
  (っ ≡つ=つ
   / ) ババババ
 ( /  ̄ ∪

クラコフ(健全モード)
_MG_7918.jpg
一枚だけクラコフ旧市街の写真。ポーランドの京都と言われる古くて美しい街並みです。
お連れのご家族様はこちらへどうぞ笑。(とはいえ一見の価値ありです!)

Spitfire LF Mk.XVIE
KO8A6041.jpg
XVIEってマーク何番だよ。WW2ではポーランド人パイロットは多くが祖国を脱出、
イギリス軍に加わりバトルオブブリテンを初めとして抜群の戦果を挙げました。
これは308飛行隊。主翼が短い高空型ですかな?

Fokker Dr.Ⅰ
KO8A5790.jpg
レシプロ・ジェット多数取り揃えています。
案内のおじさんがプロペラを回すとエンジンも一緒に回って感激しました。
なおポーランド語で飛行機はsamolot(サモロット)です。ここテストに出ます(出ない)。

Sea Vixen
KO8A6024.jpg
戦後すぐのジェット化でイギリス海軍が御乱心気味だった時の機体。
こんなのどうやって調達したんだか(・∀・;;)。
F-104、105、ハリアーなどもあり、充実の品揃えってレベルじゃねぇぞw。いいぞもっとやれwww。

Mirage Ⅲ
KO8A5879.jpg
軍の古い飛行場をそのまま博物館にした様で、野原にポイポイと機体が並びます。
滑走路は生きている様なので、そこから搬入/輸送していると思われ。
ミラージュV(・∀・)キタワァ・・・。これは多分元ベルギー空軍の機体。

Viggen
KO8A5987.jpg
この機体を見てテンション微減?いえいえ、大幅増のビゲンです!
しかもレアな偵察型じゃないですか~!(800ミリレンズ外して持っていけないかなw)

MiG-15
KO8A6064.jpg
MiG-15に見えて、ライセンス生産のLim-1。
完全野ざらしなので雨風や油のウェザリングがリアルです(ていうか本物)。
実機ではちゃんと整備されるので、こんな汚れ方はしないと思いますが(^_^;)。

MiG Alley
KO8A6100.jpg
プチブル・独占資本・走資派・反動?みっぐみぐにしてやんよw。
奥からMiG-15、MiG-17、MiG-19とそのポーランドライセンス版がズラッと並びます。
控えめに言ってさーいこーうでーーーーす(゚∀゚)!!

Lim-6
KO8A6137.jpg
さてMiG-17かと思いきや、ライセンスの上に独自改修を加えたものの
不具合でLim-5規格に戻された(ややこしい)Lim-6!
正直あんまり違いはないと思いますけど。

MiG-17
KO8A6154.jpg
Lim-6MかMiG-17だと思うのですが、カンペが吹っ飛んでたので分かりません。
さっきから同じ様な機体ばっかり?そのクレームはミグ設計局にお願いします(笑)。

MiG-19
KO8A6166.jpg
MiG-19PM!MiG-15の最終進化形です。
エンジンが双発になり、尾翼が低翼の全遊動式になりました。
これ以上高速を出すにはショックコーンが必要になったという事で、
MiG-21からはコーンがつきますね。

MiG-21
KO8A6178.jpg
私ほどの飛行機マニアになると、この一枚からでもMiG-21のサブタイプが分かる。
この機首下ピトーと機銃、長いスパインはMiG-21F-13だ。(Wiki調べ)

SU-7
KO8A6283_2018122810581632f.jpg
MiG-21にすごくよく似た機体ですが一回り大型の攻撃機、SU-7BMです。
この後に可変翼を付けてSU-17、-20、-22の派生型ができました。
スホーイって基本MiGと同じ形だけど大きいよね。

MiG-23
KO8A6299.jpg
超音速可変翼戦闘機MiG-23MF。
第3世代ジェット機に属しますが、胴体前半とか側面形がなんとなくF-4に似ていますね。

SU-22M4
KO8A6309.jpg
現役でも運用中のSU-22M4。16年頃にグレイ系迷彩になりましたが、こっちの塗装もカッコいい(・∀・)!
武装満載で展示しているので仔細に観察できました。

MiG-29
KO8A6321.jpg
煽りアングルのMiG-29UB!
ドイツ統一で余剰になった機体を12機1ユーロだかで買ったとか。そのとき一口乗ればよかった。

Engine
KO8A6347.jpg
モデラーさん向けにディテール写真も何枚か。エンジンが良い色に焼けてますねぇ〜(^ω^)!
内筒の内側が真っ黒なのは分かりますが、外筒の方が青く焼けているのが気になりますな。

Lightning arrester
KO8A6746.jpg
翼縁ライトニングアレスタ。ネジ止めですが手で回せるほど緩くはなく、
多分工具をこの穴に入れて梃子で外すと思われます。今度から博物館行くときは寸鉄必携です(おいやめろ)。

Connection cable
KO8A6814.jpg
SU-22のミサイルランチャー。こんな風に開くんですね。
物理的には下部レールに引っ掛けてますが、電気的にはミサイルと真ん中のコネクタを繋ぐ様です
(ミサイルの方に雄型があった)。

TU-134
KO8A6422.jpg
下反角がユニークな旅客/輸送機Tu-134。
現役で運用しているのを見たいのですが、特AAA級の絶滅危惧種です。

AN-26
KO8A6453.jpg
アンアンアン♪とっても大好き~あんとーのふー♪。
すみませんねテキトーなコメントでw。

MiG-21
KO8A6682.jpg
真正面から。MiG-21ってときどきカッコいいよね。
あ、エデュアルドの新金型のMF型、箱変えに騙されて3機目買いました。

MiG Alley 2
KO8A6770.jpg
な、なにを言っているか分からないだろうが感じたことをありのままに言うぜ!
ポーランド空軍が使っていたMiG-21シリーズが重層かつ華麗なる回廊を形成して、
飛行機ヲタクを吸い込むブラックホールへと昇華していたんだ!
航空博物館とかそんな生易しいもんじゃねぇ、
もっと恐ろしいポーランド人の飛行機への執念の様なものを感じたぜ!

MiG Alley 3
KO8A6785.jpg
列線駐機みたいな角度で撮影できます。
おれ、生まれ変わったらこの博物館になるんだ・・・(錯乱)。

Poster
P8285008.jpg
ワルシャワでもクラコフでもグダンスクでも電車の中でもガンガン広告が出てた映画。
ワシも見たい見たい(><)ノシ!DVD出たらマッハ3でポチやσ(・∀・)σ!

というわけでクラコフの航空博物館でしたっ!
丸1日いたのでぶちゃけMiGに酔いました(笑)。
古都クラコフの美しい街並みと合わせて、ぜひオヌヌメの場所ですね。

それでは次回のポーランドはラドムエアショー本編なのだ/(^ω^)/!
See you again!

2018年マイ飛行機写真BEST10

 昨年もヒコーキに限らず多くの方にお世話になり、大変ありがとうございましたm(_ _)m。
毎年恒例、今年のマイ写真ベスト10を選んでみました。
私事の環境変化もあり新規開拓の少ない年でしたが、どうにか集まりました(^^ゞ。
巧拙そのものよりも、それを撮るためにどうアプローチしたかがウェイト高し。
各葉で基準はバラバラなので、1&2位以外は同率3位と思っています。
それでは2019年も宜しくお願い致しますm(_ _)m。

1位『猛龍(小松の空の勇者たち)』
1_20190104112754d42.jpg
F-15J 303SQ 百里航空祭予行
心の先生である小松基地の部隊であるため。
引き起こしのベイパーが、龍の猛りを思わせる迫力があったため。

2位(同率一位)『小松の空の勇者たち』
2_20190104112756d2f.jpg
F-15J 306SQ、小松航空祭
精神の師である小松基地の部隊であるため。
最適の健闘を怠り満足な写真を撮れなかった事を猛省して。

3位『蒼鷲』
3_201901041127560ab.jpg
F-15DJ アグレッサー、百里基地
一番好きな088号機の捻りを撮るため、3日間通って最適位置を探したことによる。

4位『国の護り』
4_20190104112758c3b.jpg
F-16C, Polish AF, Radom Airshow
ポーランド独立と空軍創設100周年を祝って。
ラドムエアショーは両日大雨だったが、悪天候に断じて屈さず濡れ鼠で撮影したこと。

5位『桜まとって』
9_20190104112805fa3.jpg
ANA B763、成田空港
2018年は珍しく桜が早く咲いた。
成田で初めて桜絡みの撮影をし、MFを活かして構図を創意工夫したこと。

6位『Farewell F-4!』
5_201901041127590ed.jpg
F-4EJ改 302SQ、百里航空祭予行
情報収集と経験からAGGのコースを推定して適切位置へと行動したこと。
予行に入れて頂いた御厚意に感謝を表して。

7位『炎の翼』
6_20190104112801ada.jpg
JAS-39C, Czech AF, Radom Airshow
大雨の中のフレアとベイパーにより、翼が炎をまとった様に見えたため。

8位『出撃』
7_20190104112802bfa.jpg
F/A-18F 米海軍、厚木航空祭
2機のF/A-18が重なる最適角度を探し、地に伏して撮影したこと。

9位『1939.9.1』
8_2019010411280485a.jpg
PZL P.11c, Polish AF, Radom Airshow
白黒でも写真を成り立たせたこと。
侵略に対し、自由と独立を諦めず戦ったポーランド国民の精神に敬意を表して。

10位『平和の海』
10_20190104112807ec8.jpg
DDH-183 いずも、横浜開港祭
大桟橋を埋める見学者とボートレースが自衛隊への信頼と負託を感じさせ、
武力手段である護衛艦が平和と調和しているため。

プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR