FC2ブログ

1812 CR-Z "Typhoon" Last Flight!

 HONDA CR-Z マイ愛称“タイフーン”、先日退役しました。
8年間で飛行34000km、無事故無違反。
自力で何処にでも行ける機動力は、まさに自由と独立の象徴でした。
本当にありがとうございましたm(_ _)m!
後継機の予定はないですが、乗るなら次もホンダやな(`・∀・´)b!

My car Honda CR-Z "Typhoon" was retired last month.
It was my first automobile and I had driven her for 8 years.
I could go wherever I want, just a symbol of the independence and freedom.
Thank you for your work, Typhoon!

In the Sakura wind
KO8A1180_20190113045451cf5.jpg
桜吹雪の下で@成田空港。

Last Operation Flight
_MG_3716.jpg
最後のオペレーションフライトは成田空港。
幸か不幸か百里のアグレスは8月に終わっているので基地はしばらく行くネタがないですが、
成田の南北移動や羽田夜戦が難しくなりますね〜。

Running record
IMG_9932.jpg
飛行34,057㎞。ぶちゃけ少ない(笑)。神奈川来てから全然乗らず置物状態だったしなぁ。
百里航空祭が終わった帰路、もうあまり走らないと思って燃料をチビチビ補充したらセンサーが故障!
燃料がカラと表示が出ましたが満タンに入れたら復旧しました。
「最後まで全力で走らせろ」という機械の意志を感じました。(だからフル燃料で売却w)

Memorial board
IMG_9941.jpg
退役機のメモリアルボード的なアレ。最高速度は書くと捕まるので伏せ字で(笑)。

Dash-board fighters
_MG_3723.jpg
ダッシュボードの航空隊。エスコンみたいな編隊やな。

Engine room
IMG_0795.jpg
搭載エンジン F100-IHI-220E のディテール写真(違)。
あんま走らなくてバッテリー上がった時のや(・∀・;)。

Cargo room
_MG_3738.jpg
撮影ポイントまでのラスト100ヤード用に買った艦載機「晴嵐くん」
&余ったプラモスプレーで零戦風に塗った脚立。
地味にこいつらの収納場所が無くなって困る件。

Western point Tojinbo, Fukui
IMG_1410_20190113045357f99.jpg
一番遠くに行った時。福井県東尋坊。日本海は晴れると空海がとても綺麗な青色になります(^^)。
小松まで長距離ドライブで航空祭に行くのが恒例でしたが、今後は新幹線かにゃ~。

Snow camofrauge
2_201901130453537a2.jpg
初期の前線基地駐機場。空襲を避けるため雪でカモフラージュしてますが、スクランブルがかけられません笑。

Thanks, Good luck!
IMG_9937.jpg
ディーラさん到着、今までありがとうございました!
フジミ1/24積んでるから自機再現しなきゃσ(・∀・)σ。

Last flight with her, on the way to my home.
IMG_9945.jpg
売ってから家に帰るアシがないのでディーラさんの運転で送車。
自分の車で助手席からの車窓って新鮮ですね(そりゃそうだw)。
降車後のフライバイを帽振れで見送りましたが、
自分の車が走ってるのを見るのもまた新鮮(そりゃそうだw)。

It is spring, under the Sakura tree
IMG_6827.jpg
桜吹雪。自分の意志と責任で何時でも何処にでも行ける自動車は、
アメリカ人のライフル銃にも通じる「自由と独立」の精神であります。
だから若い人も(ホンダの)車買おうぜm9(`・∀・´)!
スポンサーサイト

2018年マイ飛行機写真BEST10

 昨年もヒコーキに限らず多くの方にお世話になり、大変ありがとうございましたm(_ _)m。
毎年恒例、今年のマイ写真ベスト10を選んでみました。
私事の環境変化もあり新規開拓の少ない年でしたが、どうにか集まりました(^^ゞ。
巧拙そのものよりも、それを撮るためにどうアプローチしたかがウェイト高し。
各葉で基準はバラバラなので、1&2位以外は同率3位と思っています。
それでは2019年も宜しくお願い致しますm(_ _)m。

1位『猛龍(小松の空の勇者たち)』
1_20190104112754d42.jpg
F-15J 303SQ 百里航空祭予行
心の先生である小松基地の部隊であるため。
引き起こしのベイパーが、龍の猛りを思わせる迫力があったため。

2位(同率一位)『小松の空の勇者たち』
2_20190104112756d2f.jpg
F-15J 306SQ、小松航空祭
精神の師である小松基地の部隊であるため。
最適の健闘を怠り満足な写真を撮れなかった事を猛省して。

3位『蒼鷲』
3_201901041127560ab.jpg
F-15DJ アグレッサー、百里基地
一番好きな088号機の捻りを撮るため、3日間通って最適位置を探したことによる。

4位『国の護り』
4_20190104112758c3b.jpg
F-16C, Polish AF, Radom Airshow
ポーランド独立と空軍創設100周年を祝って。
ラドムエアショーは両日大雨だったが、悪天候に断じて屈さず濡れ鼠で撮影したこと。

5位『桜まとって』
9_20190104112805fa3.jpg
ANA B763、成田空港
2018年は珍しく桜が早く咲いた。
成田で初めて桜絡みの撮影をし、MFを活かして構図を創意工夫したこと。

6位『Farewell F-4!』
5_201901041127590ed.jpg
F-4EJ改 302SQ、百里航空祭予行
情報収集と経験からAGGのコースを推定して適切位置へと行動したこと。
予行に入れて頂いた御厚意に感謝を表して。

7位『炎の翼』
6_20190104112801ada.jpg
JAS-39C, Czech AF, Radom Airshow
大雨の中のフレアとベイパーにより、翼が炎をまとった様に見えたため。

8位『出撃』
7_20190104112802bfa.jpg
F/A-18F 米海軍、厚木航空祭
2機のF/A-18が重なる最適角度を探し、地に伏して撮影したこと。

9位『1939.9.1』
8_2019010411280485a.jpg
PZL P.11c, Polish AF, Radom Airshow
白黒でも写真を成り立たせたこと。
侵略に対し、自由と独立を諦めず戦ったポーランド国民の精神に敬意を表して。

10位『平和の海』
10_20190104112807ec8.jpg
DDH-183 いずも、横浜開港祭
大桟橋を埋める見学者とボートレースが自衛隊への信頼と負託を感じさせ、
武力手段である護衛艦が平和と調和しているため。

Today is ・・・

 自己申告する事でもないですが、今日は私、REMCATの誕生日。
今年も沢山のお祝いメッセージを頂戴し、有難うございますm(_ _)m。

 例年により、主体的な生き方について考えてみた。
主体的とは、自己の意志とそれに伴う行動が揃った状態だと思う。

ただ他者に望み行動しないことを、主体的に生きるとは言えない。
やりたくない事を無思慮にやることも、主体的に生きているとは言えない。

自分が何をしたいのかを考え、そのために行動するには、
常に学び、心身を鍛える必要がある。

ゆえに次の一年もまた、主体的に生きるために最適の健闘をすることを、
御家と先生にお誓い申し上げます。

JASDF Komatsu AB 303SQ
AS4I1079_201806052315441ae.jpg

JASDF Komatsu AB 306SQ
AS4I0863_20180605231543c6a.jpg

2017年マイ飛行機写真BEST10

 本年も飛行機に限らず多くの方にお世話になり、大変ありがとうございましたm(_ _)m。
毎年恒例、今年のマイヒコーキ写真ベスト10を選んでみました。
国内の航空祭の大半が雨という厳しい年でしたが、どうにか集まりました(^^ゞ。
巧拙そのものよりも、それを撮るためにどうアプローチしたかがウェイト高し。
各葉で基準はバラバラなので、1位以外は同率2位と思っています。

1位『小松の空の勇者たち』(F-15J 306SQ、入間航空祭)
1_201712311518486e8.jpg
心の先生である小松基地所属のF-15であるため。また、今年中止になった航空祭の復仇を祈念して。

2位『蒼い鳥』 (SU-27 ウクライナ空軍、ラドムエアショー)
2_20171231151849a4c.jpg
当初別の国に行く予定だったが、SU-27が来ると聞いてラドムに変更した。
目的と手段を明確にして決断した結果、天候・光線・機体・姿勢とも最高の写真を撮れたため。

3位:『翼に日の丸』(零戦、某所)
3_201712311518360f5.jpg
日本の飛行機のアイコンである零戦を、良い撮影条件で撮れたこと。
また、緊急に得た情報から短時間で決断を迫られた際、普段から考える行動規範通りに動いたことで、満足のいく一日を生きられたことによる。

4位:『最新ステルス機』 (X-2、岐阜航空祭)
4_20171231151840361.jpg
朝一で会場入りし、小椅子を処理することで入場要件をクリアした。
前年に失敗した反省を生かして十分に行動作戦を練ったこと、
また現場で起きた突発的障害に対し、得失の比較衡量と交渉を冷静に実施できた事。

5位『夜霧』(ANA B767-300、羽田)
5t.jpg
大雨に下面ライトが反射して赤い夜霧になった。
雨の夜という環境を生かした撮影のために事前のイメトレと当日の即断即決を行い、
誰もいない嵐の展望デッキで最大限努力したことによる。

6位『ポーランド未だ滅びず』(MiG-29 ポーランド空軍、ラドムエアショー)
6t.jpg
Dziekuje bardzo for my friends in Poland!
2度目のラドムエアショーで行動計画を十分に組立て準備した結果、前回を大きく上回る写真が撮れた。
また、独立を決して諦めなかったポーランド国民への敬意と、多くの助力を頂いた友人への感謝の意を込めて。

7位『愛国、団結、必勝!』(幻像二千 ROCAF、新竹航空祭)
7t.jpg
多 謝謝 for my friends in Taiwan!
初めて行った台湾の航空祭は大雨だったが、地上展示で人間を含めた良い写真になった。
また、中華文明の後継者である中華民国への敬意と、多くの助力を頂いた友人への感謝の意を込めて。

8位『Лactoчka turn(燕返し)』(MiG-29 ポーランド空軍、ラドムエアショー)
8_201712311518469a1.jpg
黒煙を吐いて急旋回するMiG-29が、モノクロ気味の天気でも迫力のある写真になったため。

9位『Aerial Combat』(F-16 ポーランド空軍、ラドムエアショー)
9t.jpg
機動するF-16とそれに巻かれるフレアの煙も含めて、ダイナミックな動きが表されたため。

10位『超級黄金雀蜂』(F-18E U.S.Navy、厚木基地)
10_20171231151846a3e.jpg
冬の遅い斜光に照らされたスーパーホーネットが、名前の通り黄金色に光ったため。

2018年もREMCAT in the SKY を宜しくお願い致しますm(__)m。それでは皆様、良いお年を(^o^)/!

2016年マイ飛行機写真ベスト10

 本年も飛行機に限らず多くの方にお世話になり、大変ありがとうございました。

 毎年恒例、今年のマイヒコーキ写真ベスト10を選んでみました。
巧拙そのものよりも、それを撮るためにどうアプローチしたかがウェイト高し。
各葉で基準はバラバラなので、同点1位以外は実質同点3位と思っています。
 
2017年もREMCATを宜しくお願い致しますm(_ _)m。
それでは良いお年を(^^)/。

1位「小松の空の勇者達(F-15J JASDF 306SQ 小松航空祭)」
1.jpg
心の先生である小松基地のF-15であること。台風と大雨だったが、
飛行機撮影教則第2条「天気予報と一切交渉しない、悪天候に断じて屈さない」を全うし、
最適の健闘をしたこと。

2位「小松の空の勇者達(F-15J JASDF 303SQ 小松航空祭)」
2.jpg
理由は1位に同じ、画質の差で2位。小松では重度の悪天候になれば基地内の方が良いと反省。

3位「White Skirt(F/A-18C U.S.NAVY Oceana Airshow)」
3.jpg
Special thanks to my friends in Oceana.
アメリカ海軍航空隊の本場オシアナで、主力機ホーネットの背面を綺麗に撮れたこと。
特にベイパーコーンが綺麗に出たこと。

4位「Stealth Fighter(F-22A USAF Nellis Airshow)」
4.jpg
2016年の課題としていたステルス戦闘機の撮影を、見事な練度と最適の条件で達成した事による。

5位「F-4 TAC Departure(F-4EJ Kai 302SQ JASDF 百里航空祭予行)」
5.jpg
:世界的にも珍しいF-4の機動飛行で、防衛省HPみたいな(?)写真が撮れたこと。
百里の大先輩に前日入場その他多数のご厚意を頂戴したことに感謝して。

6位「Let's enjoy!(F/A-18E U.S.NAVY VFA-115 パイロット 厚木航空祭)」
6.jpg
厚木航空祭にて旺盛なチャレンジ精神を持って吶喊を行なった結果、
被写体・撮影者とも楽しんで写真を撮れた事による。

7位「Golden Phantom(RF-4E JASDF 501SQ 百里航空祭予行)」
7.jpg
百里の大先輩の撮った金色に光るF-15の写真を見て、自分も撮りたいと思っていたため。

8位「This is American style! (T-33 Nellis Airshow)」
8.jpg
2016年の目標であったアメリカ遠征の中で、
もっともアメリカらしいノリと勢い、気合と迫力のある写真であるため。

9位「春風( B747-400F NCA 成田桜の山)」
9.jpg
花壇の花を旅客機と絡めるため、匍匐前進や腹筋体勢で構図を創意工夫したことによる。

10位「Combat, now!(AH-64、JGSDF 第一空挺団降下訓練始め)」
10.jpg
戦闘ヘリAH-64が敵機を狙う豪快な旋回を、適正な構図で撮れた事による。
プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR