1711新竹航空祭-正統作戦-

 Today, there are 2 China in the world.
One often invades other territory and society seems to have problems.
The other has kept a harmony and nation hold high morale.

In Chinese traditional political theory, true governor should educate people by his virtue.
Peace and morale in the land were the evidence of legitimacy of the ruler.
According to this theory, I believe that the legitimate successor of great long Chinese civilization is
definitely the Republic of China, where virtue infiltrate into each people.

Okay、Operation “ Legitimate Successor ”, let’s roll!

 というわけで18年が一月経過してアグレスも絶賛展開中なのに
17年の台湾遠征を書き出すREMCATです、皆様こんばんは。
今回は小規模遠征だったので2話構成、そもそも航空祭が大雨だったしな。
それでは魅惑のイスラ=フォルモサ航空祭の始まり始まり・・・。

愛国、団結、必勝!
KO8A6970.jpg
17年のマイショットベスト10に入った1枚。
万全の整備と精強なパイロット、愛国の想いと団結の精神が国を守ります。
思えば隣国の航空祭に行ったことがなかったREMCAT、
しかし那覇から少し足を延ばせば知日な国があるじゃまいか。
その上台湾の戦闘機って3種ガラパゴス的レアキャラ(空自が言えた筋でもないが)、
さっそく中華民国の国防部宛に封書をしたためて旅行の用意です/(^ω^)/。

タバ作戦
KO8A6428.jpg
Taking off from Haneda airport and my plane fly over offshore of Kanto area.
The river below is Tama gawa, the border of Tokyo and Kanagawa pref.
My dormitory is slitely more left of this picture.

Yokohama harbar
KO8A6434.jpg
This is Yokohama city, the capital of Kanagawa pref.
You can see a white big ship which stay at harbar.
Cand can you see the smaller ship at the left below of white ship?
She is Hikawa-maru, a famous memorial museum ship.

Yokosuka military harbor
KO8A6446.jpg
関東の海岸線沿いに西進するのでよく見ていると、横須賀上空通過!
もう少し沖だったら綺麗に撮れたのですが(^^ゞ。
米海軍の艦船と長浦港、それによく見ると霧島が写ってますね。

Mt.Fuji
KO8A6472.jpg
Wow beautiful bird eye view of Mt.Fuji!
It was late November, so the top of mountain was already covered by snow.
Unless it is night flight, I always reserve a window seat even if it is long flight.
It is very fun for me to see landscape.

Taipei sky
KO8A6513.jpg
Making long vapor, my plane draw a big circle to approach Taipei Sonshan airport.
Hey hey hey, there's no need to claudy weather.
Why the weather always call rain just ON AIRSHOW DAY?!! Stupid!

台湾料理
PB244662.jpg
台北から新幹線(高鐵)で新竹に移動、
先に現地入りしていた台湾エアショー通のSさん達と合流して夕食です(^^)。
台湾ビールウマー(=゜∀゜)ノ!点心ウマー(=゜∀゜)ノ!!小姐キレー(=゜∀゜)ノ!!!

 翌日が早いのでほどほどに解散、翌朝は5時起きでいざ新竹基地へ。
外人参観名簿に自分の名前があるか否かで天国と地獄、緊張の瞬間です(・ω・;)。
あった!僕の名前があった!空軍基地係官にお礼申しつつ入場。

Airshow conference centre
KO8A6591.jpg
「国防知性の旅」。
台湾では国防のために愛国教育と同時に科学技術にも力を入れています。
建国の父孫文は「自強」のスローガンを唱えましたが、
科学技術文明の立ち遅れから欧米そして日本の侵略を招いた近代中国史の反省でしょうか。
他国の侵略を防ぐには国民に共有される愛国心はもちろんの事ですが、
具体的な武力とそれを支える科学技術、そしてそれを支える基礎・高等教育があって、
初めて国を守る意志に力が宿ります。

Sideface of AIM-9M
KO8A6710.jpg
Covered missile in the rain. Trivial but pretty nice shot.
Taiwan aircrafts are exhibited with weapons, it's rare in Japan!

飛行前折除(Remove before flight)
KO8A6809.jpg
台湾のエアショー行ったらお土産で一人5本は買うであろう台湾名物、
「飛行前折除」、発音は「フェイシンチェン パイチュー」です。
実はREMCAT、中国語ができます(観光とエアショーに困らない程度)。
今回は挨拶は中国語、あとは英語で話していました。
言語は民族を規定する根本的文化、挨拶だけでも覚えて敬意を表します(^^ゞ。

Special Liveries
KO8A7116.jpg
Beautiful special liveries make a line, if it were sunny, that's higher than top!
Actually, some paints are memorial scheme of Anti Japan war.
From my stand-point, as Japanese, such scheme is not good meaning.
However, 80 years ago, Chinese ancesters fought for their country and family.
Japanese soldiers also did for their own country.
As long as seeking peace, Japan and Taiwan can be friends, I believe.

Eagle in the dark nest
AS4I0639.jpg
In a bunker, Mirage 2000 is mainteined perfectly and wait for departure.
Silver ladder in the black tone make an accent.

F-CK-1 demonstration
AS4I0683.jpg
ウェエエエエエエエエエイ(・∀・)ノシ!
IDF F-CK-1経国キターーーーーー!!
台湾エアショー行くならミラージュも外せませんが経国もマストです!

Unique camofrage pattern
AS4I0808.jpg
Humm, F-CK-1 scheme is not symmetry, that's unique.
Ordinary, grey colour planes are painted symmetry,
so I'd like to know this scheme's concept.

Landing approach
AS4I1370.jpg
F-104が老朽化して撃ちっ放しミサイルを積めるF-16が欲しかったROCAF、
でもアメリカが売ってくれないので漢翔工業公司で国産しました。
えーーっ!F-16売ってくれないの?!じゃあ代わりに自分で戦闘機作るの手伝ってよ!
F・C・K(・∀・)ノシ!F・C・K(・∀・)ノシ!!(我ながらひでぇ例えだw)

Long vapor
AS4I1057.jpg
Heavy cloud and rain are not perfectly bad.
Dumpened weather make big vapors and distinguish after-burners.
However, discount such merit, bad weather dampen photographer's enthusiasm. Shit!!

F-16A ROCAF
AS4I1634.jpg
This is my 7th F-16 in my colection!
F-16 is light, cheap, but high-performance fighter, so many countries operates her.
Taiwan's national mark is "Blue sky and white Sun flag", derived from 1928.
That's F-16A, first model, but has Birdslicer and drugshute.
How can I build model in 1/72 scale??

80th anniversary of Anti Japanese war
AS4I2051.jpg
2017年は日中戦争開始から80周年、中国とは地味に8年も戦争していました。
終戦後すぐに共産党が全国支配をしたため現在の人民共和国と戦争をしていたかと錯覚しますが、当時中国共産党は国民党政府の傘下にあり、交戦国主体は中華民国でした。もっとも途中で近衛文麿が「以後対手しね~よノ(`皿´)ノ!」とか意味の分からん事を言いましたが。

Mirage 2000 ROCAF
AS4I2211.jpg


ROCAF Mirage 20th anniversary scheme
AS4I2292.jpg
F-CK-1の国産と並行して台湾は撃ちっ放しミサイルを積める戦闘機を物色、
しかし中共の対抗上ロシアからは輸入できない。。。
そこで「第3の選択肢」フランスから買ったのがマトラミサイルを撃てるMirage 2000、
中国語では「幻像二千(ファンシャン アーチェン)」です。漢字で書くとカッコイイ(*・ω・*)。
硬質なイメージの漢語表現って兵器とか軍事によくマッチするよね。

499th SQ operated airplanes
AS4I2429.jpg
From upper picture, silhouettes are P-47, F-86, F-100, F-104?
I'm not big at ROCAF organization, but I was astonished that
Taiwan has operated such so many aircrafts!
After going back to Japan, I got Taiwanese F-86 and F-104 model, hahaha!

Texbook shot
AS4I2499.jpg
ええ、主翼の捻りと尾翼のマーキングの良く見える、教科書的な写真ですよ。晴れてりゃな!
低空低速でフラフラヨタヨタ飛んで見せるクレイジーフライト。
デルタ翼機は低速安定性に難ありと言われますが、この動きはナカナカ。

Finale dirty roll!
AS4I2694.jpg
At the end of Mirage, and solo displays!
ROCAF demonstration is much better than Japan, very attractive!
JASDF should study from them!

Bunker
KO8A6950.jpg
これが外人が要申請になった原因のバンカー。
10年程前まで日本の航空祭みたいに誰でもフリーパスだったのですが、
バンカーの写真が中共のサイトにアップされたとかで中共人は一切出禁、
日本人でも事前申請が必要になりました。しかし可否の返事くらいくれよ。
その日本では最前線の那覇で虎の子のF-15x40機を対爆でもない格納庫に入れて
毎日呑気に空港脇のエプロンに並べてるそうです。緊張感なさすぎだろJK・・・。

Airshow formation flight
KO8A7134.jpg
Late afternoon, 4 Mirages took off and flied over the base.
It was damned heavy rain and bad visibility, but ROCAF made their best effort.
I was satisfied with their action, excellent!
I'll go to Taiwan airshow again!

Supreme leader, Chiang Kai-shek(最高領導 蒋介石)
KO8A7585.jpg
国民党首領、中華民国総統、そして台湾中華民国の建国者である蒋介石。人格的にも立派な尊敬すべき敵役で、終戦時「恨みに報いるに恩徳を以て為せ」として在中日本人を帰国させました。しかし実は、国民党軍は戦争で一度も日本軍にマトモに勝てませんでした。ここで身ぐるみ剥ごうとして下手に在中日本軍に抗戦されると国民党軍だけで抑えられるか不明、連合軍の力で制圧できても戦後の総統としての地位は大きく棄損されます。そこで穏便に帰らせたというのが右翼筋の説ですが、REMCATとしては両説とも支持します。そもそも政治的実利と理念論を一石二鳥出来るって、極めて優れた政治家ではないでしょうか。

 というわけで大雨でしたが全機種飛んでの充実した新竹エアショーでしたっ!
礼儀正しく親切で賢い国民が支える高い技術と防衛力を持った国、
これぞ孔子の説く修身済家治国平天下を地でいく、中華文明の正統な後継国家です。
中華民国には是非とも今後も中華文明を引き継いでいただきたいですね。

それでは次回、桃園・松山・西門街を一気にやるですよ(=>ω・)ノ!
(なんか変なのが混じってねぇかw)
スポンサーサイト

1708Radom Aieshow Day2-2-Polska-

 師走も中盤になろうという時に8月の航空祭を流しているREMCATです、皆様こんばんは。
幸か不幸か国内で書くことがないのでポーランド→ウィーン→新竹の順に
アグレスが来るまでには書きたいですね(悠長にもほどがある)。
というわけでラドム航空ショー2日目後半の始まりだっ!

B-1B USAF
KO8A2289.jpg
Black swan come from SIAF!
A mania near me said that it comes from Slovakian airshow as an exercise.
Actually, he went to SIAF on Saturday and came to here Radom today.
What a hell crazy mania he is!

White death swan
KO8A2302.jpg
おお、これが日本のメディアから「“死の白鳥”と言われている」と報道されたB-1ですか!
どう見ても真っ黒だし、そもそもそんな愛称は米軍もつけた事がないけれど、
頼まれもしないのに国民の代表を自称して公明正大な報道を行う
日本のマスメディアが言うのだからそうなんでしょう!そうなんだろ、んんw?
いえいえ、決してエリア88を読んで実際に呼ばれていると信じ込んで報道した結果
引っ込みがつかなくなって、文字通り黒を白と言い張っているだなんて思っていませんよボクはwww?!

Su-27 Ukrine airforce taking off
AS4I2870.jpg
Absolutely the main cast of this arirshow, SU-27 blue camoufrage!
This team sold patches and goods in airshow stage, and they were very expensive.
This demonstration tour must be a precious chance to get foreign currency, hahaha!

Turn back
AS4I2893.jpg
フランカーの画像を貼りたい見せたい自慢したい成分が100%を超えてらめぇ溢れ出りゅぅうううっ!
そんな今回の記事ですが、イイじゃないカッコイイんだから!

Raiding blue shark
AS4I2896.jpg
SU-27's pet name is "Журавлик", it means crane.
But this photo make me imagine a big shark attacking from the deep blue sky!
From wherever seeing, SU-27 is definitely the most beautiful and sexy fighter, don't you think so?

Blue shark
AS4I2928.jpg
平面形は鶴っぽいですが横から見ると鮫っぽい。
いずれにせよ圧倒的な美しさに凡百の戦闘機は平伏すばかりであります。
しかし複座の方がより一層かっこよくなる。
さらにカナード装備で戦闘機のカッコよさという概念の天井を見ますね。

Golden reflection
AS4I2953.jpg
My spotting point is the just opposite side of airshow centre,
and fighter plays 360°turn around me!
Here must be the best position for Radom airshow.

Afternoon airshow
AS4I3038.jpg
この頃まだ14時くらいだと思いますが、光は結構斜めになっています。
広い平面形にフレネル反射でギラギラ。


After burner
AS4I3050.jpg
Red afterburner. Huf, red?! If my memory is correct, that colour is blue...
Soviet army regarded fighters as a kind of expendables
so they are designed to work with high performance but short life.
Why? In the war, fighters will be destroyed by enemy anyway.

Pilot
AS4I3095.jpg
ドアップでパイロットも狙ってみる。
ロシア機のパイロットってキットについてないこと多いよね。
一々ハセガワのロシア武器セット買うのも勿体ないし(トラペで山ほど余る)、
バラで出してくれんかな。ついでにトラペはSU-30MKMはよ出して。3機買うから。

Pull up!
AS4I3157.jpg
This angle is not bad. She shows back, after burner works.
If my lense were 800mm, it might have been much better...
What? Oh no no no, I don't have such a dangerous ambition!

The best shot in the world!
AS4I3234.jpg
自信をもって2017年のベストショットと言える一枚。
8月の時点でベストが当確してるのも如何なものかと思いますが、
このあと日本の主要な航空祭がリアル全滅したので結局ベストのメダルを維持。
ていうか17年航空祭の雨狙い撃ちは異常。

Landing? Not yet, not yet finish!
AS4I3251.jpg
Touch & gooooo!!
The biggest shortage of this spotting point is that I can't see landing.
So dirty pass is nice chance for "landing" shot.

F-16C+52 Polish air force taking off
AS4I3300.jpg
第一ゲストのSU-27の後は第一ホストのF-16!
実はF-16とSU-27って凄く似てるんですよね。
ブレンデッドウィングにクリップドデルタ翼、
長いストレーキと胴体下に半分吊るしたインテーク~エンジン。
同じ空力設計で作られているMiG-29は当然としても、
これだけ似ているのはある意味第4世代ジェット機の外観の完成形という事でしょうか。

Flare shoot!
AS4I3309.jpg
Hasegawa released 1/48 Polish F-16 tiger meet scheme,
but all paint pattern decals were omitted.
Reference says that "Please extend this illustration for painting".
What a hell stupid. Where in the world is a beginner who can dare to try such difficult task?
I, 20 years veteran can, but it is very unkind.
This picture is a good reference.

Finale!
AS4I3321.jpg
派手に捻って離陸した後、遠くの高い所をウロウロクルクル。
どうしたのかと訝っていたら、やっぱりマシントラブルで降りてきました。
フレアは撒ける様で、可燃物を捨てる意味もあってか全部撒いてフィナーレ。
残念、フレアパターンを綺麗に撮るためにまた行きたいぞ。

MiG-29A White cloud and Black smoke
AS4I3359.jpg
Dirty smoke and white summer cloud made a nice contrast.
But why MiG-29's Krimov RD-33 exhausts such black smoke?
I think it will be a shortage of air-to-air combat...

Polska not yet vanished (ポーランド未だ滅びず)
AS4I3372.jpg
かつての普墺露による屈辱と分断の130年、独ソ侵略の軛の6年の間、
ポーランド人は決して自由と独立を諦めず、そのために命を懸けて戦う事を厭いませんでした。
近代世界史的位置づけからすれば、正直言って日本より目立ちません。
しかしその歴史的過程で培われた国民の精神がある限り、必ずポーランドは未来永劫続くと断言できます。

303 SQ heritage flight
AS4I3440.jpg
303SQ is a squadron of Poland airforce in 1939.
JASDF also has 303th SQ and that's my favorite SQ, so I feel sympathy with this memorial paint.

Iskla Polska national flag
KO8A2349.jpg
ポーランド国旗を描くIskra。ポーランドの国旗は夕日に白い鷲が飛ぶ昔話(?)から
夕日が下半分の赤、白い鷲が上半分の白。
だが斜光で白が黄ばんでるし、そもそもこの向きだと上下逆のインドネシア国旗ですやんw。
ちなみに赤と白2色だけを使った国旗は多く、
日本、ポーランド、インドネシア、シンガポール、オーストリア、カナダなど16か国あります。

Red and White
KO8A2387.jpg
Iskra is designed as a trainer and light attacker in 1957 and took her maiden flight in 1960.
She is the first jet aircraft made in Polska, very old!
Her successor PZL I-22 program was canceled in 1990's,
so she is used more than 50 years!

Orlik formation
KO8A2431.jpg
最近中小国でよく編成される、初等練習機のアクロチーム。
プゥゥゥウンンヌという蚊が飛ぶような気の抜けた音ですが(ひどい言いぐさ)、
ジェット機ではできないプロペラ機ならではの機動もできます。

Heading to me!
KO8A2412.jpg
Formation loop come down heading to me!
Airshow program pay attention to the show centre safety,
but doesn't pay for the surrounding area, why?
Anyway, such policy give me plenty of nice shot!

Back to back turn
KO8A2453_20171202222734ae3.jpg
背面合わせで360度ターン。軽快な初等練習機ならではの技ですね。
パトルイユ=アクィラの背面合わせロールも凄いがこちらもカッコいい。
え?ブルーインパルスの前後にズラしたナンチャッテカリプソ?論外。

Coak screw
KO8A2484.jpg
It seems an air combat!
By the way, Polish AF insignia is square, very unique.
It is simple mark, so it is easy to paint by myself.

The heal
KO8A2625.jpg
アフガン紛争で有名なハインドさん。
歩兵を積んで制圧攻撃→歩兵を戦線に投入→直協支援 という流れで
ぼくがかんがえたりそうてき面制圧作戦 を行いますが、
前提として制空権を取っている必要があります。

SU-22 Polish airforce
KO8A2642.jpg
If you wanna see SU-22 today, this Polish SU-22 is the best choice.
First of all, SU-22 operator is very few.
And most of such operators are reluctant to hold airshow!

Variable wing
KO8A2744.jpg
手羽先を返した前進位置の可変翼がなんかカワイイ(*´ω`*)。
主翼の外半分を可変させるスタイルだと容積は広く取れますが
代わりに可変翼のギミックに伴うコスト(整備とか重量とか)に対する効果は薄れますね。

Show end fire!
KO8A2757.jpg
Sunset but SU-22 add the last light by her after burner!
Okay, that's much better than 2 years ago!
 
 というわけで2年ぶりに来たラドムエアショー、
天候・メンツとも前回より圧倒的に良かったです(^^)!
東西の戦闘機が集まりフレアもOKのラドムエアショー、ぜひぜひお薦めです。
というわけでRIATの同じ場所から同じ様に撮るのにそろそろ飽きてきた
重態エアショーマニアは、次回のラドムへ行くのだっ/(^^)/!

1708Radom Aieshow Day2-1-Poniatowski-

Hello, everyone.
This year, more than half of Japanese airshows were suffered from typhoon and heavy rain,
and some were cancelled. What a hell stupid weather it is!
Rain in the airshow makes nobody happy, it is absolutely bad.
Anyway, let's start the 2nd day of Radom airshow.

 小松→台風で中止→翌日は晴れ
観閲予行→台風で中止→翌日は快晴
観閲本番→台風で中止→翌日は快晴
岐阜→雨→翌日は快晴
ピンポイントでこの天気はおかしいだろ、常識的に考えて・・・。
おかげで国内エアショーで書くネタが無くなってラドムに集中できます、皆様こんにちは。
え、そもそもここ2、3年、国内エアショー書いてないだろって?(;`・Д・´)ギクリ
それではラドム2日目前半の始まり始まり。

Crazy manias
P8274519.jpg
2日目は会場内に入る必要はないので最初から外周ポイントへ。
まぁ7時に着けば余裕やろ。外人ヲタ基本的にノンビリやし(^ω^)。
→ちょΣ(・Д・)、どんだけ早いねん!
聞くと5時6時から場所取りしてたそうです。ポーランドのヒコヲタぱねぇ。

Balloons
KO8A1562.jpg
Beautiful cartoon and pattern were drew on the balloon.
How did the painter draw them?

Flying Flag
KO8A1579.jpg
夕日に白い鷹の飛ぶポーランド国旗。やはり国旗国歌は良い。

Parashute formation
KO8A1590.jpg
Flying in the sky with a fan, It seems exciting!
They keep tight formation, I've never thought that para-shute is such a controlable vehicle.

Piper J3Cub Israeli air force?
KO8A1682.jpg
欧米のエアショーは基本的に午前は民間フライトクラブやらその他有象無象が飛んで、
午後に真打ち戦闘機がガンガン飛ぶパターン多し。
ついでに午前中だけ晴れで午後から曇り雨になるパターンも多し。
このイスラエル空軍機マークは何なんでしょ。初期の偵察機?

civilian acrobat team
KO8A1723.jpg
3 silver and blue aircrafts showed formation flight, pretty nice.
Combat break, TAC departure, Knife edge, those demo are cool what ever aircraft does them!

White canard parents?
KO8A1760.jpg
白いアントノフの後ろに小さな3機がくっついて飛ぶ、なんかカルガモの親子みたい。

KO8A1780.jpg
White small cute planes follow after big An-2, they seems canard family.
Huh? Just translate Japanese comment into English?
That's saving of time, hahaha!

An-2
KO8A1790.jpg
An-2だけ集めるAn-2エアショーなる誰得企画があるのは以前書きましたが、
当のAn-2も21世紀になっても近代化改修で主翼を箱型にしたタイプがあるとか無いとか。
それこそ誰が得すんだよw。それにしても単発機なのに大型ですねぇ。

TS-11 Iskra
KO8A1830.jpg
"Iskra" means "Thunder" in Polska. "Samolot" means "aircraft" in Polska.
Learning language is very interesting, I can say "Hello" and "Thank you" in 10 languages.

Yak-18
KO8A1853.jpg
ポーランド空軍も使っていたヤコブレフの練習機。北朝鮮では軽攻撃機としても使っていたそうです。
練習機を攻撃機に使うなんて、なんて貧しいんでしょ。
あぁ、でも練習機を自爆攻撃に使ってたドン詰まり軍隊もあったなぁ・・・(遠い目)。

Para-trooper dropper
KO8A1891.jpg
Small transport aircraft takes off to scatter para-troopers.
This PZL M-28 is Polish made transporter.

Iskra draws Polish frag!
KO8A1949.jpg
赤白2色で横に並んだだけのポーランド国旗は描きやすいわねぇw。
日本国旗だと赤丸をどう描けば良いのかがキモですね。

Orlik formation
KO8A2067.jpg
First pilot trainer PZL-130 has pet name "Orlik", it means Young eagle".
That's nice name because pilots who graduate this plane will drive iron eagles!

MiG-29A Marbolk
AS4I2229.jpg
かつてのドイツ騎士団の根拠地マルボルグ基地部隊のフライトデモ機。
今回は地上展示もフライトもマルボルグがメインでしたね。
RIATでよく飛んでる背中に大きなマークがあるのはワルシャワの部隊。

Black and white ribbons
AS4I2249.jpg
White vapor and black smoke make lines on the gray canvas.
In the craudy weather, vapor sometimes occurs.
However, sunny papor is much more welcome!

Ласточка Turn (燕返し)
AS4I2315.jpg
平常運転の黒煙を吐いて高機動を行うMiG-29。ラーストチカの名の通り、まさに燕返し。
そいや巌流島の決闘って武蔵は遅刻してなかったそうね。

Low altitude pass
AS4I2359.jpg
Not like JASDF, Polish fighter's camouflage differs each other.
It is interesting but I have to take concrete research to build models...

Zooom and flare!
AS4I2369.jpg
低空を駆け抜けた後、一気に引き起こして高い位置でフレア。
小さくキラキラ光るだけで、どうみてもF-16のフレアとは違うタイプ。
写真とか見ると米軍やフランカーは煙を引くタイプですが、MiGだけなんでしょうか。

M-346 demo flight
AS4I2397.jpg
Polish new trainer M346, but this plane is from its manufacture company.
Yesterday I got Zvezda's 1/72 Yak-130 model, its quality is excellent.
What's the difference between M346 and Yak-130?
If there's no difference in appearance, I wanna build it as Polish M346!

Small but powerful and dynamic!
AS4I2424.jpg
F-16の胴体をF-35風味にしつつ小型化した様な機体ですが(なるほど分からん)、
翼端ベイパーとスモークワインダーで中々の迫力。
ときにYak-130との外見上の違いはどこなんでしょ。パッと見同じに見えるのですが。

AS4I2454.jpg
Maneuverabilty is good, at least more than MiG-21.
It will also used for light attacker, as other modern advanced trainers.

Very frat back...
AS4I2475.jpg
背中がタガメというかF-16の劣化コピー的コンセプトの機体の中だと経国に近い感じ?
経国も水生昆虫っぽい平らな背中してますよね。ん?伏線?何のことよくわかんない(テヘペロ。

Baltic bees
KO8A2117.jpg
Lithuanian acrobat team.
They use old L-39 very well, maybe know the flight envelope of the trainer.
Metal blue and yellow lines are very cute and showy in the sky.

Bomb burst
KO8A2209.jpg
よく遭遇するけどあまり関心がないリトアニアのバルト海蜂。
これならチェコかスロバキアのL-39がソロデモしてくれた方が・・・。
戦闘機撮影ばっかりやってるとアクロチームに関心が無くなってきますね(^^ゞ。

Cross!
KO8A2250.jpg
This is the only cross photo in 2017. This shot is very difficult...
If fighters do just lile Thunderbirds, it is too fast.

B-25 Tokyo raider
AS4I2592.jpg
ドゥーリットル空襲で不朽の名声を歴史に留めた軽爆撃機。
不利な戦況の中で一矢報いるためにまさかの空母からの発艦、
という一般受けしやすいキャッチコピーで放送には必ず「TOKYO!TOKYO!」(笑)。
隣のポーランド人曰く、「ウチらがMe109とかハインケル見る様なもん」。分かる味ある。

White long smoke
AS4I2563.jpg
This menter must use special smoke oil.
Smoke follows very long and don't erase easily.
Interestingly, it made rings after the tail wind of T-28.

F4U Corsair
AS4I2628.jpg
機首のレッドブルはスポンサー。金に糸目をつけず飛行機を応援してくれる有難い会社ですが、
単価が高いのでREMCATはモンスター派です(ちょwおまww)。
タミヤ1/32の零戦21型・スピットファイア・P-51を積んでいる現状で
F4Uを買おうか買うまいか、大阪に帰宅するたびに迷う。

MiG-21 Lance-R Romanian Air Force
AS4I2661.jpg
Modernized MiG-21 takes off!
Have you heard Romania national anthem "Wake up Romania"?
That's nice powerful song.
On my way to Walsaw, I found a small airfield on Romania.
I think it must be an airbase of Romanian airforce...

Aviation manias
P8274527.jpg
世界中どこでも同じ風景。個人的に一番見事なのはRIATと岐阜の裏(笑)。
飛行機写真は場所取りも穏やかだしポリコレもないし
もともと英語の多い分野なんで、どこの国の人でもすぐに仲良くなれますね。

Good camouflage
AS4I2749.jpg
When MiG-21 flies, black rain cloud has been approaching to Radom.
Lance-R's camouflage works very well in such weather.

Bottom view of MiG-21
AS4I2721.jpg
表は白黒、裏は空色。なんかファレホで塗ったっぽい質感の塗装ですね(なるほど分からん)。
ファレホ沢山揃えてるけどほとんど使っていないという極めて宜しくない状態ですな。

Top view of MiG-21
AS4I2752.jpg
Typical"Delta" wing. 2nd jet generation age, delta wing was a main stream,
such as F-102, Mirage 3, and this MiG-21.
By using delta shape wing, wing can be staff and thin, and utilize internal space as fuel tank.

A kind of heritage flight...
AS4I2814.jpg
F-4とかMiG-21のフライトデモって最早ある意味ヘリテージフライトっすな。
まぁ世界第2の先進国では各地の航空祭でバリバリ飛ばしているとかいないとか聞くけど。
MiG-21とMiG-29もそうですが、岐阜でF-15・F-2とF-4がそれぞれ飛ぶのを見ると
第3世代と第4世代で機動性が完全に別次元になっているのがはっきり分かんだね。

Iskra storm coming!
P8274528.jpg
イスクラ(電光)がエンジン回してる最中に突然の嵐。
仲良くなったポーランド人の車に避難させてもらいました、ありがとうございますm(_ _)m。
いわゆるシャワー、スコールで、猛然と大雨が降りましたがすぐ止みました。

というわけで次回、2日目の後半に続くのだ/(^^)/!
Okay, nest time, SU-27 comes again! Please wait a bit!

1708Radom Airshow Day1-2-We are Polish Airforce!-

 10日連続で雨が降り続いていますね。さらに台風のオマケ付ですね。
どうせ来るなら首都圏交通の息の根を止めて、しっかり会社を休みにしてほしいのですが(笑)。
あ、別に会社を吹っ飛ばしてくれるのでも差し支えないよw?
さてそんな日曜の昼下がり、ラドムエアショー1日目後半であります。

B-52G U.S.Airforce
KO8A0347.jpg
B-52 legendary strategic bomber flies pass over Radom!
I heard that she also flies pass over SIAF in Slovakia,
so she must made this pass as a round trip exercise over central Europe.

F-16C+52 Polish airforce "Tiger" solo demonstration team
AS4I0326.jpg
15年には編隊飛行に参加しただけでソロデモ無しだったF-16。
最近ギリシャもポーランドもCFT付けたままで飛ぶデモチームを発足させましたが、
機動性はあまり変わらないイメージです。ブロック52になった時点でCFT前提になっているわけで、
外した状態って意外と余剰推力有り余ってたりする?

Flare and take off
AS4I0348.jpg
Under the actual warfare condition, once airplane get outside airbase,
it is a midst of battlefield! To evade SAM, scattering flares is tactical theory.

Flare & Roll
KO8A0395_20171021000333ffb.jpg
低空離陸から機速を付けて引き起こしてのロールにフレア。
これだと飛行場外周、滑走路エンドのSAMからは狙いづらいですね。
自衛隊も漫然のんびりと高く離陸せずに見習うべき。
実戦経験豊富な米軍がすぐ近くにいるんだから真似すればいいのに。

Bottom view for model making
AS4I0060.jpg
I became a big fun of Poland and Polish airforce, as aresult, now making Polish F-16.
Where is references? In my HDD, plenty of references, hahaha!

Flare circus
AS4I0503.jpg
垂直上昇しつつロールを打ってフレアフレアフレア!
遠心力でスモークを引いたフレアが四方八方に飛び散ります。
MiG-29のフレアは光も煙もほとんど出ないタイプですが、仕様でしょうか。
中露のフランカーデモではよく大量にばらまいていますが(見タイナァ・・・)、
おそらく赤外線短知識に加えて画像判別式ミサイルも攪乱する目的ではないかと。
あ、でもちょうどいま乗り物ニュースに出てた戦闘機撮影の師と勝手に仰がせて頂いている
S氏のコラムによると、今日びのミサイルって少々の小細工だと撃たれたら即オワタらしいわね。

Aerial combat
AS4I0511.jpg
F-16's flare draw long white clouds, so it seems that F-16 evades many missiles!
Flare of MiG-29 lights lesser than that of F-16, maybe the difference of manufacture.
I think the advantage of long tail flare is that
it is effective not only for IR-missile but also Vision identifing missile.

SU-27 Ukrine airforce
KO8A0504.jpg
ウクライナ空軍のブルーデジタル迷彩フランカーの晴天順光写真キタキタキタキタキターーーー!!!
当初1回行ったラドムよりもSIAFに行こうと思っていたのを、
コイツが来ると聞いてエミラテに3万円も払って目的地変更したのだよ!
あ、エミラテ使うとドバイ経由になるから目的地の変更がしやすくて便利っすよ。
RIATにも出ていましたがあちらは雨。もしRIATに行けてたらラドムには当然来れなかったから、
結果的にはラドムで大当たりでした。徹底した攻勢作戦、エランヴィタールの勝利であります。

Dirty low pass
KO8A0592.jpg
Everybody knows the maneuverbility and stability of SU-27, and this is an evidence.
She flies pass without a piece of upset.
By the way, leg cover inside of Russian aircraft is painted red
and wheel is paited green. Why?

Afterburner turn
AS4I0966.jpg
もうフランカーの写真を見せたいだけの特にコダワリのない駄ショットw。
いいんだいいんだ、LIMA15の曇り空から苦節2年半、やっとまたSU-27見れたんだから!
そいやMAKSって今年7月に変更されて今回で最後らしいね。二度と行けねぇじゃねぇか(゜Д゜♯)!

It must be best 3 in 2017!
KO8A0569.jpg
Many person says "Best" but they don't know what is the best.
Best shot in this trip and 2017 must be this one! My effort is now blessed!
Then, if so, why did I say this best 3? Best 1 and 2 are reserved for F-15 in Komatsu AB!

Saab J105O Austrian airforce
AS4I1221.jpg
Just after the powerful, speedy, agile, and beautiful SU-27,
low power, slow, dull and not beautiful trainer flies.
It is not fair for Austria, don't you think so?
The only advantage is that everybody seldom see such minor aircraft...

Unique airbrake
AS4I1227.jpg
SSSレアのフランカー青迷彩の直後にこの練習機。何の嫌がらせやw。
しかしエアブレーキが変わった形してますね。普通の板をシリンダ立てる方法じゃなくて
胴体からスライドして出てくる方式です。こんなの初めて見た。ネコミミっぽい(黙れ)。
シリンダの駆動スペースを取らないで良い一方、ブレーキ自体が機内で場所を取りますね。

M346 Next trainer candidate demonstration
AS4I1301.jpg
Aermacchi Master! this aircraft is same with Yak-130, two company's joint venture.
Stronger than simple jet trainer, but cheaper than original fighter,
that's trend of nowadays jet military plane. For examle, Korean T-50.

Sundden ground attack
KO8A1052.jpg
SU-22とF-16による対地攻撃。両方ワンパスして終わりました。何度かやってくれよん。
最近灰色迷彩になって急に現代機っぽくなりましたね。
ハセがF-16ポーランド空軍出してくれて、さっき近所のノースポートでGWHのMiG-29げとしたから
SU-22も48で作りたくなってきたな~(・ω<)チラチラ

Fire burns my hair!
KO8A1095.jpg
Planes pay attention to audience in airshow ground but
don't take care of people around the airport.
However, no one complain, even show welcome!
Because those who stay around the airport are all crazy enthusiasts!

Midst the fire
KO8A1104.jpg
F-16が2機アブレストでフレアを焚きながら進入してきたので奥の機体を狙う。
2機編隊で来たときどうするか、は事前に方針を決めておくと土壇場でワタワタせずに済みます。
REMCATはタダの編隊離陸や航過なら手前、
今回の様にこっちに突っ込んでくる系の広め編隊なら奥側、と決めています。
手前だとどのみち頭の上なので捻りが撮れません。

F4U Corsair
KO8A0996.jpg
Some Red-bull old aircrafts show demonstration.
F4U is very identifiable by its unique gul wing.
I'm a big fun of airplane so I drink Red-bull everyday and support it, hahaha!

PZL 130 "Orlik"
KO8A1456.jpg
ピラタス7相当のポーランド国産練習機。ひょっとしたらピラタス7のライセンスかもしれぬ。
スイスも同じコンセプトのアクロチーム持ってましたね。
SIAFにクリラオルリェが来てたらしく、それはそれで見たかった。

Extra Polish 303 SQ scheme
AS4I1411.jpg
WW2直前のポーランド空軍の飛行隊名称は航空自衛隊に似ており、
戦闘機部隊に303と306飛行隊がありました。
小松基地大ファンのREMCATとしては何だかとても親近感が湧きますだよ(*´ω`*))。

AS4I1462.jpg
Acrobat light plane with polish airforce scheme is unique, good.
I haven't imagined that Polish airforce made such modernized and West-side like performance.

MiG-29A Polish airforce
AS4I1587.jpg
昼下がりに再度MiG-29が離陸、軽くデモフライトしてからエクストラと編隊を組みます。
こんな小洒落たことをするとは、ポーランド空軍も垢抜けたものよのう。

Burner turn!
AS4I1758.jpg
Even F-16 pilot admits the mobility of MiG-29, she flies just like swallow.
I heard that when F-16 and MiG-29 start its operation,
MiG's missile was also better than that of F-16.

Late afternoon show
AS4I1642.jpg
欧州の夏は日が長いですが16時頃になると写真はそれなりに暗くなってきます。
目の方は暗順応してまだ明るい様に見えるのですが、F値点滅がどんどん出てきます。
ラドムはRW7/25、多少南東-北西に傾いているので夕方には外周が逆光気味になります。
といっても滑走路上を飛ぶ以外はまだまだ順光面も多い。

Heritage flight
AS4I1826.jpg
National guard historical flight.
If it is possible, please rebuild PZL P.11 in Krakow museum and join to this pass!
Poland and Polish force has been suffered from many invasions and long domination
from surrounding countries for long year.
However, they had never given up their independence and kept resistance.
That mind and policy is the strongest weapon for Polish national guard, salute!

Mi-24 Hind
AS4I1860.jpg
(悲報)銃撃されますた。。。
抱かれたい悪役ヘリ選手権3年連続1位ハインドさんktkr!
低空進入する経路の真下に空き地があるので大迫力です。
時にパトレイバー the Movie 2でヘルハウンド出撃シーンの
「チュンチュンチュンチュン!」ってローターが回る音、ハインドのオマージュだよね。
(分かりづらい)

Souvenirs for myself, hahaha!!
P8274513.jpg
今日び海外旅行するのに大枚換金する必要はないのですが、
エアショーに行くなら話は別です。ズロチとユーロの実弾飽和攻撃したったwww。
良いデザインのは2枚買ってお土産用(^^)。

OK everybody, did you enjoy? Go back to hotel and preparefor the next sortie!
2nd day is as much exciting as 1st day! Keep sharrrrrrpp!

1708Radom Aieshow Day1-1-Kosciuszko-

Okay everybody, Let's start Radom airshow!
I've been to this airshow 2 years ago, so it was easy to make the operation plan.
First, I went to inside and after seeing static display (and shopping!),
moved to the opposit side to take flying display.

There's too many masterpieces in my HDD, so I divide 1day into 2 articles.
When will it finish? Who knows, hahaha! Okay, let's roll!

Gate guard wing
KO8A8556_20171002000405f13.jpg
エアショー門前。今回はタクシーを予約して朝一で会場入り地上展示撮影とサインゲットと買い物をしてから
11時に会場から拾ってもらって裏側の撮影ポイントに行く作戦です。
2年前に一度来ているので作戦が立てやすいw。
しかしここで大問題発生!なんと、チケットはネット経由でしか入手できなくなっていたのだ。
現地で買えると思ってたから持ってない(´;ω;`) 初手即死ヲワタ・・・ヲワタ・・・。
開戦劈頭最大のピンチに衝撃を受けつつも、全力必死で4ビットの頭を巡らす。
幸いこっちはどう見ても平和ボケの日本人だ。一人入れたところで保安上の問題はないだろう。
よし、スタッフを捕まえて泣き落とし作戦で行こう!(ダメ人間w)

Operation map
KO8A8736.jpg
スタッフに事情を話すも先方も英語が話せない。しかしここでエアショーのネ申登場!
偶然にも日本通の若いポーランド人(プレス腕章)が私を見つけ、スタッフに交渉してくれたのでござるよ。
「ねぇねぇ。こいつチケット持ってないらしいんだけどさ。フリーチケット1枚あげてくれない?」
スタッフがOKOKとポケットから半ピラチケットを下さった。こんな幸運めったにお目にかかれんわwww。
前話で出した忍者Tシャツを着ていたので私が日本人だとすぐ分かったのがきっかけでした。
これで仲良くなり地上展示を一緒に見て、ブルーインパルスのパッチをプレゼント。
ほんま日本人の評判の良さが役立ったでぇ。せやから海外行ったら自分も日本人として立派に振舞わなあかんでぇ・・・。

F-16C+52 Polish AF
KO8A8602.jpg
We met again. I seldom see weapon display such as this, so very interesting.
I got a signature from a pilot, thanks!
I dared to ask a question to pilot. "MiG-29 and F-16, which do you think better?"
He said, "Absolutely F-16, Hahaha! MiG's mobility is as good as F-16, but avionics is poor."
Very pursuadable answer...

MiG-29UB Polish AF
KO8A8618.jpg
Double seats Fulcrum is not cool, but it is common in small fighter. For example, A-4 2 seater is awesome!
Anyway, I bought some patches from pilot's shop.
Cool and beautiful lady pilot sold me her private patch, wow that's my treasure!

Nose art
KO8A8614.jpg
This MiG-29 is belonging to Malbork AB, west Poland.
In middle ages, German knights stationed the city, but were conquared by Polish king.
This paint of knights is come from that history.
MiG-29 SQ of Polish AF is Minsk-Mazowiecki, Warszawa, and Malbork?
I want to study more and more about Poland and its AF!

Reference for model
KO8A8616.jpg
ほぉおら、主脚カバー裏側と脚庫奥の配線とパイロン先端のディテールフルな写真だよぉ?
あ~あ、こんなの見たらディテールアップしたくなって完成がますます遠ざかるなぁ笑笑。
なんの嫌がらせや⊃(´・ω・)⊇⊃)´Д`)ゴフゥすんまへん
あ、トラペのMiG-29(1/72)はこのへん完璧な逸品なので、見つけたら買っとくよろし。

SU-22 Polish AF
KO8A8634.jpg
Tiger Fitter. After my last visit, SU-22 ware changed scheme
and now they are F16-like gray colour.
Modern whity colour on old Soviet jet, that's pretty nice!

UAV
KO8A8643.jpg
ポーランド空軍にも無人機の波。
そういえばX-47って空母着艦まで実現したのに中止になったのね。モッタイナイ。

Leopard 2
KO8A8656.jpg
多分主砲の短い5型。長い6型ってスキッとしてて好き。あ、積んでます抜かりなく。
しかし飛行機に比べるとどうしても戦車ってしっくり来ないんだよな。
WW2のを4台と現用2台で在庫もストップしますた(作れよ)。

Air balloon
KO8A8716.jpg
The first and last player is balloons.
Advertisement, Airline, classic pattern, they are unique.
However, until they disappear, aircraft can't come up the stage!

SU-27UB Ukrine AF
KO8A8597.jpg
最近はやりのソシャゲ「ジェット戦闘機これくしょん」でSSSプラチナレアキャラの
SU-27UB ウクライナ空軍ブルーデジタル迷彩塗装。
2017年はRIAT・ラドム・CIAFと活発に活動、
今回コイツが来るのでSIAFからラドムに予定変更しました。
それにしてもうつくしす・・・。

Crane head
KO8A8645.jpg
So what should I say... Eagle is powerful and cool.
Su-27 is beautiful and cooooolll!!!
I bought 2 SU-27 kit for this paint scheme.

Exhaust nozzle
KO8A8593.jpg
ほぉおら、SU-27のエンジンノズルはこんな風に汚れてるんだよ。
黄色と青の濃淡に金属肌と少し質感の変わったところもあって、さぁ塗装が大変だ大変だw。
そこまで拘らずにサクッとMr.61黒鉄色塗るのが健康的です。

nose art
KO8A8722.jpg
What is written? I can't read Russian alphabet.
But this Eagle with sword and shield is very nice paintwork.

Souvenir shop kill me!
KO8A8741.jpg
整備(には見えない私服だが)のおじさんたちがウロウロしてたので
店は出さないかと思いきや、地上展示を一周して来たら開店してた(笑)。
独墺波の店より数倍高くて日本の物価に迫る、自分の価値をよく分かってらっしゃる様でw。
ユーロが使えなかったのでズロチをガンガン突っ込みましたが流石に高すぎるので、
カッコイイのを選んでげと。
あ、ブースによってはユーロでも買えたので、実弾はどっちも持っていくと良いです。

AN-26 Ukrine AF "Shark mouse"
KO8A8574.jpg
Ukrine An-26 comes to support SU-27.
I've never seen An-126 and An-225, where are they?
Anyway, she is not a maincast, but pretty nice and rare.

EF2000 German AF
KO8A8665.jpg
EF2000 being surrounded by its carrable weapons.
Such exhibition mothod is impressive but very time consuming...
This time, Eurofighter co. stuffs also came and gave away some souvenirs.
I couldn't slip such precious items from my eyes, got 3 times, hahaha!

J-105E Austrian AF
KO8A8664.jpg
ハイ、実はこのエアショーの後、ウィーン行くんだよね。隣に乗せてってくんないw?
本当に聞いてパッチ買ったらシールをオマケしてくれたぞよ(^ω^)ノ。

F-16A Dutch AF
KO8A8711.jpg
Holland's F-16A and B joined only in static display, W H Y?!
By the way, I have this "Diana" SQ kit in my stockyard. Semi nude Diana is cute!

Hawker Hurricane Polish SQ
KO8A8758.jpg
WW2で電撃戦に瞬殺されたポーランドですが、
パイロットはイギリスに亡命して戦闘を継続、少なからぬ戦果を挙げました。
思えば列強による分断と屈辱の130年並びにWW2の侵略の間、
ポーランドは自国を守る意志と努力を決して捨てませんでした。
この国民の歴史と意志こそが、ポーランド国家の最高の資産であり、国防の最大の武器です。

Polish AF SU-22s formation flight
KO8A9029.jpg
多分いま世界で一番気軽に見られるSU-22。
そいやポーランド空軍ってMiG-27も持ってたけど、どう使い分けしてたんでしょ。
地上展示を見て11時に会場を離れ、タクシーと待ち合わせて外周撮影ポイントへ。
流石に前の方は全部埋まっていましたが、離陸以外は十二分に撮れました。

Polish AF MiG-29s formation flight
KO8A9052.jpg
Air cover provider for SU-22, MiG-29!
Formation leader is MiG-29UB, and camouflage pattern differ each other.
She is the counterpart of Western 4th generation fighter F-16,
it is interesting that Poland has both planes...

Polish AF F-16s formation flight
KO8A9095.jpg
ポーランド空軍最新戦闘機。
制空戦闘機のMiG-29、攻撃機のSU-22ともに老朽化したのを
マルチロール機でコンパクトに代替する意図でしょうか。
ときにCFTタンク付けても従来と同レベルの機動性を確保してるんでしょうか。
ブロック50はGE、52はP&Wエンジンですが、P&ホイットニー(2)で覚えると良い(・∀・)。
1/72のブロック52はアカデミーだけだからタミヤさん72のバリエはよ。

MiG-29 Polish AF
KO8A0038.jpg
Hyeeehaaa, solo flight demonstration follows mass-formation flight!
Frucrum's dark gray scheme works very well in the dark cloud, shit!
Anyway, MiG-29 is as agile as F-16, F-18 and other 4th gen. fighters!
Polish AF's MiG-29 is modified to NATO standard mission equipment,
and it is a kind of idol in exercises.

MiG-29 Polish AF
KO8A0056.jpg
一同インテークに傾注!全開になっていますが、地上では全閉で肩上の補助インテークから吸気しています。
ソ連の第4世代ジェット戦闘機はこれのお陰でインテークの中まで塗らなくて楽です(・∀・)。

MiG-21 Romanian AF
AS4I9763.jpg
Yeahhhh!! Old lady comes after young girl, MiiiiG-21 Lance-R!!
Just before the collapsion of Soviet union, many Eastern Europe countries had new MiG-29.
However, MiG-29 has advanced avionics system and 2 jet engines.
Its cost is not negligible for small countries, and they gave up Frucrum.
Instead of it, they choosed MiG-21, simple and reliable plane.

MiG-21 Romanian AF
AS4I9764.jpg
NATO規格に改造されたMiG-21“Lance-R”(槍騎兵)。
デルタ翼にとがった機首先端はまさに空気を切り裂く槍の様です。
ホビードラの特売でR.V.AircraftのMiG-21をうっかり2機買っちゃったけど、
いつ完成するかな~テヘペロ(>ω・)!

MiG-21 Romanian AF
KO8A0304.jpg
War scoop shot in Vietnam? No, Poland.
MiG-21 was exported to the Western and the Third countries, production number is more than 10,000!
It must be an unbreakable record for jet fighter.

MiG-21 Romanian AF
AS4I9845.jpg
鬼トリミングしてますが、主翼から白いベイパーを沸き立たせて突進、急降下してくる槍騎兵。
3/4逆光の金属的な光の反射と相まって、なかなかの迫力でした。

2015年の時みたいに1日を1話で完結させようと思いましたが今回ははるかに濃厚コンテンツ、
そこで1日を2回に分けます。年内に終わると良いな(終わるとは言っていない)。
Okay, continue to the 2nd stage of 1st day, wait a bit please(>ω・)b!
プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR