1611 Aviation museums tour -まだだ、まだ終わらんよ!-

 皆様こんばんは、書きかけで公開設定にしていたREMCATですテラハズカシス(/∀/)。
もはや月刊誌状態となっているこのブログですが、
続ける気は満々ですので生暖かい目で見守ってやってつかぁさい。
というわけで今回はネリスの後に行ったシアトルの航空博物館巡りの話をば。

Hello, everyone. Today, I'll share you some pictures of aviation museum collections in Seattle.
As you know, there is the headquarter and main factory of Boeing Co. in Seattle
In addition, the city has some aviation museums.
I planned to go sightseeing all of them, let's roll!!

Museum of Flight
_MG_0417.jpg
シアトル市中心部とシアトル=タコマ空港の中間あたりにあるミュージアム オブ フライト。
ボーイングのレントン工場に併設されており、多分ボーイング資本が入ってます。
まぁ各務ヶ原の航空博物館みたいなもんよ。市内・空港どちらからもバスで行けます。

KC-46 in test
_MG_0420.jpg
Yeahhh!! Lucky boy, it's me!
Just when I arrive at the museum, this KC-46 "Pegasus" show me test flight.
JASDF decided to purchase this type in addition to KC-767.

G.9 Frecche Tricoroli
_MG_0433.jpg
「けっ、こんなの本物の戦闘機じゃねぇや、ただのジェット機だ。」
出オチのゲストキャラを回避したと思ったら1話後で死んだマリオが乗ってた機体。
曲技と戦技は同じでも戦争はまた別だったってことか。

L-1049 Super constellation
_MG_0452_20170212213051185.jpg
The most beautiful recipro engine airliner made by Lockeed.
Lockeed airplanes has constellation's name, Orion, Vega, and so on.
I saw flyable one in RIAT 2013.

Space shuttle
_MG_0474.jpg
かつての宇宙往還機。今はアメリカってもうスペースシャトルやってないのね。
コストがかかりすぎるとはいえ、閉鎖環境の地球で資源の取り合いするくらいなら
早いとこ宇宙に出てしまって無限の資源獲得を狙った方が良い気がします。

B-49
_MG_0489.jpg
After the WW2, USA planned to build jet heavy bomber in order to airraid Soviet Union.
This B-47 is made for that purpose, pretty similar to B-52.

B747-100
_MG_0552.jpg
みんな大好きB747の初期型。そういえば同じ塗装のさらし首が成田になかったか。
航空ファンの受売りだけど、今ってB747-8とB773ERのお値段ってほぼ同じなのね。
だったらB773ER買う方がお得な気がしますな。
おそらくB747は初期型からの共通設計部分の減価償却とか
とっくの昔に終わってるに違いない。

F-14
_MG_0568.jpg
F-14 Tomcat! Why shouldn't I start my hobby 3 years earlier?
If I started, I could've take F-14, F-1, DC-10, MD-11 and other precious airplanes!
I wish I could go back to 1990's with my latest cameras.

SR-71
_MG_0685.jpg
アメリカの大きな博物館によく飾ってあるマッハ3の黒い鳥。
背中のブースターみたいなのは何なんだろ。
ほぼ直進飛行しかできなかったそうですが、
マッハ3で格闘戦もできる飛行機をマジメに考えると、おそらくエンジンにブレイクスルーが必要だな。

MiG-21
_MG_0727.jpg
A rival of F-4 on Vietnam.
This small and symple fighter takes low cost for maintenance,
so some countries still use upgraded version.
I watched Romanian AF MiG-21 in Poland airshow, it was attractive.

F-4C
_MG_0763.jpg
空軍型だからCだろ多分。D型は複座のはずだからな(素人発言)。
日本で有名な米海軍機と言えばF-14ですが、
アメリカでは運用期間が長くてベトナムで活躍したF-4の方が人気だそうで。
博物館展示で思い出したけど、小松の航空博物館にも飾ってぇな。ええやんええやん。

F-104
_MG_0753.jpg
Belonging to NASA. This pencil-like airplane is built in 1950's.
10 years ago from 1950, Type zero fighter was built.
How do you think about this speed of technology evolution?

Airshow? I do go!
_MG_0816.jpg
エアショー?!EOS7D2に500㎜つけて行くわ(=゜ω゜=)ノシ!
多分戦間期のエアショー草創期のポスター。
「混雑を避けるためにお早目にお越しください」という記述に注目。
この時代に既にエアショーどころか自動車が大衆に一般化していたという事です。

Albatros D.V
_MG_0972.jpg
Paint on fuserage is not so sophisticated, but very showy!
In the age of WW1, fighter pilots are kinds of knights and hero in the sky.
They painted their own "horse" colourfully.

Strange figure
_MG_1052.jpg
空手で言う所の「前羽の構え」ですね。うむ、腰で半身を切っているし間違いない。
パイロットへのトロフィーみたいな中にあったんですが、何だこりゃ・・・?

P-47D
_MG_0912.jpg
Big and tuff guy Thunderbolt.
This plane was originally designed to fly high sky to escort bombers who attackGermany,
but P-47 didn't have enough range to guard bombers during full operation.
After appearing P-51, she change the job and attack the tanks and other groung targets.

Boeing field
DPP_0028.jpg
シアトル2日目はエベレットまで行って工場見学とミニ博物館巡り。
早く着きたかったのでタクシーに乗りましたが、タコマ空港から80ドルくらいかかったので
低コストの路線バスか現地ツアーもお勧めです。帰りはバスを乗り継いで節約しました。

The biggest building in the world
DPP_0029.jpg
It was Tuesday and my tour was from 09:00, there were 5 persons in my tour.
Tour guide show us B747 line, B777 line, and B787 line.
Each assembly line has 3 or 5 planes and they are all in this building.
I want to build this construction in 1/1000 scale plastic model!

B777-300ER in Testing
DPP_0030.jpg
見学センター屋上から工場を見たいと思って上がると、なんと試験機がちょうど離陸!
それも最新主力製品のB773ER、端切れラッキー凄まじいなw。
エアラインは分かりませんが、グリーンメタルの塗装がカッコイイですね。

Screaming lady
_MG_1286.jpg
Oh, what made this cute girl scream?! You will see the answer below.
After Boeing tour, I visited 2 smal museums which has many flyable plane collections.
If you see such precious heritage planes, you must also be astonished like her, hahaha!

Historic Flight Foundation
_MG_9432_20170212213306f46.jpg
ボーイングの見学センターがエベレット空港の北東側、
ちょうど反対側の南西側がこのヒストリック フライト ファウンデーションです。
数は10機そこらですが、ハンガーの中に傑作機が所狭しと並べられています。
しかも全部飛べます。アメリカのこの航空文化は素晴らしい。

P-51C
_MG_9428.jpg
This type is not the famous "D".
Canopy shape is same with Spitfire to improve 6 O'clock view.
Zebra like stripe on the wing and fuserage is called "Invasion stripw".
When Operation "Overload", United allies painted this pattern to identify friend or enemy.
Once a plane is not this zebra pattern, it means that "Enemy".

F8F Bearcat
_MG_9427.jpg
WW2のアメリカ海軍最強機。烈風とか震電量産する頃には米軍もF8F出してくるよ!
F6Fに比べて引き締まったとか言われますが、横から見る分には同じ様に見える。
ついでに主翼の折畳み方法がF4F、F6Fと続いた後ろにバッサリ曲げる方法じゃないのね。

Spitfire
_MG_9341.jpg
After WW2, many fighters were sold to small countries.
This Spitfire is one of them, belonged to Czeck AF.
In 2017, MAKS is held in July, I can't go there....
I'm now planning to go to SIAF in August or CIAF in September.

F7F Tigercat
_MG_9435.jpg
WW2太平洋戦線の後半の主役F6Fとグラマンレシプロ機の完成形F8Fに挟まれて
微妙に目立たない双発機。何気にすごく良いものを見た気がする。
双発機を艦上機として運用かぁ。複座にして雷撃・爆撃機にすれば良かったんじゃ?
でもA-1が単座でそれやってるしなぁ・・・。

DC-3
_MG_1332.jpg
Beautiful recipro airliner in 1930s.
IJAAF also used this type as Type-3 transporter.
The left fat uncle under the wing guided me and explained about aircrafts.
In addition, he took me to the next museum on his car, thanks!!

Precious flight jacket
_MG_9442.jpg
お土産コーナーの近くに掛けてあった、館内のオジサマ達が着ていたジャケット。
館内には数人のレストアエンジニアのボランティアがおり、解説付きで案内もしてくれます。
平日の雨の日だったのでじっくり解説してもらえましたが、楽しんでる感がありました。
で、このジャケは非売品。レストアのボランティアを200Hだかやると貰えるそうです。
ある意味ものすごく高価な貴重品です。

Flight Heritage Collection
_MG_9443.jpg
今度は空港南東側にあるフライト ヘリテージ コレクション。
日本だとレシプロ機のDVDでよく登場する、あの博物館です。
さっきのHFFに比べると博物館的な置き方をしており、機数も倍以上あります。
当然全部飛べます。何度も言わせないで下さいよ。控えめに言って最高だろJK。

Type-1 fighter "Hayabusa (Oscar)"
_MG_9486.jpg
IJAAF main fighter. The name "Type-1" means that IJAAF equipped the fighter
in Kouki (Imperial Japanese Era) 2601th year.
"Hayabusa" is the pet name of Type-1 fighter, it means Falcon.
Falcon of bird can dive very first, on the contrary,
this machine falcon was very agile but not big at dive attack.

P-51D
_MG_9470.jpg
Please pay attention to see its canopy.
You can find that its shape is different from the farmer P-51C.
This expanded bubble shape canopy provide pilots wide view.

Fw-190D
_MG_9524.jpg
ドイツ空軍戦闘機の雄、長鼻のドーラ。フォッケウルフって強くなるごとに鼻が長くなるね。
1/48でレシプロ戦闘機バンバン作りたいけど、まず日本機の在庫を作らないといけない。

B-25
_MG_9545.jpg
When this middle size bomber appears at the airshow,
you must listen to the announce "Doolittle".
He is the U.S.army pilot and the first person to throw bomb on Japan.

T-34
_MG_9591.jpg
プラウダ学園所属のT-34(違)。大学戦序盤のシーン泣いたよね(関係ない)。
戦車や装甲車も数両置いてありました。多分稼働します。
ソ連の戦車なんてどこから調達してきたんすかw。

P-51D in the hanger
_MG_9840.jpg
Beautifu silver body.
Fighters contribute to its nation 3 times.
First, during its manufacture, advanse the level of technology and industry.
Second, during its use, save the nation.
Third and at last, it is exhibited in the museum and tell the history to the next generation.

MiG-29, what?!!
_MG_9855.jpg
ちょw、ジェット機ww!もはや博物館の域を超えて軽く私設軍隊だろこれwww。
聞くとモルドバだかどっかの不要機を引き取ってフライアブルにしているそうです。
MiG-29を1機飛ばすのに整備やメンテ部品含めてどれだけ必要か知りませんが、
こんな企画なら年1万円は寄付するわ!このほかにF-105もありました。

 というわけで、1週間の飛行機漬け・英語漬け企画でした!
現役の飛行機とそれに至るまでの航空史を詳しく見られてとても楽しかったです。
羽田レベルの空港がザラにあり、日本のを束にしてかかっても勝てない博物館が随所にあり
民間も軍隊も常に航空の最先端、やっぱりアメリカは「空の帝国」なんですねぇ。

As a conclusion, I'd say that U.S.A is the "Empire of the sky".
The country has been breaking the front line of aviation history
from the invention of flying machine to the journey to the moon.
I was inspired by its frontier spirit!

Well, Okay, let's go back to Japan.
In Hyakuri AB, Japanese strongest SQ waits for us!
スポンサーサイト

1611ネリス道中記-ネリスの行き方-

 歳末追込みで空軍海軍生産ラインをフル操業中のブラック工廠経営者、
REMCATでございます皆様こんにちは。
16年は2月のWFが良い刺激になって空軍海軍とも10機10隻ずつ完成しましたので、
17年もガンガン生産したいところですね。
 
さてクリスマスイブに、ぼっちでネリスエアショーの序盤を書こうとしている奴がいる。
そういう輩を、どうしたらいい?!(Byデーモン小暮閣下)
とりま旅行記だけ書いて、中身は来年の予定です(ほんとかよ)。

B767-300ER Cockpit
_MG_0440.jpg
As a return of my gift for the pilots, I was invited to the cockpit!
B767 is conventional, in other words, pretty old.
But its cockpit is more modernized than I thought.

American Airlines B738w "One world"
DPP_0032.jpg
In my transit time, I found her.
B737 can't come to Japan, so this is exclusive in USA! USA!
I came to USA 2 months before, so I could save my immigration time.

Mistery circle in the desert
DPP_0033.jpg
Wowaaa! There are many mistery circles in the desert!
It must be an evidence of Alien already coming to the Earth!!
Hahaha, it's a joke. In the vast desert such as Nevada,
put one sprinkler spray is very rational way.
The shape aggregated with points
those which has same distance from one point, it is a circle.

Las Vegas McCarran int'l airport
DPP_0035.jpg
It has 4 runways, MacCarran airport.
I was impressed by the energy by which
USA people built such a mega city in the midst of the desert!
By the way, this is my first time to take B717.
I reserved rearer window seat. This seat is not suitable for photo.
Sweptwing and engine appear in my picture...
You should reserve forward seat if you can.

City's Strip
DPP_0021.jpg
Can you see the most famous hotel today, the "Trump tower"?
I asked some people how do you think about him,
and all men gave me negative answers.
"He is idiot", "He is bad", and at last "He is clazy!".

Evidence of water on the earth
DPP_0022.jpg
In the Jurrasic age, 190 million years ago, Nevada was under the sea.
2 continents were clashed and a big moud line was built.
That mound is today's Rocky mountains.

Mt, Alenia
DPP_0024.jpg
From Las Vegas to Seattle, the weather became gradually bad.
On the Washington State, ground was perfectly covered by thin clouds,
but I found a very high mountain. That's Mt.Alenia, very beautiful!

Seattle city apploach
DPP_0026.jpg
I read that wind direction on Seattle is from North to South,
but today it was from South.
My plane came from south, and once go through the airport, and turn to south.
Seattle Tacoma airport is at the south of Seattle centre-city,
so I could see this beautiful city view.
The Seattle tower is at the centre of this photo.

Alaska B738w "Flower"
DPP_0034.jpg
When I was waiting my plane going back to Japan,
I watched airplanes in Sea-Tac airport.
There are not so much big airplanes, but plenty of small size with special liveries...!

Frontier A320 "Fox"
DPP_0036.jpg
Frontier airlines is the carrer in Alaska,
Its planes has each wild animals on their tail wing.

Brand new airplane on the ground...
DPP_0019.jpg
Hummm...What is this plane? I've never seen this type.
The third engine on the tail wing is relativery smaller than other two,
and main wing is holded. This function save spotting space very economically!

Plane race on the Alaska ice mountain
DPP_0020.jpg
From Seattle to Tokyo, my plane chased the Sunlight,
and went along with the coast of North American continent.
Thus, this trip gave me a plenty of dynamic beautiful scene.
I found a gray line, and identified that it was China southern airline B773ER.

Great snow mountain
DPP_0023.jpg
Magnificent, that's what I could say at that time.
This great ice mountains is not a scene of another planet,
but on the Earth on which I live in.
I could forget trivial annoying things in my life.

Recurved rivers and isolated lakes
DPP_0025.jpg
Can you imagine how this hairline lakes born?
They were a part of the river one time,
but ware occasionally cut from main stream.
I learned this phenomenon and landscape in junior high school geography class,
but had never seen. Impressive!

Special business class seat, Heyyyhaaa!!!
DPP_0027.jpg
Yeahhhh!! I gave my photo to pilots with my message.
As a return of this, they offered me this vacant business class seat!
I can't express my appreciation by my cheap vocablaries!
Delta airline's name is delta(△), but its quality is absolutely best of bests!

 あ、うっかり全部英語でコメントしても~た。まあいいや。
というわけで1週間の飛行機漬け荒行を美事成し遂げたREMCATでしたっ!
乗るわ撮るわ博物館ありスポッティングありエアショーありの何でもござれ、
帰国してしばらくは燃え尽きたよ真っ白に・・・でした(笑)。

 って、その中身をまだ全然話していませんね(^^;)。それはこれからチビチビと。
しかし次回、エアショー記事の前に2016年のベスト10です。
エアショー―11回、空港11回出撃の中から選ばれるのは果たしてどの迷作か、お楽しみに!

1609ノーフォーク-オシアナエアショーの行き方-

 皆様こんにちは、REMCATでございます。
10月の血惨の後に怒涛の航空祭四連発を控え、ブログも更新しておきたいところ。
今回から4話に渡ってオシアナエアショーの予定です。

1話目は旅行記&エアショー案内の記事。
オシアナエアショーは日本でもかなり有名なはずなのですが、
検索しても日本語ではどうも断片的な情報しか出てきませんでした。
そこで当ブログで潮騒kwsk書けば、REMCATの株が爆上がりじゃねw?うはwうめぇwww
というわけで、今回は久しぶりに全部日本語で書きます。

The sunset on the Pacific Ocean
_MG_9715.jpg
成田発ワシントン行きのANAのB773ER。
反対側の窓側席が空いてたので、ベルトサイン消えると同時に取ったったウマー。
 オシアナ基地は西海岸サンディエゴと並ぶ米海軍の要衝、
ヴァージニア州ノーフォークという小都市にあります。
アナポリスも近いし、海自の横須賀みたいなポジ認識でおk。
ノーフォークには空港があり便数もそこそこですが、当然直行便は無し。
航空会社により乗継空港は変わりますが、
今回は往路はユナイテッドでワシントン=ダラス経由、帰路はシカゴ経由としました。

The dawn of the Pacific Ocean
_MG_9734.jpg
地球の自転と同じ方向に進むので夜がすぐに明けます。
太陽の位置が水平線を出たばかりなので、雲の下が照らされていますね。
 米国は往路の乗継では一旦荷物を受け取り、入国検査をやります。
長時間かかるので、往路の乗継は2、3時間取りましょう。
エチオピア航空が直前に着き、エチオピア人の書類が全然揃ってなくて延々待たされました。
シカゴ乗継のエアインディアとかも悪名高いそうですね(笑)。
まぁ入国・出国審査の作業の遅さと係官の少なさは万国共通ですが。

The ring of Budda
_MG_9749.jpg
シアトルの北、米加国境上空を沿って進入。
長時間の雲中飛行でしたが、二重のハロ光が出ました。
 ノーフォークはヴァージニアビーチという保養地の土地柄、かなり宿は多いです。
値段も安いものも多いので、基地との距離と相談して決めましょう。
なお、公共交通はほとんどないので、個人旅行だとタクシーかUBERかレンタカーになります。
海外でのレンタカーはあまりお勧めできないので実際には前二者でしょうか。
タクだと空港から基地で大体30$、ビーチ手前の宿から基地で20$、宿から空港で35$でした。
REMCATは全部タクシーの予定でしたが、エアショーの往復路4回のうち3回は
現地で友人になった人に乗せてもらいました(・∀・)。Thank you very much!!

Rainbow vapor!
_MG_9770.jpg
五大湖を上空から撮りたかったのですが、かなりの雲・・・(^^;)。
ミシガン湖手前で主翼にキラキラ輝く虹がしばらく出ていました。
 REMCAT、これまで海外で現地で知り合った友人に乗せてもらうことが多いですが・・・。
強盗や詐欺、誘拐の危険もあるので、実際にはあまりお勧めできません。
判断基準として、以下を確認できれば良いかと思います。
・エアショー会場で熱心に撮影している
・日本人以上のカメラ機材を持っている
・数時間話してみて、社交的な飛行機ヲタクである
・定職についている/相手も旅行者である
・万一戦闘になったら、勝てはしなくとも負けなさそうである

Lake Michigan
_MG_9784.jpg
ミシガン湖上空で雲が切れて無事撮影!海みたいな大きさに驚く。
日本の国内線で見る地形みたいに、地図そっくりの形(日本語がおかしい)が
空から一望できると思っていましたが、対岸が見えない。
 なお、海外でヒコーキヲタと仲良くなるには以下が役に立ちます。
・英語一般会話:REMCATも偉そうに言えるほどの英語力ではないですが・・・(^^ゞ。
 飛行機の話なら何となく分かるっしょw?
・日本の飛行機写真。年賀状ファイルに入れて持参すると、話のタネや職質対策になり、
 裏にアドレスを書いてプレゼントすれば名刺にもなります。
・挨拶と笑顔:特に欧米では、これによって「我に敵意無し」を示す様です。
 東アジア人は割と無表情ですが、心掛けると良いかも。

Welcome escort, C-17
_MG_9798.jpg
ダレス空港に近づいて窓の外を見ると、C-17キターーー(・∀・)!!
いや~、わざわざお出迎えに来て頂かなくても良かったのに、
温かいお気遣い、ありがとうございます(何か重大な勘違い)。
 役立つもの必須の番外、相手の国や歴史を尊重する気持ち。
その国の歴史の本を読むか、Wikiは見ていくことを強くお勧めします。
特に外国では僅か2、3世代前の国民が自由と独立を命懸けで勝ち取った例が多いので、
平均的な日本人の感覚に比べると大変強い愛国心を持っています。
まぁ、あとはその場のアドリブで適当に切り抜けてください(ちょw)。

The repbulic of Gambia B727
_MG_9834.jpg
ダレス空港到着でタキシング撮影タイム、ガンビア政府のB727頂きました~(=>∀<=)b!!
 オシアナエアショーは毎年9月中旬にやっていますが、
この時期のヴァージニアは日本の8月に負けず劣らず暑くて蒸します。
完全に夏装備で行きましょう。雨の確率も高いので、防水装備も必須。
リゾート地の格好で機材だけ防水装備を万端にするとよいかもしれません。
晴れたら晴れたで猛暑になるので、日焼け止めと水(基地内調達)も必須です。

United Express CRJ-700
_MG_9885.jpg
CRJ-700初めて乗りました。200はIBEXに乗ったことがある。
リアエンジンだからか通常のジェット機に比べてかなり静かな印象、動きも良かった。
席から地上が近いので空港の路面がよく観察できるのもポイント高し。
 乗継ぎの米国国内線はCRJ・ERJ等のリージョナル機も多いので、荷物制限に注意。
CRJ-700ならThinktankがギリギリセーフで入ります。
DHC-8やCRJ-200では入れないので、装備方法を考える必要があります。

CVN-78 Gerald=R=Ford
_MG_9899.jpg
ブレブレのgdgdですが、建造中の最新鋭空母G=フォードktkr!!
ということは、ここがニューポート・ニューズ造船所?
今回の機材はEF500・EF100-400と7D2・70D、あと広角。
Thinktankが一番良いのですがエアショーHPに大きなバッグやリュック禁止とあったため
機内はThinktankで入って別途トランクに大きめのショルダーバッグを入れておき、
エアショー会場には大きめのショルダーバッグに100-400と広角と本体x2を入れて、
500㎜は羽毛枕の入っていた袋キャンバス袋に入れて運びました。
(ちなみに枕はザラホームで買いました(・∀・)ドヤァ。)
しかし土曜に周囲を見るとヒコヲタは普通にThinktankで入っていまして、
話を聞くとカメラリュックは中を見せればOKだったとか。
そこで日曜はThinktankにそのまんま入れて持っていきましたが無事入場。
基地によってこうした対応は変わるため、
事前にHPの「Contact us」に聞くか、初日は大人し目にした方がよいでしょう。

LSD-50 Carter Hall
_MG_9920.jpg
ハーパーズ=フェリー級ドック型揚陸艦の2番艦。
こんなモン撮る方も撮る方なら名称特定する方もする方だよ(同一人物だが)。
日本ではまず撮れない艦船を空撮できてテラウレシスですたい。
 日程的には金・月・火を休めばフルにエアショーを見られます。
金曜昼の成田発で金曜午後にノーフォーク着、月曜朝に出発して成田に火曜の夕方着。
北米路線は大抵午後発の同日午後着なので、どのエアラインでもあまり変わらないでしょう。
3日間さえ休めない会社はブラック確定なので、遠慮なく労基にタレこみましょう。

United Airlines A319
_MG_6831.jpg
ここからは帰路の写真。まずはA319でシカゴまで。
恒例の写真プレゼントでいろいろ貰えたワーイ(=゜ω゜)ノ!
 エアショーは入場無料ですが有料席もあり、スタンド席で5$、最前列の指定席で15$。
当然スタンド席がオススメですが、座面の間がスカスカでいろいろ落しますので、
カメラは絶対に首にベルトをかけ、レンズ交換などは細心の注意が必要です。
リュックもできればベルトなどで固定しましょう。
混雑は日本の航空祭に比べると混雑の比が違うレベルで空いてます。
流石にブルーエンジェルズの時は満席でしたが、機動飛行などではスカスカ。

Delta MD-88
_MG_6618.jpg
写真が必要だったので(伏線)、綺麗に撮れてよかった。
もっとも必要なのはB717なので、B717もMD-88変わらないという自分ルール適用(^^ゞ。
 エアショーの物販ですが、各飛行隊がパッチに帽子にTシャツに・・・
と山ほどの物量戦術を仕掛けてきます(これが米帝の物量作戦か)。
但し普通のパッチで5$、記念パッチでも10$位と厚木に比べて超お安いので
(というか厚木はボッタくりすぎだろJK・・・)、できるだけ実弾をもっていきましょう。
戦闘機部隊だけでも10近くいますので、サイン色紙も大量に用意が必要です。

Chicago Midway International Airport
_MG_6685.jpg
上空からこれを発見して俺の中の全米が草不可避www。
LCCやリージョナルジェット用の2000m級滑走路を4本持ちますが、
こりゃ~合理的だわ。「ぼくがかんがえた一番便利な空港」だわ。
日本だと滑走路が複数あっても斜め交差することは少ないですが、
アメリカだと風向きと土地の広さの関係からか、交差滑走路もポピュラーです。
 
Chicago O'hea International airport
P9134120.jpg
アイエェエエエエ!ブラキオサウルス!ブラキオサウルス、ナンデ?!
中生代ジュラ紀の北米(相当の地域)に生息した草食恐竜ですね。
シカゴのフィールド博物館のサテライト展示だそうで、今度はそっちも行きたいな!
 入国は乗継であっても長時間かかると書きましたが、
出国は電車の乗換えみたいにシンプルです。
乗継45分で予約しましたが、飛行機の遅れもありうるので少し長めに取った方が良いです。
今回は自分の後にANA・UAの別便があるので、遅延してもそっちに乗せてもらえると踏みました。
ときに空港のキオスクで航空雑誌が一冊もなかったのは何故なんだぜ(´;∀;)
 
United Airlines B738s (Continental retro)
_MG_6780.jpg
毎回ですが、端切れラッキーネ申降臨!
ユナイテッドと合併前のコンチネンタルのレトロでシミターレウィングレットとか最強だろJK!
しかもREMCATが撮ろうと近寄ったときにスポットアウト、おかげで綺麗に撮れました(^^)v!
オシアナの撮影環境はRW05/23なので、日本で言うと小松基地に大体同じ。
エアショーの時期も近いので、光加減もほとんど同じです。
会場正面の平行滑走路を上がりますが、ほとんど手前を使ってくれます。
ゲートから車で入場してエプロン(!)に駐車、徒歩だとゲートガードが多数見られます。
入場門からは地上展示→物販&観客席→奥の地上展示となります。
奥にも戦闘機が沢山あるのでお見逃しなく!
 
Maintenance time...
_MG_6898.jpg
タイトな乗継ぎ時間をクリアして着席したものの、出発時刻を過ぎても動かない・・・。
「通信機材の故障により、ただいま倉庫に部品を取りに行っております・・・」
客室内の蓋を開けて整備していました。
しゃーないのでFAにチョコをもらって窓からタキシング機を撮影です。
 ときにノーフォーク、軍港巡りツアーもあるそうです。
今回は時間がありませんでしたが、次の機会ではぜひ行きたいですね。

Spirit A320s
_MG_6926.jpg
偶然自分の席側がタキシ―ウェイに面していたのでバンバン撮れました。
UA5割、AA3割、他いろいろ2割だったけどねw!
結局機材変更もなく1時間30分経って無事離陸できましたが、
待ち時間中に機内で一番楽しんでいたのは自分だった自信があります(笑)。
 
Unknown international airport
_MG_7039.jpg
オヘアを離陸して1時間もしないうちに通ったこの空港・・・。
かなり大きな空港なのに、アメリカの撮影ガイド本にもそれらしいのがありません。
イリノイ州近辺だとは思うのですが。
 オシアナエアショーは某Y社さんのツアーもあります。
お値段は個人の1.5倍位しますが安全安心確実便利、こちらを取るのも一案でしょう。
でも海外エアショーに行くなんて年に一回あるかないかの大イベントです(去年2回行ったけどw)。
海外旅行では計画・情報収集・行動管理力や、英語・コミュニケーション力が鍛えられます。
それに海外のヒコヲタと友人になる機会もあります。折角だから、自己鍛錬してみませんか?

Good-bye, USA!
_MG_7012.jpg
シカゴの街並みを遠くに見て。あばよUSA、また来るぜ!!(大伏線)
ちなみに主翼のすぐ後ろの席はエンジン廃棄で外が綺麗に撮れませんOTL。
 気になるエアショー全体コストですが、航空券15万、宿3万、交通・諸経費2万として、
合計20万あれば十分行けます(早期予約などをフルに使っていますが)。
それで米海軍航空隊を一網打尽にできるなら安い投資だと思います。
航空雑誌でしか見たことのないカラフルなCAG機がYOUをWaitingだZE(>ω・)b!

 というわけでオシアナエアショーの旅行記および行き方解説でした!
厚木の戦闘機も移駐しちゃうし、いっそオシアナ行こうず?!質問は随時受付中です(^^)。
来年はラドムもあるし、そっちの質問でもいいのよ(`・Д・´)?

 それでは次回、一気にエアショーにHighway to the danger zone かと思いきや、
到着日に見学した戦艦ウィスコンシンの話をば。
今回日本語だったので、次回は全部英語で書きます。
全部英語で書きます!
大事なことだから二回言いましたっ(ゝω・)!

1508ワルシャワ軍事博物館&ラドムエアショーの行き方

 MRJが初飛行に大成功、ご同慶の至りにござりまする。
これで2月の小牧航空祭では地上展示は確実、
ひょっとしたら試験飛行と称してフライパスしてくれるかもwうはww夢が広がりんぐwww
 
さて今回はワルシャワ軍事博物館と併せて、ラドムエアショーの行き方を紹介します。
今回ラドムに行くにあたって情報集めをしたのですが
ネットの日本語記事には断片的な情報しかなく、
この情報量の少なさが欧州の中規模エアショーのハードルになっているのかなと思いました。
そこでREMCATが実践したラドムへの行き方とアドバイスを書けば
日本でのラドムエアショーの情報は拙ブログ一択、カリスマ間違いなしです。
「私たちの通った道がラドム道になるんだよっ!」
っていうさおりんの言葉が聞こえるのでもうなにも怖くない
それでは前半の博物館はすべて英語、ラドム道は日本語でれっつにゃー!

Warsow War Museum
_MG_9421.jpg
20minutes from Warsow central station on my own foot.
This national museum exhibits Polish historical weapons
those which were used to defend the nation.
Polish people respects army and weapons
because they learn from the history that their safety is owed to national guard.

The soldier of motherland
_MG_9189.jpg
The statue of national guard.
I can partially imagine how important the nationa guard is,
but some Japanese can't.
A famous idiot school boy says ,
"If Chinese invades Japan, I drink with them and negotiate!"
What a hell stupid boy, go back to your school and study well...

Armors
_MG_9202.jpg
Armors in 16th century.
I looked for the exhibition of the battle of Legnica, but couldn't.
Those western armors were made by metals, so it is very hard.
On the other hand, Mongolian horse riders who invaded Poland
wears light armor, even nothing.
You might imagine in common sense
that Polish knights with invincible shield defeated Mongolian,
but the result was the Mongolian victory.
The speed was the mighty weapons of horse riders.

Flags
_MG_9229.jpg
The historical flags of national guards.
Polish kingdom seems to love red colour.

I got out and watch outside exhibition.
There were many planes and vehicles.

Yak-40
_MG_9241.jpg
Yak-40 is built by Yakovlev design buleau to replace old propeller plane.
Its characteristic is that it can be used in rough airport circumstance.
Soviet union has many small and poor condition airports in its large territory,
so the planes were required hard landing and take off.

An-26
_MG_9242.jpg
An-26 is just eastern C27J or C.295.
Antonov design bureau is very famous eastern cargo plane manufacturer.
The bureau was the specialist of cargo plane.
An-124 and An-225 are very rare guest in NRT and other Japanese airport.

PZL I-22
_MG_9245.jpg
This I-22 was not an actual used plane in Polish air force.
In 1980's PZL (Polish state aviation works) tried to make
a new trainer plane which was to replace old TS-11.
It is same class with Alpha jet, Hawk, and T-4 in Japan.
Build a new airplane by only one country is a big challenge
even if the plane is small trainer.

Mi-8
_MG_9255.jpg
A famous cargo helicopter made by Mil design bureau.
Its characteristic is fiber and usefulness.
Japanese small airline "Aero Asahi Corporation" once operated this Mi-8
and donetad to Tokorozawa airplane museum after the retirement.

YAK-9P
_MG_9274.jpg
The best Soviet fighter in WW2.
Yakovlev design bureau built fighters in WW2 age
but went out from fighter design because of the political reason,
and concentrated on designing cargo,
After the war, many stocks were presented to the Eastern policy countries.
North Korea also had it and invaded South Korea in 1951.

IL-10 & pilot
_MG_9313.jpg
Lt. Kosciusko look up the dawning sky.
After the last check by maintenance,
he will fly to the dangerous sky without hesitation.
His heart is filled by the love and royalty to his mother land!

Tu-2
_MG_9301.jpg
If you see Antonov as the specialist of cargo,
Tupolev design bureau is the specialist of bomber and passenger aircraft design.
Tu-95, Tu-114, Tu-144 are very famous in the world
and Tu-204 is modern used passenger plane.
This Tu-2 was a light-bomber build in 1941.

Who are you...?
_MG_9364.jpg
What do you imagine this strange roundel is...?
the answer is below.

MiG-21
_MG_9247.jpg
MiiiiiiiG-21!! The famous historical jet fighter grab my heart!
This old jet masterpiece flied her maiden flight in 1955,
built more than 10 thousands number (it is the biggest number in jet plane),
and operated by many countries today.
I think this "Red 0615" was belonged to Warsaw base,
because its nose art is the symbol of the city "Mermaid".

SU-22
_MG_9454.jpg
Powerful boar in the fire.
The nose is similar to Mig-21.
Until 1970, this shape is in common with most of Soviet jet fighters.
This shock-corn shape inhale the air efficientl,
but the maximum size of radar is limited by the diameter of shock-corn.
Sukhoi design bureau built Su-15 before this Su-22
and its intake design was similar to F-4. Why Sukhoi use old design to new aircraft??
I think it was the compromise between intake efficiency and FCS.

MiG-29
_MG_9511.jpg
Wow, I was astonished that such a modern fighter is also in the museum.
Poland got MiG-29 from Soviet at the first, and from East Germany at the second.
The first MiG-29 might be old and retired.
I found that each Polish AF plane wears different camofrauge pattern.

PZL-130 "Orlik"
_MG_9432.jpg
The eastern "Tucano" or "Pilatus".
"Orlik" means "Young hawk", good name for the first trainer.
This Orlik is used by the Polish AF acrobat team "Orlik",
let's see the team in the next article!

Centurion Mk5
_MG_9361.jpg
Original Centurion was build by Great Britain in late WW2,
but it didn't have chance to battle to Germany.
After the big battle achievement in Korean war,
the tank was exported to around the world and became a first-generation MBT.
The famous user is Israel, it operated the tank in the desert.

Okay, National war museum was very attractive spot.
It is not as big as the great museum in UK or USA,
but you can see many eastern aircrafts and vehicles.
If you go to Warsaw, you would better to include this museum in your sightseeing list!

 さてここからは後半、ラドムエアショーの行き方編です。
欧州のエアショーといえばRIAT・ファーンボロ・パリは有名ですが、
他にも沢山のエアショーが開催され、大体土日の2日間開催で出玉もリア充です。
前述の3エアショーはビジネスデーも含めるとエアショーだけで旅行が終わりますが、
せっかくヨーロッパまで来たのに観光しないなんてモタイナーイm9(`・Д・´)m9!
休暇一週間とすれば、2.5日移動、2日エアショー、2.5日観光のスケジュールが組めます。
1週間休めない様な会社はクビにしてしまえ

ラドム駅
P8243666.jpg
 ワルシャワから国鉄風味の電車で2時間程度。
人口20万人の小都市ですのでICCは停まりません。
なお車内放送はポーランド語の上に小さくて聞こえないので、
到着20分前くらいからいつでも降りられる様に準備しておくことを勧めます。
 また駅で待っているタクシーには英語はほぼ通じません。
若い人は少しくらいなら通じますが、オジサンドライバーになるとほぼ不可能。
ホテルの地図と、できればポーランド語の予約メールを見せた方がいいでしょう。
 そのホテルですが、ぶちゃけ供給数は少ないです。
半年以上前から押さえるか、レンタカーなら少々離れた宿でもいいでしょう。
私はいったん遠い所に取って、毎日近い所をキャンセルチェックして乗り換えました。

切符売場
P8223629.jpg
入場門手前の切符売り場。
バスがラドム駅から出ていたそうですが、ホテルから駅までどのみちタクシーなので
会場まで行ってしまった方がいいでしょう。
ラドム市内(地図で言う環状道路の内側)に泊まれば大体20分・2000円以内で着けます。
並んでも開く順番が適当なので、開いたところに並べばいいと思います。
尚、日本人のいない度合いはRIATやLIMAの比ではありません。
今回エアショー中はアジア人さえ一人も見かけませんでした。
日本のエアショーに行ったというオジサンはいたけどね(笑)。

会場内
P8223638.jpg
ヨーロピアンスタンダードな芝生です。
ラドムは12時から本格的なショーになりますが、前3列位は1時間前に埋まっていました。
前列の頭をクリアするため、地面の中で多少盛り上がったところに陣取ると良し。
ところでおい、そこのリア充。
厳粛にして神聖なるエアショー会場の芝生にて彼女とイチャラブで寝転がっている貴様だ。
REMCATのREMCATによるREMCATのための人民裁判(一審制控訴不可・弁護人無し)で
カチンの森に埋めてやる(いろいろスレスレ発言)。

初日は会場内で地上展示とグッズ漁りを楽しみましたが、
聞いていた通りのド逆光で撮影は大苦戦。エアショー終盤17時頃にようやく巡光になります。
それに少々遠いし背中もあまり見えなかったため、2日目は外周に行くことにしました。
撮影ポジションもそれに掛ける情熱もキチガイです。

Skaryszewska(スカリシェフスカ)通り
P8233647.jpg

基地周辺地図

基地南側の外周道路です。
人家の並ぶ通りの所々に空き地があり、そこで撮影できます。
エアショー会場は完全逆光なので撮影は裏側がオヌヌメ、
というか飛行展示に限れば裏側一択です。
アシが確保できるなら11時頃まで地上展示を撮ってから移動してもいいでしょう。

Block point
P8243657.jpg
廃材置き場?なんかの跡地?
よく分かりませんが、通りに西から入って基地側が三角形に出っ張る付け根あたりです。
かなり広いエリアにブロック塀や砂利山や土手があり、見事に撮影ポイントと化しています。
最前列の土手は50人くらい並べますが、10時に行くと満席でした。海外ヲタ恐るべし。
REMCATは右手の砂利山の上で撮っていましたが、さほど問題はありませんでした。

Frontline
P8233650.jpg
最前列の土手はこんな感じ。両隣は林ですが、右側は池があるので注意。
あと砂埃も飛びやすいのでレンズ交換にも注意。
当たり前ですがトイレや自販機や売り子サービスはありません。
ところでオッサンなんで脱いでるし?アッーーー!!

駐車場
P8243656.jpg
ブロックポイントから通りを挟んだ所にあるかなり広い草地。
料金取ってる人がいなかったので多分タダです。
数百台停められますが、こっち側でマターリ見る家族連れもいるので
やはり早めに来た方がいいでしょう。

エアショーが終わると空港周辺のラドム市内はだいぶ混雑します。
外周ポイントからでもタクシーでホテルまで45分・4000円くらいかかりました。
尚、初日は2000時まで粘ったあと会場で知り合ったポーランド人に送ってもらいました。
海外で地元ヲタに乗せてもらう確率が8割を超えている様な。

 というわけでラドムエアショー、オヌヌメかと聞かれれば是非ともオススメです。
特に家族連れやちょっと観光もしたいという向きにはベストチョイスではないでしょうか。
ラドムは隔年でMAKSと被ってるから次回はMAKS行くけどね(ちょww)!

 それでは次回、いよいよラドムエアショーです(何ヶ月引っ張ってんだ)!
1508ラドム1日目、お楽しみに!

1508クラコフ―古都にいったときの事―

 最近EF500F4がほしくなる病に侵されるREMCATです、皆様こんばんは。
現在の主力は328+1.4テレコンですが、
焦点距離は100-400Ⅱと20mmしか変わらないのと
国内エアショーでもう少し長ければと思うことが時々あったため、
航空大臣を中心として調査委員会が発足しています。

さて今回のお題はクラコフ観光です。
ラドムエアショー当日はラドムに泊まり翌日早朝に鉄道で移動、
荷物を駅のロッカーに預けて8時間の弾丸スケジュールでした。
それではポーランドの京都といわれるクラコフ編の始まり始まり・・・。

クラコフ駅
_MG_7858.jpg
ラドムから国鉄風味の電車で約2時間。
駅はラドムより大きく近代的で、如何にも観光客慣れしている感じでした。
トランクをコインロッカーに預けるのにトイレで両替。
ポーランドのトイレは有料ですが、その分清掃が行き届いてキレイです。

クラコフのバルバカン
_MG_7875.jpg
クラコフにもあるバルバカン。
クラコフ市自体も城壁で囲まれており、
その手前に要塞というか大型堡塁として建っています。
都市本体への攻撃をするにはバルバカンを陥とさないと挟み撃ちにされますね。
しかし1個だけだとそれ以外の方向からの攻撃にはどう対処するんでしょうか。
クラコフの場合は南はヴィスワ川に面していますが。

笛吹と尖塔
_MG_7887.jpg
かつて13世紀にモンゴル軍(バトゥ)が侵攻した際に
ラッパを吹いて街に知らせた見張りの喉に矢が刺さるという美談がありまして、
それをしのんで今でも毎時刻にはラッパの音が流れます。
似た様な話が日清戦争でなかったか?

フロリアンスカ門
_MG_7903.jpg
バルバカンのすぐ後ろから入ります。上部のレリーフが先述の笛吹き。
クラコフはWW2ではドイツ軍の司令部が置かれていたこともあり、
ワルシャワとは対照的に都市の破壊はほとんど免れました。
そのため中世からの建物も多く残っています。
石造りの建物で地震がない環境というのも建築物の保存に一役買っています。

クラコフ中央広場
_MG_7920.jpg
フロリアンスカ通りを尖塔に向かって歩くと、
最後に一度角を曲がってこの広場に出ます。
ダイレクトに入れないのは都市防御のため?
クラコフ旧市街(いわゆる観光地クラコフはほとんど旧市街)の中央にあり、
その真ん中が織物取引所になります。地下には歴史博物館。

聖マリア大聖堂
_MG_7938.jpg
クラコフのランドマーク。
ここの一番上からラッパが吹かれます。
『ポーランド史』を読むと13世紀ころのクラコフの風景画に既に登場していてびっくり。
すごい!教科書にそっくりだ!(違)
1220年に建てられましたがモンゴル軍に一度破壊され、
1290年ごろに基礎部分の上に先ゴシック建築様式で再建築されました。
以上、ウィキペディア英語版より。

時計台
_MG_7962.jpg
登れると聞いたのですが、どうも入り口が工事中だったのでスルー。
『地球の迷い方』にも上から撮った写真があったのにぃ。
高い所は大好き(・∀・)

教会
_MG_7996.jpg
クラコフには教会が沢山あります。
京都の寺社仏閣レベルの密度で教会だらけです。
フラッと入るとヘッドホンで説明を聞いて幾らか寄付をするシステムだったのですが、
これは中々に良いアイデア。
教会は宣伝と運営資金調達ができますし、観光客は歴史文物への理解を深められます。
日本の戦争博物館も真似すればいいのに。

教会内部
_MG_7990.jpg
多分アンドレイ教会とかいう名前だと思うのですが、
地図にもあまり大きく載っていないので分かりません。
中世の教会や王宮にある財宝や装飾は、
当時の技術レベルからすればオーバーテクノロジーな精緻精巧さです。
産業革命で機械の力により同質的高品質な製品が生産される以前は、
工業に向けられる資本はこうした精緻さに使われていました。

タデウス=コッシューシコ像
_MG_8113.jpg
ヴァヴェル城(旧王宮)に入る坂に立つポーランドの国民的英雄の像。
ワルシャワ編で紹介したユーゼフ=ポニャトフスキと双璧をなし、
アメリカ独立戦争にも参加しました。
自由と独立を希求して戦う姿は万国共通の尊敬を集めて止みません。

ヨハネ=パウロ2世像と教会
_MG_8103.jpg
ヴァヴェル城に入るとすぐに立っている教会。
ヨハネ=パウロ2世はクラコフの司教をしていたことがあり、
彼が教皇になって里帰りした時は共産党が騒然としたとか。
ポーランドではカトリックの伝統が極めて強固であったことから
共産主義政権も教会を認めざるを得ませんでした。
全国民を把握・統括できる組織がカトリック教会だけだったという面もあり、
江戸時代の寺社制度に通じるものがあります。
人はパンのみには生きられないと言いますが、
そのパンさえ満足に与えられないなら妥協するしかあんめぇよ。

王宮内広場
_MG_8028.jpg
なんだか穏やかで気分の良い中庭。
ポーランドは8月の晴天でも気温20度前半、乾燥していてとても快適です。
でも油断せず日焼け止めは塗っとくよろし。
ついでに乾燥のせいか唇がカサカサにひび割れて結構痛かった。
メンタムも用意しといた方がいいかもです。

ポーランド上空の空中戦
_MG_8037.jpg
常に空の見張りは怠りません(・∀・)
機械化されたドイツ軍に秒殺された旧式軍という認識が流布するポーランド軍ですが、
個々の兵器だけを見れば意外と拮抗・善戦もしていました。
ドイツ軍の本当の勝因は敵通信網の破壊と素早い後方への浸透です。
その意味では電撃作戦という戦術の真価が発揮されたといえるでしょう。

蛇行するヴィスワ川
_MG_8072.jpg
ポーランド南端の山岳地帯から南のクラコフを通り、
ワルシャワまで通じるヴィスワ川。
ここクラコフで大きく蛇行していますが、
流れの方向は大筋ではクラコフ近辺では東向き、その後北に向かいます。

ヴィスワ川の龍
_MG_8055.jpg
大昔、ヴィスワ川には龍が住み、若い娘を食べていたそうです。
王女様を生贄に差し出すことになったとき、
ある若者が羊をタール巻きにして龍に食べさせ成敗して王女と結婚したとか。
こういうのって世界中どこにでもある話ですが、
文化人類学的にはいくつかのレパートリーがありそうですね。
中国だと河川の氾濫を治水したとかがメジャーですが。

ポーランド民族衣装の少女像
_MG_8151.jpg
上の龍が食べていた若い娘の一例(違)。
俺、生まれ変わったら中世ポーランドのヴィスワ川の龍になるんだ・・・(錯乱)
あ、王宮のチャルトイスキ美術館には『白テンを抱く貴婦人』がありますが、
一日何人までと入場制限があるので注意です。
見られなかったらWAWでLOTの特別塗装機でも探してください。

ヤギェウォ大学
_MG_8124.jpg
見せてもらおうか、クラコフ第一にしてポーランド最古の大学の実力とやらを!
ワルシャワ編で出てきたコペルニクスも在籍していました。
何食わぬ顔で中をフラッと覗いてきましたが、入学の勧誘はされませんでした(笑)。

織物取引所
_MG_8145.jpg
昔は織物取引所として使われ、今は土産物売り場です。
ん~、どうも「ビビッ!」と来るものがなかったのが残念。
地下は織物取引所から広場の下まで広がる歴史博物館になっており、
クラコフの歴史を学べます。

聖マリア教会の裏手
_MG_8156.jpg
よくコンセプトの分からん像。でもこういうドヤ顔好き。
聖マリア教会は表から入ると真ん中ほどまでしか入れず撮影も禁止です。
しかし裏口から金を払って入ると奥にも入れて撮影フリー(追加料金必要)です。
この宗教法人だけど世知辛い浮世に微妙に適応している感が興味深いですね。
どうも日本は宗教法人やら公務員が商売するのはイカンといって
十把一からげに禁止したがりますが、この辺を見習うべき。

教会内部
_MG_8160.jpg
荘厳な装飾の施された教会内部。
ちなみにREMCAT的ポーランド人の印象は、「純朴でシャイな片田舎の農民」です。
擬人化するとカトリックの恥ずかしがりやなつるぺたの村娘(萌え不可避)。


『Veit Stossの祭壇彫刻』
_MG_8167.jpg
15世紀後半にドイツ人の彫刻家Veit Stossにより12年かけて作られ、
世界遺産にもなっているそうです。
そのためWW2ではドイツが接収しましたが、戦後返還されました。
ポーランド地域は中世からドイツ民族の東方植民が絶えず続いたため
他民族の雑居状態がデフォでした。
そのため何をもってポーランド、何をもってドイツと言うのが困難な面もあります。

 17:00頃には駅に戻ってお土産を調達、
おもちゃ屋にレベルのプラモの山を見つけたときは乗り遅れを一瞬覚悟しましたが、
日本でも入手できるし値段も日本並みだったので助かった(笑)。
ワルシャワまではICCプレミアムのファーストクラス、文句なしの新幹線超えです。
メーカーは仏のアルストーム、そういえばAMS-FRAのICCはボンバルディアで
上海リニモはシーメンスだったから、三大電車メーカー特急乗りましたぞよ。

P8253725.jpg
さすが一等車で、紅茶も出るし飯も食える。ローストビーフサンドを食べてみた。
豆入りの黒パン。旅先で食べるとおいしい(毎日は食べたくない)。
本を読んでいると酔ってきたので、振り子式か?

『ポーランド史』を読むと、社団社会からの脱却をできなかったのが
近世になってからの憂き目の原因みたいだが、なんで絶対王政にならなかったんだろ。
むしろ絶対王政になったのが英仏独墺くらいだから、なぜできたか、の方が気になりますが。

というわけで、実質わずか6時間でしたが効率よくみっしり回れたクラコフでした!
事前に攻撃目標を絞って効率よく攻める計画を立てていたのが奏功しましたね。

さて次回はワルシャワ軍事博物館を紹介します。
1508ワルシャワ軍事博物館―祖国の護り― お楽しみに!
プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR