2016年マイ飛行機写真ベスト10

 本年も飛行機に限らず多くの方にお世話になり、大変ありがとうございました。

 毎年恒例、今年のマイヒコーキ写真ベスト10を選んでみました。
巧拙そのものよりも、それを撮るためにどうアプローチしたかがウェイト高し。
各葉で基準はバラバラなので、同点1位以外は実質同点3位と思っています。
 
2017年もREMCATを宜しくお願い致しますm(_ _)m。
それでは良いお年を(^^)/。

1位「小松の空の勇者達(F-15J JASDF 306SQ 小松航空祭)」
1.jpg
心の先生である小松基地のF-15であること。台風と大雨だったが、
飛行機撮影教則第2条「天気予報と一切交渉しない、悪天候に断じて屈さない」を全うし、
最適の健闘をしたこと。

2位「小松の空の勇者達(F-15J JASDF 303SQ 小松航空祭)」
2.jpg
理由は1位に同じ、画質の差で2位。小松では重度の悪天候になれば基地内の方が良いと反省。

3位「White Skirt(F/A-18C U.S.NAVY Oceana Airshow)」
3.jpg
Special thanks to my friends in Oceana.
アメリカ海軍航空隊の本場オシアナで、主力機ホーネットの背面を綺麗に撮れたこと。
特にベイパーコーンが綺麗に出たこと。

4位「Stealth Fighter(F-22A USAF Nellis Airshow)」
4.jpg
2016年の課題としていたステルス戦闘機の撮影を、見事な練度と最適の条件で達成した事による。

5位「F-4 TAC Departure(F-4EJ Kai 302SQ JASDF 百里航空祭予行)」
5.jpg
:世界的にも珍しいF-4の機動飛行で、防衛省HPみたいな(?)写真が撮れたこと。
百里の大先輩に前日入場その他多数のご厚意を頂戴したことに感謝して。

6位「Let's enjoy!(F/A-18E U.S.NAVY VFA-115 パイロット 厚木航空祭)」
6.jpg
厚木航空祭にて旺盛なチャレンジ精神を持って吶喊を行なった結果、
被写体・撮影者とも楽しんで写真を撮れた事による。

7位「Golden Phantom(RF-4E JASDF 501SQ 百里航空祭予行)」
7.jpg
百里の大先輩の撮った金色に光るF-15の写真を見て、自分も撮りたいと思っていたため。

8位「This is American style! (T-33 Nellis Airshow)」
8.jpg
2016年の目標であったアメリカ遠征の中で、
もっともアメリカらしいノリと勢い、気合と迫力のある写真であるため。

9位「春風( B747-400F NCA 成田桜の山)」
9.jpg
花壇の花を旅客機と絡めるため、匍匐前進や腹筋体勢で構図を創意工夫したことによる。

10位「Combat, now!(AH-64、JGSDF 第一空挺団降下訓練始め)」
10.jpg
戦闘ヘリAH-64が敵機を狙う豪快な旋回を、適正な構図で撮れた事による。
スポンサーサイト

Today is ・・・

 自己申告する事でもありませんが、今日は私、REMCATの誕生日。
お祝いのメッセージを頂いた皆様、大変ありがとうございますm(_ _)m。

 毎年の様に、生きる規範を誕生日に考えてみた。
5年前の3/11、松島で撮影予定だったが、金曜は飛ばない事が多いと考えて月曜にした。
このとき何も考えなければ、私は今これを書いていなかっただろう。
 
 人間の一生は良くも悪くも天命に影響され、悪い天命を避け続けることは不可能だ。
ではどう生きればよいのか。
それは、良否いずれか分からぬ天命など待たず、
結果が成否いずれであっても満足できるところまで、人事を為すことだと思う。
成の確率を最大化すべく、自分の出来ることを最大限行えば、
天命が関わる否の確率は自然と最小化される。
 
ゆえに今年もまた、次の一年間、その最適の健闘を続けることを、
この場にて御家と先生にお誓い申し上げます。

306SQ Airshow in Komatsu 2015
KO8A9300.jpg

303SQ Airshow in Komatsu 2015
KO8A9033.jpg

2015年ヒコーキ写真BEST10

こんにちは、REMCATです。
2015年は飛行機に限らず沢山の方のお世話になり、ありがとうございましたm(_ _)m。
2016年も最適の健闘をする所存ですので、なにとぞ宜しくお願い致します(`・ω・´)ゞ。

さて2015年に撮ったヒコーキ写真から拙作ベスト10を選んでみました。
昨年に同じく、写真の巧拙よりもそれを撮るためにどうアプローチしたかがウェイト高し。
各葉で基準はバラバラなので、同点1位以外は実質同点3位と思っています。
それでは2015年最後のREMCAT in the SKY!、始まり始まり・・・。

1位:F-15J, JASDF 303SQ, 小松航空祭
2015123103112204d.jpeg
特別塗装機の背面ベイパーを撮っており、飛行機写真として格好良い事。
心の先生である小松基地303飛行隊の戦闘機である事。

同率1位:F-15J, JASDF 306SQ, 小松航空祭
20151231031108617.jpeg
1位に同じ。なお、上位2枚は差がないため、部隊順のみ昨年と交代している。

3位:SU-30MKM, RMAF, LIMA
20151231031123b14.jpeg
フランカーを見たい一心で海外遠征した事。
綺麗な背面写真を撮るために、事前に十分に調査し、現場では臨機応変な突貫を行った事。

4位:F-15DJ, JASDF 飛行教導群, 新田原航空祭
201512310311213ec.jpeg
自分エアショー史上最悪の悪天候になったものの、天気などに断じて屈さず、
その時その場で出来る最適の健闘をして撮影した背面ベイパーショットである事。

5位:B777-200ER, British Airways "Great"livery, 羽田空港
20151231031647d40.jpeg
飛来情報を得た時は12日連続長時間勤務の中日で疲労困憊していた。
しかしそれを理由に行かないのは、仕事のために生きる事を意味するため、
克己して早朝出頭前出撃で撮影した。
己が仕事の忙殺でハイになるためではなく、好きな物のために命を使うと、
自分と世界に示した事による。

6位:MiG-29, Polish Air Force, Radom Airshow
201512310314573aa.jpeg
夕陽と戦闘機のシルエットが、飛行機写真として綺麗な事。
非英語圏のエアショーに初挑戦した事。
エアショーのみでなく名所旧跡を周りポーランドの歴史を学んだ事。

7位:E-3, USAF, 横田航空祭
20151231031800508.jpeg
例年のパラシュート降下を撮る際に、
米軍基地という「場所」とお祭りの賑やかな「雰囲気」を表現したいと思い、
その場にある物を予測と想像から活用し、イメージ通りの写真を撮った事。

8位:B747-8, Lufthansa, フランクフルト上空
20151231031354e02.jpeg
離陸直後に逆光・千切れ雲群・旋回上昇に入った。
この状況で主翼に虹が出る事をこれまでの経験を活かして即座に予測・想像し、
イメージ通りに撮影に成功した事。

9位:B777-200, ANA, 羽田空港沖
20151231031522ba4.jpeg
ボートクルーズに参加して、普段撮れない環境から
日本のアイコンである富士山と旅客機の離陸を合わせた写真を撮れた事。
またこの際、多くのヒコーキファンの皆様と知り合えた事。

10位:KC-767, JASDF 404SQ, 岐阜航空祭
20151231031115da8.jpeg
FBにて「素人目にも迫力を感じるのでタダのヒコーキヲタではないとだけ言っておこう」
というコメントを貰ったので、多少なりとも自己満足の範疇を超えたと推定するため。

今年は悪天候のエアショーが多く、上位4枚が曇りとなりました。
しかしそれにより、悪天候でも諦めない事を逆説的に証明したと思います。
来年もマイ飛行機撮影教則をブラッシュアップしつつ、
2015年より1枚でも良い写真を撮る事を目指します!
2016年も各地の空港でお会いしましょう!

Today is・・・

 自己申告することでもないのですが、今日は私、REMCATの誕生日。
方々からお祝いのメッセージを送って下さった皆様、ありがとうございます。

 満足のゆく生き方とは何かと考えてみた。
一言に要約すると、自分から動くことだと思う。

私の客体である世界を見て、考え、感じたことを元に、
意思を持って世界に接し、行動するということだ。

なぜなら、意思を持って為す行動そのものが、達成感と経験値を得られる。
それは受動的にただ生きるよりも遥かに楽しい。

そして、自己の意思の伴う行動には、結果の成否を問わず納得ができる。
反省から改善を得られる限り、失敗は過程の一つにすぎない。

ゆえに今年もまた、次の一年間、その最適の健闘を続けることを、
この場にて御家と先生にお誓い申し上げます。

303SQ Airshow in Komatsu 2014
IMG_6463_20150605212837f69.jpg

306SQ Airshow in Komatsu 2014
IMG_7147_20150605212841cc6.jpg

2014年ヒコーキ写真BEST10

 あけましておめでとうございます、REMCATです。
2014年は飛行機に限らず沢山の方のお世話になり、ありがとうございましたm(_ _)m。
2015年も最適の健闘をする所存ですので、なにとぞ宜しくお願い致します(`・ω・´)ゞ。

 さて2014年に撮ったヒコーキ写真から拙作ベスト10を選んでみました。
写真の巧拙よりも、それを撮るためにどうアプローチしたかがウェイト高し。
各葉で基準はバラバラなので、同点1位以外は実質同点3位と思っています。
それでは2015年REMCAT in the SKY!、始まり始まり・・・。

IMG_7145.jpg
1位:F-15J 306SQ 小松航空祭
理由:特別塗装機の背面を撮っており、飛行機写真としてカッコ良いこと。
より良い写真を撮るために空港側で撮るチャレンジをしたこと。
そのために企画立案をちゃんと行ったこと。
心のホームベース小松基地であること。

IMG_6463_20150101111748e3c.jpg
同点1位:F-15J 306SQ 小松航空祭
理由:先述に同じ

IMG_3813.jpg
2位:A340-300 China Airlines 桃園机場
理由:特別塗装機のスポッティング写真であること。
日本に来ない特別塗装機を撮るために海外本拠地に遠征したこと。
撮影の中で現地ヒコーキファンと友人になったこと。
道中で積極的に中国語・英語を運用し、飛行機撮影以外の能力開啓に努めたこと。

IMG_9235_201501011117520ef.jpg
3位:T-4 Head quarter SQ 入間航空祭
理由:前年に後追い写真になった経験を無駄にせず立ち位置や焦点距離を考え、前年よりずっと良い写真を撮れたこと。

IMG_4072_20150101111722085.jpg
4位:F-2A 6SQ 築城航空祭
理由:理想的シャッターチャンスでフレーミング・ピントでミスした事を猛省するため。
最前列で大きく動けなかった事が原因。
最前列にも理由はあるので結果論での責任追及はしないが、
別の手段でも撮れたため企画検討の甘さを反省する。

IMG_0143.jpg
5位:F-15J 204SQ 那覇航空祭
理由:2週間前の反省(4位の写真)をフィードバックし、シャッターチャンスをちゃんと押さえたこと。また2機並行進入時に先に見えた別の1機に気を取られず、本機を発見したこと。

IMG_7959.jpg
6位:B737-800 SKYMARK 那覇空港
理由:航空風景写真として綺麗であること。
09年に撮った那覇の夕焼け写真を、再度意図して撮ったこと。
14年の旅客機撮影を通して風景写真を撮る目標を立て、
そのために撮影条件・機材設定条件を事前検討したこと。

IMG_5547_201501011117461d2.jpg
7位:B787-8 ANA 羽田空港
理由:バルブ撮影に挑戦したこと。
その際に先輩ファンの技術を素直かつ積極的に取り入れたこと。

IMG_4062_20150101111721ad2.jpg
8位:F-2A 6SQ 築城航空祭
理由:14年航空祭を通してF-2の機動飛行撮影の目標を立て、
複数箇所で撮影した中でベストショットであること。

IMG_5337.jpg
9位:B747-400D ANA 福島空港
理由:日本の旅客型ジャンボジェットが退役する話題性による。

 2015年の目標は、1枚でも14年より良い写真を撮ることです。
それでは本年も各地の空港にてお会いしましょう~!
プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR