FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1812 CR-Z "Typhoon" Last Flight!

 HONDA CR-Z マイ愛称“タイフーン”、先日退役しました。
8年間で飛行34000km、無事故無違反。
自力で何処にでも行ける機動力は、まさに自由と独立の象徴でした。
本当にありがとうございましたm(_ _)m!
後継機の予定はないですが、乗るなら次もホンダやな(`・∀・´)b!

My car Honda CR-Z "Typhoon" was retired last month.
It was my first automobile and I had driven her for 8 years.
I could go wherever I want, just a symbol of the independence and freedom.
Thank you for your work, Typhoon!

In the Sakura wind
KO8A1180_20190113045451cf5.jpg
桜吹雪の下で@成田空港。

Last Operation Flight
_MG_3716.jpg
最後のオペレーションフライトは成田空港。
幸か不幸か百里のアグレスは8月に終わっているので基地はしばらく行くネタがないですが、
成田の南北移動や羽田夜戦が難しくなりますね〜。

Running record
IMG_9932.jpg
飛行34,057㎞。ぶちゃけ少ない(笑)。神奈川来てから全然乗らず置物状態だったしなぁ。
百里航空祭が終わった帰路、もうあまり走らないと思って燃料をチビチビ補充したらセンサーが故障!
燃料がカラと表示が出ましたが満タンに入れたら復旧しました。
「最後まで全力で走らせろ」という機械の意志を感じました。(だからフル燃料で売却w)

Memorial board
IMG_9941.jpg
退役機のメモリアルボード的なアレ。最高速度は書くと捕まるので伏せ字で(笑)。

Dash-board fighters
_MG_3723.jpg
ダッシュボードの航空隊。エスコンみたいな編隊やな。

Engine room
IMG_0795.jpg
搭載エンジン F100-IHI-220E のディテール写真(違)。
あんま走らなくてバッテリー上がった時のや(・∀・;)。

Cargo room
_MG_3738.jpg
撮影ポイントまでのラスト100ヤード用に買った艦載機「晴嵐くん」
&余ったプラモスプレーで零戦風に塗った脚立。
地味にこいつらの収納場所が無くなって困る件。

Western point Tojinbo, Fukui
IMG_1410_20190113045357f99.jpg
一番遠くに行った時。福井県東尋坊。日本海は晴れると空海がとても綺麗な青色になります(^^)。
小松まで長距離ドライブで航空祭に行くのが恒例でしたが、今後は新幹線かにゃ~。

Snow camofrauge
2_201901130453537a2.jpg
初期の前線基地駐機場。空襲を避けるため雪でカモフラージュしてますが、スクランブルがかけられません笑。

Thanks, Good luck!
IMG_9937.jpg
ディーラさん到着、今までありがとうございました!
フジミ1/24積んでるから自機再現しなきゃσ(・∀・)σ。

Last flight with her, on the way to my home.
IMG_9945.jpg
売ってから家に帰るアシがないのでディーラさんの運転で送車。
自分の車で助手席からの車窓って新鮮ですね(そりゃそうだw)。
降車後のフライバイを帽振れで見送りましたが、
自分の車が走ってるのを見るのもまた新鮮(そりゃそうだw)。

It is spring, under the Sakura tree
IMG_6827.jpg
桜吹雪。自分の意志と責任で何時でも何処にでも行ける自動車は、
アメリカ人のライフル銃にも通じる「自由と独立」の精神であります。
だから若い人も(ホンダの)車買おうぜm9(`・∀・´)!
スポンサーサイト

1808クラコフ航空博物館-みっぐみぐにしてやんよ-

 皆様あけましておめでとうございます、REMCATです。
本年も宜しくお願い致しますm(_ _)m。

 さてポーランドの更新を全くしていないわけですが、
国内航空祭の話を今頃しても微妙じゃね?というわけで冷静にポーランド編続けます笑。
今回はポーランドの京都と言われる古都クラコフの中世の趣を残す美しい街並み・・・
は、どうでもよくて、反対側にある巨大航空博物館の紹介です。
充実のめくるめくMiGワールドに半日どっぷり漬かってミグ酔いしましたw。

  ∧_∧    資本主義?みっぐみぐにしてやんよ
  ( ・ω・)=つ≡つ
  (っ ≡つ=つ
   / ) ババババ
 ( /  ̄ ∪

クラコフ(健全モード)
_MG_7918.jpg
一枚だけクラコフ旧市街の写真。ポーランドの京都と言われる古くて美しい街並みです。
お連れのご家族様はこちらへどうぞ笑。(とはいえ一見の価値ありです!)

Spitfire LF Mk.XVIE
KO8A6041.jpg
XVIEってマーク何番だよ。WW2ではポーランド人パイロットは多くが祖国を脱出、
イギリス軍に加わりバトルオブブリテンを初めとして抜群の戦果を挙げました。
これは308飛行隊。主翼が短い高空型ですかな?

Fokker Dr.Ⅰ
KO8A5790.jpg
レシプロ・ジェット多数取り揃えています。
案内のおじさんがプロペラを回すとエンジンも一緒に回って感激しました。
なおポーランド語で飛行機はsamolot(サモロット)です。ここテストに出ます(出ない)。

Sea Vixen
KO8A6024.jpg
戦後すぐのジェット化でイギリス海軍が御乱心気味だった時の機体。
こんなのどうやって調達したんだか(・∀・;;)。
F-104、105、ハリアーなどもあり、充実の品揃えってレベルじゃねぇぞw。いいぞもっとやれwww。

Mirage Ⅲ
KO8A5879.jpg
軍の古い飛行場をそのまま博物館にした様で、野原にポイポイと機体が並びます。
滑走路は生きている様なので、そこから搬入/輸送していると思われ。
ミラージュV(・∀・)キタワァ・・・。これは多分元ベルギー空軍の機体。

Viggen
KO8A5987.jpg
この機体を見てテンション微減?いえいえ、大幅増のビゲンです!
しかもレアな偵察型じゃないですか~!(800ミリレンズ外して持っていけないかなw)

MiG-15
KO8A6064.jpg
MiG-15に見えて、ライセンス生産のLim-1。
完全野ざらしなので雨風や油のウェザリングがリアルです(ていうか本物)。
実機ではちゃんと整備されるので、こんな汚れ方はしないと思いますが(^_^;)。

MiG Alley
KO8A6100.jpg
プチブル・独占資本・走資派・反動?みっぐみぐにしてやんよw。
奥からMiG-15、MiG-17、MiG-19とそのポーランドライセンス版がズラッと並びます。
控えめに言ってさーいこーうでーーーーす(゚∀゚)!!

Lim-6
KO8A6137.jpg
さてMiG-17かと思いきや、ライセンスの上に独自改修を加えたものの
不具合でLim-5規格に戻された(ややこしい)Lim-6!
正直あんまり違いはないと思いますけど。

MiG-17
KO8A6154.jpg
Lim-6MかMiG-17だと思うのですが、カンペが吹っ飛んでたので分かりません。
さっきから同じ様な機体ばっかり?そのクレームはミグ設計局にお願いします(笑)。

MiG-19
KO8A6166.jpg
MiG-19PM!MiG-15の最終進化形です。
エンジンが双発になり、尾翼が低翼の全遊動式になりました。
これ以上高速を出すにはショックコーンが必要になったという事で、
MiG-21からはコーンがつきますね。

MiG-21
KO8A6178.jpg
私ほどの飛行機マニアになると、この一枚からでもMiG-21のサブタイプが分かる。
この機首下ピトーと機銃、長いスパインはMiG-21F-13だ。(Wiki調べ)

SU-7
KO8A6283_2018122810581632f.jpg
MiG-21にすごくよく似た機体ですが一回り大型の攻撃機、SU-7BMです。
この後に可変翼を付けてSU-17、-20、-22の派生型ができました。
スホーイって基本MiGと同じ形だけど大きいよね。

MiG-23
KO8A6299.jpg
超音速可変翼戦闘機MiG-23MF。
第3世代ジェット機に属しますが、胴体前半とか側面形がなんとなくF-4に似ていますね。

SU-22M4
KO8A6309.jpg
現役でも運用中のSU-22M4。16年頃にグレイ系迷彩になりましたが、こっちの塗装もカッコいい(・∀・)!
武装満載で展示しているので仔細に観察できました。

MiG-29
KO8A6321.jpg
煽りアングルのMiG-29UB!
ドイツ統一で余剰になった機体を12機1ユーロだかで買ったとか。そのとき一口乗ればよかった。

Engine
KO8A6347.jpg
モデラーさん向けにディテール写真も何枚か。エンジンが良い色に焼けてますねぇ〜(^ω^)!
内筒の内側が真っ黒なのは分かりますが、外筒の方が青く焼けているのが気になりますな。

Lightning arrester
KO8A6746.jpg
翼縁ライトニングアレスタ。ネジ止めですが手で回せるほど緩くはなく、
多分工具をこの穴に入れて梃子で外すと思われます。今度から博物館行くときは寸鉄必携です(おいやめろ)。

Connection cable
KO8A6814.jpg
SU-22のミサイルランチャー。こんな風に開くんですね。
物理的には下部レールに引っ掛けてますが、電気的にはミサイルと真ん中のコネクタを繋ぐ様です
(ミサイルの方に雄型があった)。

TU-134
KO8A6422.jpg
下反角がユニークな旅客/輸送機Tu-134。
現役で運用しているのを見たいのですが、特AAA級の絶滅危惧種です。

AN-26
KO8A6453.jpg
アンアンアン♪とっても大好き~あんとーのふー♪。
すみませんねテキトーなコメントでw。

MiG-21
KO8A6682.jpg
真正面から。MiG-21ってときどきカッコいいよね。
あ、エデュアルドの新金型のMF型、箱変えに騙されて3機目買いました。

MiG Alley 2
KO8A6770.jpg
な、なにを言っているか分からないだろうが感じたことをありのままに言うぜ!
ポーランド空軍が使っていたMiG-21シリーズが重層かつ華麗なる回廊を形成して、
飛行機ヲタクを吸い込むブラックホールへと昇華していたんだ!
航空博物館とかそんな生易しいもんじゃねぇ、
もっと恐ろしいポーランド人の飛行機への執念の様なものを感じたぜ!

MiG Alley 3
KO8A6785.jpg
列線駐機みたいな角度で撮影できます。
おれ、生まれ変わったらこの博物館になるんだ・・・(錯乱)。

Poster
P8285008.jpg
ワルシャワでもクラコフでもグダンスクでも電車の中でもガンガン広告が出てた映画。
ワシも見たい見たい(><)ノシ!DVD出たらマッハ3でポチやσ(・∀・)σ!

というわけでクラコフの航空博物館でしたっ!
丸1日いたのでぶちゃけMiGに酔いました(笑)。
古都クラコフの美しい街並みと合わせて、ぜひオヌヌメの場所ですね。

それでは次回のポーランドはラドムエアショー本編なのだ/(^ω^)/!
See you again!

2018年マイ飛行機写真BEST10

 昨年もヒコーキに限らず多くの方にお世話になり、大変ありがとうございましたm(_ _)m。
毎年恒例、今年のマイ写真ベスト10を選んでみました。
私事の環境変化もあり新規開拓の少ない年でしたが、どうにか集まりました(^^ゞ。
巧拙そのものよりも、それを撮るためにどうアプローチしたかがウェイト高し。
各葉で基準はバラバラなので、1&2位以外は同率3位と思っています。
それでは2019年も宜しくお願い致しますm(_ _)m。

1位『猛龍(小松の空の勇者たち)』
1_20190104112754d42.jpg
F-15J 303SQ 百里航空祭予行
心の先生である小松基地の部隊であるため。
引き起こしのベイパーが、龍の猛りを思わせる迫力があったため。

2位(同率一位)『小松の空の勇者たち』
2_20190104112756d2f.jpg
F-15J 306SQ、小松航空祭
精神の師である小松基地の部隊であるため。
最適の健闘を怠り満足な写真を撮れなかった事を猛省して。

3位『蒼鷲』
3_201901041127560ab.jpg
F-15DJ アグレッサー、百里基地
一番好きな088号機の捻りを撮るため、3日間通って最適位置を探したことによる。

4位『国の護り』
4_20190104112758c3b.jpg
F-16C, Polish AF, Radom Airshow
ポーランド独立と空軍創設100周年を祝って。
ラドムエアショーは両日大雨だったが、悪天候に断じて屈さず濡れ鼠で撮影したこと。

5位『桜まとって』
9_20190104112805fa3.jpg
ANA B763、成田空港
2018年は珍しく桜が早く咲いた。
成田で初めて桜絡みの撮影をし、MFを活かして構図を創意工夫したこと。

6位『Farewell F-4!』
5_201901041127590ed.jpg
F-4EJ改 302SQ、百里航空祭予行
情報収集と経験からAGGのコースを推定して適切位置へと行動したこと。
予行に入れて頂いた御厚意に感謝を表して。

7位『炎の翼』
6_20190104112801ada.jpg
JAS-39C, Czech AF, Radom Airshow
大雨の中のフレアとベイパーにより、翼が炎をまとった様に見えたため。

8位『出撃』
7_20190104112802bfa.jpg
F/A-18F 米海軍、厚木航空祭
2機のF/A-18が重なる最適角度を探し、地に伏して撮影したこと。

9位『1939.9.1』
8_2019010411280485a.jpg
PZL P.11c, Polish AF, Radom Airshow
白黒でも写真を成り立たせたこと。
侵略に対し、自由と独立を諦めず戦ったポーランド国民の精神に敬意を表して。

10位『平和の海』
10_20190104112807ec8.jpg
DDH-183 いずも、横浜開港祭
大桟橋を埋める見学者とボートレースが自衛隊への信頼と負託を感じさせ、
武力手段である護衛艦が平和と調和しているため。

1811ポーランド道中記-カタールをかたーる!-

 皆様こんばんは、最近Twitterも始めて情報収集が一気に進んだREMCATです。
さて今回のポーランド行きはドーハ経由にしましたが、乗継ぎが10時間もあると。
こういう時に空港内で寝るのはイエスじゃない。
海外で知見を拡げるチャンス、エランヴィタールの精神で市内観光ツアーに吶喊です。
男は度胸、なんでもやってみるものさ(ウホッ、良いイスラム都市・・・)。
というわけでドーハ観光編、れっつにゃー!

ドーハの街
KO8A5173.jpg
カタールはペルシア湾沿岸、バーレーンの南東にある小さな国です。
潤沢なオイルマネーで最近はバブリー、ドバイと並んで目覚ましい物質的発展を続けています。
ドーハは入り江みたいな立地なのか、こんな風に都市が水上に浮かびます。
お金も立地もリッチです(←これが言いたいだけw)。

水上建築
KO8A5176.jpg
モスクだったか図書館だったか。
イスラム世界は普段われわれ日本人が意識せず属している欧米文化圏とは
全く異なる、しかも往々にして対置・対立関係にある文明圏です。
それ故に実に興味深いので、前から行きたいと思っていました。

水上都市
KO8A5183.jpg
KO8A5195.jpg
まずは水上の楼閣群をワンの反対側から。猛暑に揺らぐ空気の中の高層ビルは、まるで陽炎の様でした。

ジャンクと高層建築
KO8A5237.jpg
なびくカタール国旗。ギザギザの数が首長の数を表していたんだったか。
世界中のどの国の国旗もその国の歴史・文化・民族・理念を表していて興味深いですね。
そしてとても尊く素晴らしいです。

おもしろ建築
KO8A5149.jpg
KO8A5159.jpg
KO8A5268.jpg
KO8A5276.jpg
KO8A5279.jpg
KO8A5401.jpg
ぺぺ~っと手抜きですみませんm(_ _)m、F-4EJ作りたいんです(コイツは何を言っている)。
バブルの国って面白い形のビルたくさん作って面白いよね(^^)。
半月型とかモスクっぽいビルはイスラム文化と西欧建築の融合。
900年前のイスラムから西洋への文明伝播の振れ戻し感ある(小並感)。

王宮
KO8A5308.jpg
宮廷。カタールは首長制で、首長はアミール(総督)といいます。
残念ながらアポ取ってなかったので会えませんでした(なにか盛大に勘違い)。
世田話はさておきイスラム圏、温度差はあれ政教分離されていないのが一般的ですが、
カタールはかなり世俗派だそうです(世俗派の最右翼がトルコ)。

王様の顔
KO8A5259.jpg
これがそのアミール、タミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー氏。街中のビルに顔が描いてありました。
いえ決してフォトショップかけすぎやろ~σ(・∀・)σ なんて思ってませんよボクはwww?

ブルーモスク
KO8A5334.jpg
ブルーモスク。青色の外壁のモスクをブルーモスクというそうで、中東地域に複数あります。他の有名な宗教と異なり、中に礼拝の対象がないのが特徴です。
KO8A5320.jpg

モスクの細密壁画
IMG_7870_20181124201602136.jpg
IMG_7871.jpg

モスク内部
KO8A5346.jpg
撮影可能ですが、信徒の方もいるので最敬礼で大人しくします。
ついでに女性は頭に布をかぶる必要ありです。

館内の細密画
KO8A5341.jpg
イスラミックアートな壁画。偶像崇拝の禁止から人物画があまり描かれず、
代わりに細密な幾何学模様が発達しました。成立過程も見た目も面白い。

カリグラフィー美術
KO8A5356.jpg
模様に見えますが、多分文字です。アラビア文字は上下左右のバランスに決まりがなく、
模様の美術としての書道が成立しました(カリグラフィー美術)。

バナナアイランド
KO8A5434.jpg
KO8A5413.jpg
人工島バナナアイランド。カタールは土地を外国人が原則買えず、
埋立地のここが唯一外人でも買える土地です。
気になるお値段は1平方フィート60万円、REMCATの貯金じゃ布団しく場所も買えねぇ(・Д・♯)!

スーク
KO8A5485.jpg
KO8A5471.jpg
KO8A5479.jpg
前近代と最先端の近代が混然一体となっているのが中東オイルマネー国の魅力ですね。
ついでにアラビア語では市場はスーク、バザールはペルシア語です

KO8A5478.jpg
スークのなかの一コマ。このアラブの男性が着ている石油王のファッション、
とてもエキゾチックでカッコよかったのでスークで買ってみました(^^)。
帰国して嫁に見せたら「すごく良くないね」を10くらい貰ったのでやめました。何故だ。

空港へ
KO8A5527.jpg

というわけで、2.5時間でしたが全く異なる文明圏を見られ、とても濃密なツアーでした!
歴史好きのREMCATの中でもイスラム史は中国史と並んで好きなジャンル、
ぜひ一度、飛行機撮影抜きで旅してみたいですね。

それでは次回、クラコフでミックミクにされるのだ(*´∀`*)ノシ!

1808ポーランド道中記-ワルシャワの東 東京の西-

 お待たせしました皆様こんにちは、REMCATでございます。
最近隙間が空きそうなときは模型ネタで広告を阻止してましたが、
ちょっと休日も平日も忙しかったもので(^^ゞ。
というわけで今日からポーランドの 提灯記事 観光案内だっ!!
しかしまずは道中記から書くのがこの世のスジというもの、
というわけでドーハ経由のフライトなどをれっつにゃー/(^^)/!

石油コンビナート
KO8A5022.jpg
HND-DOHのアプローチから見た、教科書に描いたような石油コンビナート。
エースコンバットでよく出てくるヤツやσ(・∀・)σ。
あ、エスコンⅦポチりました。プレステ4持ってないけどね!(ちょwおまww)

アラビアの夜明け。
KO8A5048_20181025224246e4b.jpg
夜明け直後に到着。どはー!ドーハ暑い!40度超えてました。
岐阜や熊谷の全力本気がドーハの平常モードです。

QATAR Airways A359
KO8A5076.jpg
After taking off from the plane, the first entertainment is airport bus tour.
I stay near the window and took pictures.
This is the plane on which I took from HND.

QATAR Airways B773ER
KO8A5080.jpg
QATAR Airways has a similar strategy with Emirates, Hub & Spoke.
For the strategy, Emirates collects only B777ER and A380.
QATAR also has the latest and big planes, but also keeps A320.
/KO8A5082s.jpg" alt="KO8A5082.jpg" border="0" width="500" height="281" />

QATAR Airways A359
KO8A5100.jpg
Beautiful wing shape! The designer must be a genius.
JAL had ordered A350 and it will soon comes to JAPAN, I'm looking forward to see!

DOHA Airport
KO8A5137.jpg
4000m級滑走路2本と広大なターミナルを持つカタールの拠点空港。
新興国が90年代以降に建てた空港って、それまでの先進国の空港と違って
機能性と機能美が一気に上がってますね。

クマー
KO8A5108.jpg
ドーハ空港のシンボル(?)のくまたん。
ちょうどターミナルの中心部にあるので待ち合わせ場所に最適です。
なんとなく取り調べを受けている様に見えなくもない裸電球ですがw

お祈り室(男性用)
KO8A5113.jpg
イスラム圏の公共施設といえばPrayer room。Playじゃないよ。
『哀・戦士』の歌詞は「I pray, pray the winner's new day」で祈る方な。
男性用女性用があるのは不特定多数の男女が混じらない様にするためか。

BAZAAR in the Airport
KO8A9528.jpg
In DOH, my wallet become lighter and my packet is heavier.
It's also a strategy of QATARairways and DOH, hahaha!!
I got QATAR Airways A359 1/200 desktop model for the memory of this travel.

リア充ハケーン
P8234912.jpg
ところでおい、そこのリア充。 そう、石油王の格好でいつもコミケにいるお前だ。
嫁を4人も連れて少なくとも3人のワープアヲタクから結婚の機会を奪った罪はもはや許しがたい。
人民の人民による人民のための人民裁判(一審制控訴不可・弁護人無し)で
シベリア送りにしてくれるm9(`・∀・´)。

That's airport enthusiasts style!
KO8A5540.jpg
DOH-WAWって曜日によって便数変わるんだよね。
今回はその都合で待ち時間が10時間あったので空港内でダラダラマターリ。
市内観光も行ったのですが、それはまた次回。
到着即カタール航空のキャップを買って、このあと3回のフライトで被ってました(^^)。

QATAR fleet
KO8A5115.jpg
フードコート内でバーキン貪りながら撮影。
クマさんの写真はみんな撮ってるし、飛行機も撮影禁止のシールは無いので
大っぴらにやらなければ多分何も言われません(注意はした方がいいですが)。

QATAR Airways A380
KO8A5126.jpg
Yes! this is the main target in the transit time.
I might had took in LHR 5 years ago,but QATAR in DOH must be more precious!

QATAR Airways A350-900 "One World"
KO8A5571.jpg
タキシング中のドサクサまぎれにカタールのA350ワンワールド撮ったった!
B773ERのワンワールドも横を通ったのですが、
ちょうど添乗員さんが来たので撮れませんでしたOTL。

人工島
KO8A5593.jpg
離陸してすぐに下に見えた人工島。面白い形。
この辺地震はないし海の嵐も少ないから幾らでもデザイン重視で作れますね。

人工島
KO8A5604.jpg
円を作ってその内側に波止場を作るスタイル。
オイルマネーのバブルと言えばそれまでですが、このパワーというか勢いは凄い。
経済成長のみが大事ではないですが、経済成長がないと国民の生活も劣化していきます。
「経済成長しないのが常態(だから経済成長しなくていいんだよ)」などと言い出すとオワコンです。

風雲スターリン城ポップアート風味
P8295109.jpg
というわけで来たぜワルシャワ!これで3回目の風雲スターリン城。
去年は劇画調モードで撮ったところ「子供がなく」「スターリンが出そう」などのコメントを頂いたので、
今年はポップアートモードでちょっとメルヘンチックで優しいおじさんが良そうな雰囲気にしてみました。

ERJ ポーランド空軍
KO8A9370.jpg
飛行機に乗る待ち時間にレア機に遭遇する確率高し。
ショパン空港がベースの要人輸送部隊、最近は西側の機体に更新しています。

B787 "ポーランド100周年"
KO8A9436.jpg
LOTポーランド航空 B787特別塗装キター(・∀・)!
FBで拝見してたのでぜひ撮りたかったのですが、主翼が切れたので成田でリベンジやな!

B738MAX "ポーランド100周年"
KO8A9443.jpg
LOTポーランド航空 B737特別塗装キター(・∀・)!こっちは成田じゃお目にかかれねぇ!
いつの間にB737MAX仕入れてたの?!

LOT DHC-8-400 
KO8A9483.jpg
ちょくちょく特別塗装が変わるLOTのDHC(正確には子会社のEurofly)。
これもタキシング中に撮影。最近は長距離でも必ず窓際席です。
トイレ行くなんてせいぜい2回くらいだし、それなら外が見える方が楽しい(^^)。

ボハラ上空
KO8A9556.jpg
DOH-NRT。中東便はシルクロードのオアシスの道上空を飛ぶので、
歴史で読んだ街が出てきて寝る暇がありません(笑)。
ここはブハラ上空、古代からのオアシス都市国家ですが、
本当にさっきまで沙漠だった中に唐突にオアシスが現れました。

金床雲
KO8A9608.jpg
日本海上空。大きな金床雲が出来ていました。朱に染まる雲の中を縫ってR/W16Lに到着。

夕刻の茜雲
P8305136.jpg
千葉上空は夕焼けでした。
これだけコンデジ。一眼の電池切れてもーた。

Okay, that's photos on the way to Poland and back to Japan!
Next time, I'll share you mysterious Islamic world, wait a bit!!
プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。