1106 百里基地 Review Report -2nd para.- 

 ジメジメムシムシしますね。
今年は一際暑くなるそうですね。こんなときはエアコン稼働です。
流刑地寮のエアコンが外気を取り込まないタイプである事を「中の人」に確認、さっそくフルパワー!!
いやぁ快適です。流石は文明の利器です。節電?そんなの知らねーぜ ボロネーゼ ペプチターゼ。
人間を行動させるのは誘因か、強制措置であり、
相手の善意につけ込んで責任を免れるための「要請」など寝言と同じ実効力しか持ちません。


 さて百里基地Review Report 2ndパラグラフ。
イーグル梅組がタッチアンドゴー、実際には6~7機のうち2機位が
ガンガン鍛えてました。

スパイが撮った写真
IMG_0531.jpg
「解析ソフトをVer2.03にしてアルゴリズム適用すると・・・
 見て下さい、日の丸がはっきり見える。こいつはF-15Cの輸出型、F-15Jだ!」
   初っ端からこんな画像載せんなや ⊃(´・ω・)⊇⊃)Д`)グエァ

しかし然るべきポイントに行けば、この背中パックリな写真が撮れるはず。
そして日の丸の視認性が高すぎる様な。
ロービジとかしないのかしら。米軍なんて申し訳程度に描いてるだけに見えますが。


編隊着陸
IMG_5949.jpg

IMG_5953.jpg
手前はAAM-3、奥はAIM-9Mですね。
さてAIM-9XとAAM-5はどちらが高性能なのか・・・
でもなぁ、自衛隊にヘッドマウントディスプレイないしなぁ・・・。

IMG_5967.jpg
華麗に着陸。
やっぱり1回の上がりに1組は編隊がいるとイイね。


上空でブレイク
IMG_6073.jpg
空の色と相まって見るも残念ですが、今回は相手の動きを見るのが第一目的です。
これも然るべき場所から狙えば4機のブレイクとか撮れるはず。


F-15DJ
IMG_5943.jpg
F-15を見る角度の中では割と上位に入るこのアングル。

IMG_6053.jpg
もう少し斜め上からのアングルだといいのですが・・・って電線入った。
小松といい百里といい成田といい、至る所で電線は邪魔です。全部地下に埋めればいいのに。

おっと偵察隊がまたも離陸です。

IMG_6092.jpg
ときにF-4はアーミングエリアに着くまでキャノピを開けっぱです。
地上ではエアコンが動かないとか読んだ覚えが。


T-4 “総隊司令部飛行隊”
IMG_6160.jpg
入間からの外来。小松でもよく見ましたね。なんか1日に1回は来てるイメージがあるのだが。
ついでに入間から百里ってどんだけ近いねんw。

RF-4機首アップ
IMG_6193.jpg
後席が流し眼。偵察ポッドのフタが開いているのは何故だろう、
カメラガラスのバードストライク対策でしょうか。


IMG_6206.jpg
つまり飛行機は斜め前、後ろ、背中パックリが鉄板で美しいと思うんだd(・ω・´)ノシ

IMG_6209.jpg
ふわりと翼端渦を巻き上げて着陸。これアップで撮りたいなぁ。


IMG_6221.jpg
こいつは偵察ポッド付けてませんね。
ダークグリーン迷彩なのでスポット測光&露出+2/3補正したら背景真っ白になってもうたOrz。
これはまだマシな方です。

偵察隊はF-15に偵察ポッドつけるそうですが、受注企業が開発遅延で契約解約したとか。
なにはともあれF-15Jのダークグリーン迷彩が楽しみです。

ときに地元の通行人は皆反対側を奨めてくれるのですが、
そんなにええんやろか?次回行ってみよう。

 さて再び小さくエンジン音が聞こえたので今度は離陸を撮ろうとさっきの調整池に行くも、
5分の差で間に合わずF-4が上がる。道路はガラガラでしたが15分はかかるので、
2点間の移動はエンジン音が聞こえてからでは遅い。故に無理に焦らないほうがよいですね。
するとエアバンドが必要なわけだが・・・今回は随分活躍してくれました。買って苦節4年目で(笑)。
当初タワーに合わせていたのですが、どうもガイドブックの周波数とは微妙に違う。
何言ってるのかも解りませんが、取敢えずは「何か起こりそうだ」と解るだけでだいぶ違います。
離着陸時にスキャンしてヒットした周波数をコンデジで撮影、次回からの参考にしよう。


F-4が上がった後に調整池到着、さてどうすっか、と思いましたが、なんと後続がっ!
アーミングエリアが狭いのでしょうか?どうもラストチャンスを3、4機に分けて行う様です。
小松だと全部ランウェイに並べてたと思うのですが。

で、離陸シーンはこんな感じ
IMG_6241.jpg
悪くないねぇ。うん、十分。
だがここで海上訓練空域に向かうためヒネると聞いていたのですが、全然。
むしろ外周道路の上でヒネってた様な。

IMG_6255.jpg
編隊も。編隊は中央焦点が空なのでボケやすい・・・。
え?それを工夫するのが“ウデ”だろって (;・`д・´)・・・?

F-4が上がった後に考えた。現在1500時で、既に結構撮れた。
だが、梅組は朝に1回、午後一で1回飛んだ。
フライトは1日3回だから、今日は午後に2回飛ぶと見た。
すると、ここで待てばF-15の離陸具合も解るんじゃまいか?
そこで撤収前の車内お片づけをしたり救難隊を撮りながら待つ・・・。

IMG_6282.jpg


む!爆音来た!
IMG_6297.jpg

IMG_6314.jpg

F-15もF-4と大体同じ角度。高翼なのでこちらの方が見栄えはイイね。
だがここで、今日初めて太陽が顔を出した。今更どのツラ下げて、コノヤロウ!
理想的な完全逆光状態となったので撮影しづらい、まぁデータは集まったけど。

F-4のオーバーヘッド
IMG_6328.jpg

IMG_6330.jpg

これもこの時間帯にもう少し長いレンズなら、オーバーヘッドアプローチの下面が撮れるはず。


IMG_6373.jpg
ヒネりはやはり外周道路か、もう少し先やな。
ふと思いつくのは、ここに車を置いて折畳み自転車で外周に行けないだろうか?
外周道路に駐車スペースないんだよね。
これを出来ればまさに伊400+晴嵐の様な戦略的革新じゃまいか!
折畳み自転車を加えても、まだ人間一人分の体重にもならないしね。

悔しいので無理やり機首アップ
IMG_6378.jpg


 この離陸でMISSION ACCOMPLISHED、RTB。
タイフーンの自動航法装置に流刑地寮を入力、常磐道を今度は西向きにダッシュ。
太陽がガンガン照って眩しい。今更どのツラ下げて、コノヤロウ!

時速100kmで走るのって意外と体力と出力使いますねぇ・・・
高速道路って高速域で安定した回転数で走るのかと思ってたのですが。
あと若干疲れているのが自覚できたので、マクロスFガンガン流して目を覚まします。
流刑地県に入る直前に内気循環に切り替え、やはり2.5Hかかりました。
往復5時間かかる事を考えると、日曜に成田行ってハシゴすればいいのか?

本屋によって『スケールアビエーション』買って寮に到着、いやぁ楽しかった!

 シャワー浴びて PCにコピーして 夕食兼晩酌にグレープフルーツ割りウォッカを傾けて
画像を確認、ニヤニヤニヤ(・∀・)。至福の一時だね。
布団に入ってスケビ読んでると枕灯つけたまま寝てましたw。うん、いい寝方だw。


 さて3rdパラグラフ、結論です。

 この「1106百里基地 Review Report 前編・後編」は、
百里基地が良好な撮影環境を有するというヒコーキファン諸兄の主張をレビューして作成しました。

 今回は基地までの行程を確認、基地東側を偵察して2ヶ所で撮影。
悪天候という外的要因のためにレビュー範囲はやや制限されましたが、
これは基地周辺の環境に起因するものではありません。
比較的軽度の撮影ポイント確認をしており、じっくり見たわけではないため、
百里基地周辺の撮影環境についての明確な意見はここでは表明しません。

ですが「百里基地は良い撮影環境を備える」という諸兄の主張に
特別の修整を加える様な重大な修整事項の存在には気づいていません。

                         REMCAT
                         2011/6/26

なんてねw



notes:近所のヤマダが最近物分かりが良くなりまして
CIMG3186.jpg
この3日前の金曜に寄り道して、3.2割引に衝動買ったのですが・・・
当初306sqにしようと思ってましたが、
今日みたいにイイもん見せられちゃ302sqに変更せざるを得ないでしょうよ。
第一306sqはF-15で後2機在庫があるんだし・・・(爆)。



スポンサーサイト

1106 百里基地 Review Report -1st para.- 

 こんにちわ、REMCATです。
昨年10月から8カ月ぶりに戦闘機、百里基地に行ってきましたYO~!


 先週、6月の第2週目月曜は本社以外が毎年休みでして・・・
まぁ大抵「総務部長杯」とか「管理部長杯」と称した玉転がしで
休日出勤(しかも無給)を強いられるのですが、会社に関心のないREMCATは華麗にスルー。

日曜は夜9時におやすみなさいして月曜0530起床っ!
なにせ100km以上遠出するのも初めてなら高速道路も初めて、十分に睡眠を取らないと!

そして0600に天気予報を見ると茨城県霞ケ浦地方は・・・曇り時々雨。
悩む。行くべきか行かぬべきか、それが問題だ。
一瞬新潟空港に行こうかと考える。しかし新潟の空は青くても、今そこにネ申(ツポレフ)はいない!

・・・・・・沈黙の中で逡巡、懊悩、煩悶する。
中途半端に新潟行っても判り切った結果しか出ない。よし、百里、行こう。


 0630テイクオフ、ETC入るときは半信半疑で恐る恐る、だって初体験なんですもん。
20km/hどころか10km/hを切って走行、そしたら後続に怒られた(笑)。
あとはひたすら常磐道を100km/hでダッシュ、意外と疲れる。
流刑地県を出てすぐに外気取り入れ開始、やっぱり被曝してない空気はいいなぁ。

 0820頃に高速を降りる、高速代は4200円、今日は割引されて3000円。
基地外周の北側について一度南側へ。
外周道路は細い道が多くてわかりづらく、ナビで右折左折の指示が出たときにはもう曲がれないので注意。
一応片側1車線ですが住宅塀が迫っており、見通しわるし。

0940頃に調整池ポイントに駐車、さっき北側に離陸したのでここで着陸を待つ。高曇り。
すると東側から旋回してアプローチコースに乗る機体が見える・・・


飛行開発実験団 T-4
IMG_5550.jpg
うおっといきなり外来ですか!
機首の風見鶏が珍しい。


調整池は滑走路エンドよりやや東、滑走路に向かって左右が林で多少撮影しづらいのですが、
レンズは200x1.4で真横がまぁまぁセーフ。

む?!またエンジン音が聞こえてきました!

302飛行隊 F-4EJ改
IMG_5553.jpg
ファントムたん
キタ━━━m9(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━m9(゚∀゚)━━ク~ル~ク~ルミ~ラク~ル~━!!

航空祭以外で飛んでるF-4は初めて見ました。
おっと1機目は着陸中止して再上昇!

IMG_5563.jpg

基地外周の林を翳めて上昇、うっすらベイパー!
他の2機が着陸。

IMG_5588.jpg
シリアル377。惜しい。777はどこだ?
そういやANAにJA777ってありますね。あれをもう一度キレイに撮りたいのだが・・・。
いや今はファントム撮れよ。

IMG_5608.jpg
シリアル333のゾロ目です。

302飛行隊 T-4
IMG_5635.jpg
基地飛行隊のT-4も着陸。

 ここで待っていればさっき離陸した梅組のF-15も降りてくるはず・・・と思ったのですが
離陸から1時間たっても降りてこない。で、林の向こうからエンジンアイドル音。
この事象が示す冷徹な事実はただ一つ。やられた、ランチェンだOrz。

まぁ今日は初回なので安全牌拾いと撮影スポット確認をしようと思い、
北側ランウェイ脇へ。気にしていた駐車スペースは縦列で数台、ナカナカの場所。
200x1.4で着陸機の真横が十分に撮れるけどフェンスがあるので3段脚立が必須です。


 今回は撮影に自動車の機動力を投入した、という点でもREMCAT的に戦術の革新なのですが・・・。
CIMG3174.jpg
初登場、ホンダ CR-Z “タイフーン”
昨年10月にF-22A(RX-8)との選定競争にて、
設計の新しさ・積載量の多さ・ドライブバイワイヤ・ハイブリッド・運用コストの安さで勝利、
REMCAT写真偵察隊に配備されました。

 いやもうね、便利すぎです。
持ってる撮影機材全部と脚立と小椅子と読み物と昼食とその他色々乗せられるし
雨が降っても大丈夫だからいつでも動けちゃう。
古代ギリシアのファランクス、中世日本の鉄砲、近代なら弩級戦艦、
現代なら空母機動部隊とステルスに匹敵する、まさに戦術の革新で戦略まで変化しました(←オオゲサ!)。
まぁ、コストもかかるのですが・・・。
非常に不本意ながら流刑地ナンバをつけているので、イタズラされないか心配です。大阪に変えたい。

で、持ってきた脚立でフェンスをラクラクリア。
昨日古本屋で買った『惜別!YS-11』を読んでいると・・・来た来た!


501飛行隊 RF-4EJ
IMG_5701.jpg
偵察隊にはF-4を改造したRF-4EともともとRF-4の2機種がおり、
機首形状と迷彩が違うそうです。ダークグリーン迷彩のこいつはRF-4EJ。

IMG_5713.jpg
こいつは偵察ポッドをつけてませんね。てことは通常のファントムと同じ状態。
それにしてもフラップの下げ角が直角近いのが新鮮。
B4もフラップ後縁は真下を向きますが、3重スロッテドフラップなので曲線になります。
でもファントムは板を立てたみたいに真下。

百里救難隊 U-125
IMG_5729.jpg
救難隊も戻ってきました。ん?窓になんか貼ってある。

アップで見ると・・・
IMG_5730.jpg
「がんばろう!○○!」と書いてある。なんだろう?

IMG_5734.jpg
元ビズジェットなので居住性は良いとか。


なんか旅客機のエンジン音がする・・・

スカイマーク B738 “緑のクローバ”
IMG_5739.jpg
おっと茨城空港から離陸。何気にまだ新しい緑のクローバじゃないですか。
でもちょっともぅ、風向きはどっちなのよ!

この茨城空港、滑走路が1本しかない百里基地に2本目をプレゼントするために
周辺住民の反対を抑えるのに形だけ作ったという説が流布しておりまして・・・。
本当かどうかは知りませんが、本当なら上手いことやったもんだ。よくやったd(`・ω・´)グッジョブ!


 またしばし着陸を待つ・・・。なんだか空気の臭いが小松そっくり。雉もいるし。
IMG_5743.jpg
雉の鳴き声って独特で発音しづらいですよねぇ。
そして変な顔w。

ランナップは距離と陽炎と電線でまずむりぽ。
IMG_5749.jpg
だから風景画と思って下さい(爆)。


スカイマーク B738 “黒のメロディ”
IMG_5762.jpg
何気に珍しい機材再び。しかし春秋が来ない・・・なにゆえ(・ω・`)?。


F-15梅組がランナップ。
IMG_5776.jpg
ところで梅組も那覇に移す計画だそうですが、すると百里はどうなるの?
さすがに首都圏防空が退役間近のファントムだけってのもちょっとなぁ。
あ、そうか、ステルス戦闘機F-35Jとミサイルディフェンスがあったか。


さっきのファントムも降りてきました。
IMG_5777.jpg
あら、またシリアル333。
機ごとに寿命管理しているそうですが、意外と普通に飛んでますね。
ドイツみたいにAIM-120(日本だとAAM-4か)積んで、
有事確定時のBVR戦闘専用のミサイリアーにすればよかったのでは?


編隊着陸
IMG_5831.jpg
今回の一番の成果(^~^)b
ところでキャプティブ弾がAAM-3ですね。積めたんだ、と、ちょっとおどろく。
AIM-9Bの時代から飛んでるのも凄いが。


梅組も降りてきました!遅まきながらこっちも初撮影。

305飛行隊 F-15J
IMG_5890.jpg

林を翳めてヒネりこんできます。
どうも小松に比べてショートアプローチ気味にヒネった着陸が多かった。

IMG_5909.jpg
コイツはAAM-3だけど・・・

IMG_5924.jpg
コイツはAIM-9。何か基準があるのでしょうか。
AAM-3使える機体でも当然AIM-9も使えるはずだが。
ついでにこっちは後方警戒レーダを積んでますね。統合電子線システムの一部という説もありますが。

複座型も!
IMG_5930.jpg
制空戦闘機(というか大型戦闘機)は複座の方がカッコイイ。これも持論。
F-15D、SU-27UB、F-18F・・・複座の方がキャノピラインが胴体に滑らかにつながるので
シルエットが美しくなります。
それに比べてF-16とかMiG-29の複座は・・・意見差し控え(笑)。


IMG_0545.jpg
次回後篇、梅組の激しいタッチアンドゴーからです。

1105成田空港 -風の色が変わる 貨物機編-

 大韓航空がA380で成田に就航したそうですね。
いよいよ4社目。日本って意外とA380の数が多い様な。
スカイマークには是非とも就航まで漕ぎ着けてほしいもんです。

さて1105成田、この日は実は貨物機の方が凄かった。
でもそれより凄い事があったのであっさり行きまっせ(←ぇ)。

NCA B744F “プレアデス”
IMG_4858.jpg

いつの間にかメジャーな存在になって日本の最後のジャンボ候補。
8機ぞれぞれに星座の名前を持ちます。
日本でB748を見るとしたらこいつが一番早いかも。

キャセイカーゴ B744F
IMG_4862.jpg
割と常連。そういや香港航空がキャセイ追撃にA380を買うとか。


ABX B762F
IMG_4895.jpg
いつのまにかJALと提携したカーゴ。
そしてB762は日本ではコイツとAWACSしか見れません。
-300型に比べると相対的に尾翼が大きい。


NCA B744F “アンタレス”
IMG_4908.jpg
はっ!また貴様を撮れるとはな!アンタレーーーーーース!!!
X2は厨房向けでトンデモ兵器ばっかで今一つ詰まらなかった。Xの方がストイックな対空・対地攻撃が・・・
もぅ何の話してんだよ(´・ω・)

ポーラーカーゴ B744F 
IMG_4933.jpg
準レギュラーですが普段来る土曜日には見かけない。
ときにポーラーベアは白クマ。
フラワーコミックから出ている『しろくまカフェ』はシュールで癒されてなんだかふんにゃりできます。
もぅ何の話してんだよ(´・ω・)


エアホンコン A300-600RF
IMG_4940.jpg
こいつはまぁ土曜でもよく見かけますね。
しかしJALもA300も退役して、今後貴重になるんだろうなぁ。


エアチャイナカーゴ B744BCF 
IMG_4948.jpg
うぉっとレア機発見!「カーゴ」だけ何故か筆記体。


マスカーゴ B744F
IMG_4973.jpg
この日は強風で、着陸機は一様にラダ―で方向補正してます。
カーゴがKARGOなのはマレー語の外来語にアルファベットを当て字したから?
人間の話す音を26文字で表したアルファベットはある意味偉大。


ANAカーゴ B763F “OCS & ALLEX”
IMG_5003.jpg
前からバリエーションが多かったですが、最近になって複合技も覚えた様です。
尚、OCSはOffice courier service の略。

NCA B744F “アンドロメダ”
IMG_5008.jpg
一等星の名前をつけている、というわけではないのか・・・?

IMG_5012.jpg
どこから見ても様になる。神が宿っているとしか思えない。
ところでB744Fは-100、200型と同じくショートデッキ。
するとショートデッキのボディに-400型の主翼をつければNCAを再現できるわけだ。
・・・ハセガワさん?

UPS MD-11F
IMG_5095.jpg
FEDEXよりちょっとレアなUPSのMD-11F!
にしてもMD-11、B7とかA3と同世代なのにむしろ貨物機が本職状態・・・。
こまめに貨物を運んで長距離輸送するには丁度いいサイズだとか。

NCA B744F “ペガサス”
IMG_5117.jpg
グリーンフレイター!
今回4機撮影できたのであと4機、NCAとかスカイマークは機材を固有識別できて
数も多くないので集める楽しさがありますね。


アトラスエア B744BCF 
IMG_5154.jpg
昨夜大ファン殿に教えてもらった今日のゲスト機です。
尾翼は地球を支える巨人タイタン。つまりティターンズです。
「ティターンズはバスクの私兵だよ!」いや、エゥーゴはお前の私兵だろ・・・。

迷走を続けつつも貨物機の嵐は止まりません。

UPS B763F
IMG_5201.jpg
どこに着陸してもデッキで待ってれば観閲式状態w。
そういえばノースウエストのカーゴってどこに消えたんでしょう?
昔はJALカーゴと同じくらい成田にいたのだが。

FEDEX B772ERF
IMG_5290.jpg
レイクドウイングチップがマッシブに鋭さを加えてカッコイイ!
KIXでは迎え撃ちましたが、送りの反りかえった翼も悪くない。


FEDEX MD-11F
IMG_5318.jpg
ハイレートクライムを見せてくれたFEDEX。
続いて地表スレスレでのバレルロールをって、いやお前それは不謹慎ゲフンゲフン!

胴体自体はB7に似ている(と思う)MD-11。
そうだ、エンジンを強化して双発機にしたら・・・って、それならB7買いますね。
やはり3発機だからこそ魅力がある。


エバーカーゴ MD-11F
IMG_5391.jpg
ひょいっと左を見ると何食わぬ顔でタキシング。危ねぇ危ねぇw!
風の色が変わった後も貨物機の進撃は止まりませんでした。


KALカーゴ B744F
IMG_5434.jpg
コイツで最後っ!
レギュラー、準レギュラーからプチレアまで、この日はホントに貨物機が目立つ日でした。

でもJALカーゴはもぅいない・・・(´・ω・)。
え?べっ、別に寂しくなんかないんだからっ!勘違いしないでよねっ(><)ノシ!


さて冒頭の宣言通りあっさり終って、次に行きませぅ。
好きなものを見るためなら百里の道も苦にならない、百里基地レビュー!


1105 成田空港 ―風の色が変わる 旅客機編―

 なんだか胡散臭い天気ですねぇ・・・。

 さて前回の続き、0530起床、0600に成田ビューホテルからホテルバスで出撃っ!
0600チェックアウトだと料金もお安くなるプランなので、目覚まし効果もあります。

今日は晴れのち曇りとの予報なのと外周に行けない都合上、1タミデッキ貼り付きを決意。
ロッカーに荷物を預けてデッキ前で朝食のサラダパスタをムシャムシャ・・・。
0700にデッキオープン、晴天で視界はまぁまぁかな。少し風が強い。

さてここでアクシデント発生!0730位にグラッと来まして、
館内放送で「地震があったので避難して下さい!」と。

え?ワタシ?
「この撮影には多額の金がかかっているからな。今さら止められないんだよ!」
そりゃ流刑地で地震があったら避難指示がなくても逃げるが、
成田で飛行機見ながら震災に会うなら、まぁいいさ。

警備員が誘導に来るまで撮影しようと思っていましたが、
結局それもなく避難指示も解除。ヨカッタヨカッタ。

 そしてランウェイチェックの間に上空に溜まった飛行機が続けざまに降りてきました。

ANA B763 “観光桜”
IMG_4879.jpg
メジャーな存在になってきた様な。
何機かいるんでしょうか。


KLM B744 “白鼻”
IMG_4965.jpg
昨夜買った航空ファンにはB73で来てるって書いてたのに・・・
白鼻で埋め合わせじゃ足りないやい(・ω・`)。

 ノーズコーンは整備の時に部品が足りなければその時使えるのを持ってきますので、
たまに鼻先だけ違う機体を見かけます。
有名なところだと、B6とB7はノーズ共通なのでANAはたまに鼻先のラインがずれています。

IMG_2988.jpg
これはB6なので塗り分けが下側に。B7だと逆に上になります。

これも
IMG_2238.jpg
多分ANKのB735とコンバート。ニュージェネとは互換性がないのでしょうか?
エアドゥはラダーとエンジンナセルも交換した機体がいたそうですね。

で、今回のKLMは経営統合で整備も多分共有しているエールフランスから借りていると見た。
しかしすると、取られたエルフラのB4には青鼻がつくんだろうか・・・?


 さて9時からは離陸ラッシュタイム。アジア便が長蛇の列をなします。
そして南風なので1タミデッキの前を観閲式状態で転がっていきます うめぇww

ANA B763w
IMG_5001.jpg
あっ、こら!そこでショートカットすんじゃねぇ!
でもウイングレットのシルエットがカッコイイので無罪w。


JAL B763 “観光桜”
IMG_5030.jpg
巡光では初めて。


JAL B763 “新鶴丸”
IMG_5053.jpg
 ムハー!(゜∀゜)って、前回カンペキレイに撮れたのでそこまで言う程ではないのだけど。


JAL B738 “新鶴丸+頑張ろう日本”
IMG_5065.jpg
 むしろこっちにムハー!(゜∀゜)ですYO!
詳しくは「1105関西空港 -黄砂に吹かれて-」をどうぞ。

JAL3機連続UP・・・
べっ、別に前回のフライトで大好きになったとかそんな事ぜ~ったいにないんだからっ!(><)ノシ
勘違いしないでよねっ!(><)ノシ


ヴァージンアトランティック A346
IMG_5082.jpg
最近はA343が来てると聞いたのですが、なぜかこの日はA346でした。
デッキで地団太踏んでる猫がいたとかいないとか。機首どアップで反射ギラリ。


ブリティッシュエアウェイズ B773ER
IMG_5181.jpg
ようやく事前情報通りの新機材。
欧州線が次々A3かB7になる中、英国航空もいよいよB7。
B4はKLMだけになったなぁ・・・。


 さ~てそろそろフィンエアー。
A333の新塗装は撮ったしA343新塗装のワンワールドも撮ったから、
今日A343新塗装通常を撮って・・・ってあれ?? ∑(゜Д゜)??


フィンエアー A343 “旧塗装”
IMG_5192.jpg
新塗装を前提にした認識を破られた。思い込みに立脚した予想は危険、という話です。
でもやっぱりこっちの方がカッコイイ。特に青いグラデーションの尾翼が秀逸。


シンガポール航空 A333
IMG_5233.jpg
滑走路中間点で早軽々とエアボーン。中間点まで2000mあるってのも凄いですが。
ていうか上昇角度 強っ!


エアインディア B772ER
IMG_5243.jpg
やっぱりレイクドウイングチップはいいなぁ。
ハセガワさん、最近旅客機も勢いあるし是非キボンヌ。
B7の主翼上面パーツ替えるだけやないの。出してぇな。ええやんええやん。

どうせJALも新鶴丸出すんやろ(得意のデカール変更で・・・)?
そしたらANAもB73ERとB63W出すんが筋やろ?ええやんええやん。


トルコ航空 B773ER
IMG_5254.jpg
こいつも情報通りの新機材、新塗装です。
まぁ、ゆーてあんまり変わらんけど。


 さて午前のラッシュが一段落した辺りで12時頃に北風にRW変更。
この日は朝から風は強いが陽は暖かかったのですが、
1時過ぎに急に曇り、露骨に冷たい風が吹いてきました!
本当に急変で、さっきまでは「暖かい風が吹いて涼しい」だったのが「風冷たっ!」な感じ。

さらに西側から地表近くを薄暗い霧が迫ってきました。目に砂が入って痛いので、多分黄砂嵐でしょう。
誘導路、滑走路にライトがついたりと、先々週の関空の再来です。


 ユナイテッド B772 “ユナイネンタル”
IMG_5308.jpg

予定調和的に撮影できたユナイテッドの新塗装^^
しかし更新ペース早過ぎ。かつてのデルタノースを思わせますね。
逆にこれまでのユナイテッドの新塗装更新ペースときたらw。


 中国東方航空 A320 “YOUNG PIONEER” 
IMG_5349.jpg
3度目の正直でキレイに撮れました(^^)ノシ!
1度目は09年に黄砂の福岡でガラス越し。2度目は先々週の関空で腹気味。
そしてこの2年間ノーズが変わってないってのはどんなもんだかw。


ANAがゴーアラウンド!
IMG_5374.jpg
時々聞くけど見たのは初めてです。
強風の中ヨタヨタ降りてきて、接地と同時にフルパワー!
あれ?今、着陸だったよね?と見る間に再度上がって行きました。
15分後に着陸。ついでに砂霧のためか、A滑走路の着陸が多かった様な。


KLM Asia B744
IMG_5413.jpg
昨夜買った航空ファンにはB73で来てるって書いてたのに・・・
Asiaで埋め合わせじゃ足りないやい(・ω・`)←まだ言う。


デルタ B772ER
IMG_5466.jpg
1400位から雨もパラパラ・・・
正面に-200ERが来たので広角で撮影。
短くてマッシブな200型にもレイクドウイングチップはカッコイイですね。
まあ、要するに何につけてもカッコよくなるのだが。


ガルフストリーム G-IV
IMG_5544.jpg
オクラホマ州の登録で共有機だそうです。
その共有というのはTenancy in commonなのか Joint tenancyなのか、それが問題だ。
前者なら所有者の一人と仲良くなって所有権を譲渡してもらえばワタシも晴れて飛行機オーナに
 自分で努力して買うわ ⊃(´・ω・)⊇⊃)Д`)グエァ
おっといけない、安易に走るところだった。


ウラジオストックのツポレフがあと1時間で離陸でしたが
北風離陸だと滑走路上しか撮れないし土砂降りになってきた、
あとAKBショッピングもしたかったのでここで撤収。
ツポレフは新潟(意外と近い)で撮ることにします。

う~ん旅客機は事前情報がリア充だっただけに期待ハズレでがっかり。特にKLMとVNな(○ω○)。
鶴丸やB6Wや桜など、綺麗に取り直せたのが多かったですね。

「旅客機」というのは、貨物機が凄かったから。
というわけで次回、貨物機編に続きます。

1105成田空港 -風の色が変わる 前夜-

 こんばんわ、REMCATですぅ。

グアム帰りが土曜だったので成田近辺に1泊して日曜に撮影してきましたYO~!
ストーリー(とワタシの眠気)の都合で3話構成、
今回はグアム出発前と土曜の夜撮のお話です。


チャイナエアライン B738
IMG_3669.jpg
まずはエアライン的俺の嫁、チャイナエアライン。
あれ?こんな小型機材やったっけ?確かこの時間帯はB4が泊っていたと思ったが。

ときに今回の震災について台湾から頂いた義援金は「市民による義援金」としては1位だったそうですね。
別に義援の心に金額で1位も2位もなくありがたいのですが、
こんな貢献をしてくれた中華民国には感謝ですね。
台湾エアショー行きたいよう(´・ω・)ノシ


JAL B763 “新鶴丸+観光桜”
IMG_3691.jpg
2タミサテライト側から。ローディングカーがどいたところで撮影。
早くも端切れラッキーです。


フィンエアー A343 “新塗装+ワンワールド”
IMG_3720.jpg
おおお落ち着け、こんなに驚異的に運がいい事なんてそうそうあるわけがw
ときに第2サテライトの屋上に有料特別展望台作ったら儲かると思うのですが。
1日500円・ノーフェンスでファシリティ充実・入場時に警備員が荷物チェックする。
無意味に検問やる人数いるならこっちに廻せばいい。


JAL B773ER “緑のたぬき エコジェット”
CIMG2964.jpg
航空法改正でタキシーアウトまではカメラを使える様になったとか。
一旦飛行機に入ると窓の外のレア機を撮りたくても撮れないという
ボンテージプレイに苦しんできた航空ファンにとっては朗報です。
 まぁ私はこれまでもコソコソ撮っ(自粛)


フィリピン航空 B773ER
CIMG2967.jpg
いつの間にかおめぇもB4・A3じゃなくなったんだなぁ。
それにしても手前の「中の人」がテラウラヤマシス。


JAL B772 “観光桜”
CIMG2968.jpg
B738の中から撮りましたが、見上げるアングルで中々の迫力。

さてタキシーアウト、ここからはUsing electronics is profibited by low ですので撮れません。
タイのスターラとスイスの怪塗装を泣く泣く見送りながらRW34R へ向かいます(TДT)。


   I~can~fly~again~



帰国しました。
サテライトから入国審査場に向かう途中、またも端切れの鬼が吠えた!

エアチャイナ A320 “紫牡丹”
IMG_4510.jpg
ちょうど1年前のこの便もこの色だった。
コイツ、待ちがいなく薄暮時を狙ってやがる!
出来れば朝の2便に来てほしいのですが。


ルフトハンザカーゴ MD-11F
IMG_4539.jpg
あら、こんな時間に来るとは珍しい。


ニュージーランド航空 B763w
IMG_4561.jpg
これまで見たB763wは ANA、デルタ、ニュージーランド、オーストリア。
燃費効果を期待できるなら次はカンタスとかに期待 m9(○ω○)ビシッ。

さて今日は22日、つまり昨日は月刊航空雑誌3誌が店頭に並ぶ、
いわゆる The Day of航空雑誌じゃまいか!
さっそく改造社書店で航空ファンを購入、
あとイカロス出版の『ヒコーキ写真テクニック2』も!

そして第2ターミナル北側で夜撮を開始・・・。

ベトナム航空 A321
IMG_4597.jpg
トーイングアウトされてトラクタの外れる時がチャンス。アンコリヒット!


香港航空 B738
IMG_4605.jpg
何気に珍しい様な、そうでもない様な。香港快運とはどう違うのだ?


 さてISO、シャッタ速度を調節して夜行性の“ヤツ”を待ちます・・・。

「アイボールMk1レーダー、コンタクト!」「“ヤツ”か?」「あぁ、間違いない」
「ISOフリー、メモリロードがパンクするまで撃ち続けろ!」

「11時方向、弾幕薄いぞ!何やってんの!!」「無理です、動きが速過ぎる!捉えきれません!」
「F2.8でもこれ程の苦戦するのか!ぐっ・・・、せめて一瞬、一瞬でも止まってくれれば・・・。」

「艦長!グラウンドクルーが!」「何?車で特攻だと?! 無茶だジーン、止めろ!」
「(GC) 悲しいけどこれ、撮影なのよね!」

「艦長、動きが止まりました!」「今だ!ISO800まで下げろ!撃てーー!!!」


エアニューギニ B763 “新塗装”
IMG_4783.jpg
なんだこのデタラメ脳内妄想ストーリーは・・・w。
ですがリアルハプニング、グラウンドカーがうっかり前を通過しようとしたので
エアニューギニがベストの位置で一時停止!これ幸いとISOを下げておいしく頂きました。

グラウンドカーは進むのと同じ速さでバック、
連射ショットを見返すと自動車がバックします(笑)。

「自らの危険を顧みず、航空ファンの撮影に貢献したグラウンドクルーに!敬礼!」
「マチルダさぁぁぁぁん!!!!」 まだやってるww。


 さてここで隣にいた同業ファンさんに話しかけてみましたらばろば。
ぬ、ぬぁんと∑∑(゜Д゜)!!
去年全く同じ日、同じ時刻にお会いしたファンさんだったではないですか!

 この方はワタシなんぞ足元にも及ばぬ大ファンさんで、
当時紹介して頂いたブログを見てワタシもブログ立上げに至ったですよ。
それ以来毎週の更新を眺めては「いいなぁ・・・」とため息の日々、
こうしてまたお会いできたのは嬉しい限りです!

今回も数々の撮影テクニックをご教示頂いたのですが、中でもすごいのが情報戦能力。
特別塗装機が今どこにいるかを把握しておられる様はまるで魔法の様で、
エアバンドもまともに使えない(←ぇ)ワタシとは雲泥の差。
大変勉強になりましたm(_ _)m



さてあとは夜行性のカンガルー2匹。

ジェットスター A333
IMG_4829.jpg

カンタス A333
IMG_4834.jpg

ジェットスターはケアンズ、カンタスはシドニー行き。
グループ会社ですが、ジェットスターの方が格安そうなイメージカラーですねw。

さて9時になってデッキも閉まるので撤収。
1時間ばかりの撮影でしたが、大ファン様ありがとうございましたm(_ _)m 。
またお会いしました節は宜しくお願い致しますっ!


今夜のお宿へバスで行くと、部屋番号は・・・。
CIMG3079.jpg
おぉ、今日乗った飛行機と同じ。なんだか嬉しい。


 さて次回、風の色が変わる(旅客機編)に続きます。

Today is ・・・


 今日6月5日は、ワタクシ REMCATの誕生日。
20代中盤から時間が経つのが急に速くなった様な。
でも落ち着いて考えれば意外と経ってもいない様な。

命は有限だから、それを使って何をしたいかを考える。
それはもう決めているのだから、実行を続けるだけだ。


  以下の写真は本文とは関係ありません(笑)

IMG_2326.jpg

IMG_2376.jpg




ナリータのお話の前に閑話休題でした。

大宮島 -I could fly again -

 さぁ、先発訓練生さんのセスナが戻ってきました!
アップで撮ると意外と迫力。

セスナ 172P
IMG_4034.jpg
セスナの主脚はそれ自体がサスペンションになっています。

ザ・コックピット
CIMG3067.jpg
機体の周りをぐるり一周してコクピットへ。
「ちゃんと固定されているか確認」ごっこをするためだけにAIM-9とパイロンが欲しかったのですが・・・。
そういえば英語研修のニックネームプレートに「マーべリック」と書くと
外人先生にやたら受けが良かったです。

手順は前回メモしたので覚えてる。
デアイサーを押して引いて、
スラローを3mm押して、
マスタースイッチを入れて、
キーをエンジンがかかるまで回す!

滑走路上にランナップ、3秒かけてエンジンをフルスロットル、
60ktで操縦稈を引く!

Yeaaaahhhhhhh!!!!!!! I CAN FLY AGAIN!!!

High Way to the Danger but Independent clear Zone!!



この日、時系列的には朝一で練習フライト、正午に遊覧フライトさせてもらって
空いた時間が前回の撮影タイムでした。
この時間割だと撮影タイムができて得した気分。

練習フライトは2G旋回、レイジー8、タッチ&ゴー。

2G旋回(スティープターン)は60°ロールして高度を変えずに旋回するのですが、
揚力方向が水平に対して60°傾斜するので水平飛行と同じ揚力を稼ぐには2倍の推力が必要です。
結果、2G。三角定規で検証できました。

なんというか・・・すっ、と頭と心臓が離れた様な感覚がして、それが怖いけど、とても楽しい。
そして左側に旋回するときは真横にこんな景色が広がります。

IMG_4056.jpg

海も空も、碧くて広くて素敵だなぁ。

レイジー8は位置エネルギーと運動エネルギーを交換しながら
立体8の字を描くのですが、途中重力まかせに降下するときは地面が迫って、
でもぶつからずに水平に戻るあたりが楽しい!
旋回前に方位を一瞬チェック、そこから目標方位への変針を一定の高度変化の間に行えばいい・・・のか?
言うは易し、行うは難し。まだ教官先生の指示点でハンドル回してるだけです。

まがいなりにも3次元機動しての感想は、
 動くだけでもこんなに難しいのに空中戦なんか出来るかい!です。


タッチ&ゴーは滑走路を一辺とした長方形の各地点で推力とフラップを調節、
今日は横風気味のなか3回着地しました。
よく言われますけど、確かに一番難しいかも・・・。
ちなみにコクピットから前を見るとこんな感じ。
IMG_4361.jpg

ダッシュボードと水平線で水平を決めます。


遊覧飛行はアンダーセン空軍基地 → アプラ港 → グアム空港 の順に飛行、
撮影時以外は操縦稈を持たせてもらう贅沢フライト。
お目当てがゴロゴロいました。


島の東側沿岸を飛んだので海と岸があおくてキレイ!
IMG_4040.jpg
IMG_4052.jpg
IMG_4055.jpg
IMG_4143.jpg


スコールを抜けて下を見ると・・・
IMG_4128.jpg
Over the RAINBOW!!
仕組みは知りませんが飛行機の周りに虹が出ました。


海兵隊御一行様 移転予定地
IMG_4139.jpg
現状空地。アンダーセンも是非お見せしたいのですが
B-52の駐機から掩待壕の位置までバッチリなので、当局にばれると
基地上空のフライト禁止、REMCATはCIAに消されるかもしれないので自粛です。


かわりに、傍目にもデカデカと見える艦船はOKと判断。
さぁ見的必撮、真珠湾攻撃の再来です!

補給船
IMG_4209.jpg
8時方向、補給船、1!
神の巨弾と天降る~爆撃 雷撃 急降下~!!


潜水艦
IMG_4310.jpg
名前は何やねん ⊃(´・ω・)⊇⊃)Д`)グエァ
     グェア(´Д(⊂⊆(・ω・`)⊂ 潜水艦が艦番書いてるワケねーだろ 
ヒレ付きで、平らな頭の形からオハイオ級だと思うのですが。

ときに米軍の潜水艦は全部原子力推進です。
つまり甲板上の人たちは原発から半径20m以内にはいるはず。
頭狂電力のアホトップには、この核管理能力の爪の垢でも煎じてガブ飲みさせたい。


DDG-106 ストックデイル
IMG_4336.jpg
イージス艦 キタ━━━m9(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━m9(゚∀゚)━━━!!
しかも2009年就役のフライトⅡA ヘリ格納庫付きのVLS96セル NON CIWSじゃな~いで~すか~!

1周旋回する間にEOS7D砲 約100発を叩きこんで複数アングルから
み~ご~と轟沈~した敵艦を~ブログへ写真で送りたい~っとぉ!
や、敵艦だなんてとんでもない、災害派遣では日本人として大変お世話になりましたm(_ _)m

大宮島飛行場跡
CIMG3071.jpg
旧日本軍の設営した飛行場だそうです。
緊急用となってはいますが土日にレース場になっているとか。

さてグアム空港上空へ。
離陸地点なので盲点ですが、こちらも最高の撮影スポット(移動するけど)。

ターミナル上空
IMG_4367.jpg
「ようこそグアムへ!」と書いてありますが、
旅客機に乗ってこの文字を読めるのはゴーアラウンドした時だけの様な気がゲフンゲフン。


エアパシフィック B727Fw
IMG_4400.jpg
B2 キタ━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━!!
しかも上空からのネ申アングル ヒィーーーハーーーーーー!!!!
幼少の頃に乗った事があるらしいのですが・・・
さっぱり覚えとらん(´・ω・)。


IMG_4419.jpg
マリアナのマグロ輸送貨物機だそうですが、カッコ良さのチューンナップにも抜かりがありません。
ナローボディのリアマウントエンジンx3テールヘビーセッティングで元々素性が良かったところに
カッコ良さ3割増し魔法アイテム「ウイングレット」でシャープさに磨きをかけています。
これならF-86なしで音速を超えら(問題発言自粛)。

ユナイテッド B764
IMG_4435.jpg
胴体延長&レイクドウイングチップ・・・これでB6?
あれ?するとB6ってウイングレットが2種類。これって旅客機初じゃね?

 このあと場周旋回してランディング、楽しかった!!
地上に立って空を見て思う事は、「また飛びたいな」。

空を飛ぶのは危険かもしれない。飛ばないのに比べれば。
でもそれが満足のいく命の使い方なら、別に構わないと思ってる。
命の灯は必ず消えるものだから、それが空でなら、満足さ。

でもまだ隣の教官先生に頼らないと離陸もできない。
自分の意志と力で独立して一人で飛びたいよぅ(>ω<)ノシ!!


精算して、お礼を言って空港へ。
CIMG3076.jpg

南国リゾートなポスターとか垂れ幕とか。
CIMG3078.jpg

帰りもB3
IMG_4465.jpg

帰りは映画観賞。『フォックスと呼ばれた男』と迷ったのですが、『明日のジョー』をチョイス。
「立て!立つんだ、ジョォオオオオ!!」「終った、なにもかも・・・」「燃え尽きたよ、真っ白に・・・」
名台詞の元ネタに(・∀・)ニヤニヤ 。僭越ながら一応、武道経験者ですので。
でも最近運動不足。空虚重量が増加したのに推力が下がってはダメダメなので、改善します。

時々窓の外を撮る。
IMG_4476.jpg
機内電子機器の使用制限が若干緩和されたのでタキシング前とか窓の外をパチパチ。
するとCAさんに、「あのぅ、去年秋頃に台湾の松山便に搭乗なさいませんでしたか?」と聞かれたですよ。

残念ながら違ったんだけど、これはつまり、
去年秋の台湾エアショーに行ったファンに私に似た人がいたということだね(笑)。
台湾、香港、行きたいよぅ(´・ω・)ノシ

プレゼント
CIMG3087.jpg
行きと同様、雲上を滑るように飛ぶ白鳥の背中に乗る様なフライトでした。
降りるときにCAさんが私を呼びとめて、ぬぁんと∑(゜Д゜)!

こんなプレゼントを貰っちゃったですYO~!
メモには「楽しそうに撮影なさっていたので一筆」とありました。
CAさんの一人一人サービス配慮ができるのが小型機の魅力。

 うん、うんっ・・・、そっ、そうねっ!
これまで完全ANA派だったけど、JALも悪くないわねっ!
だからANAの時間の都合が合わないときはJALにしてあげてもいいかな~、なんて・・・

でっ、でも別にJALのこと大好きになったとか、そんなんじゃないんだからっ(><)ノシ!
勘違いしないでよねっ(><)ノシ!


 なんなのこのツンデレ。
次回、グアム帰りでそのまま撮影、
1105成田空港 -風の色が変わる- !


 シールは宝箱に大事にしまってあげたんだからっ(><)ノシ!

 大宮島 ― 空と海と猫 ―

 うひゃう、前回からちょっと間が空いてしまった。
そして変に寒い!コタツ布団復活ですw。
さて今回は5月に行ったグアムのお話を2話に分けてお話ししたいですよ。

 千葉交通のバスで成田へ。
相変わらず端切れラッキーでしたが(この強運はホンモノだと思う)その話はまた後で。
今回の飛行機は・・・こいつだ!

JAL B738
IMG_3731.jpg
かつてはリゾッチャのB4が飛んでいたと言います(しかもクラシックジャンボ)。
前回2月はB6だったのですが、震災の影響もあってでしょうか、しかしB3とは・・・。
タキシング中は路面の段差でガタガタ揺れました。
ちょっとぅ、タキシング中に撮え 自粛


IMG_3736.jpg
でもB3ニュージェネレーションは初めて(・∀・)ノシ!
う~んいいねぇ、この雲上を滑る白鳥の背中に乗る様な飛行。
これがニュージェネなんですねぇ。え?気流が安定してただけ?

半分寝て、半分は空を撮ってました。やっぱり空はいいなぁ。


ビーチで遊んでみた
CIMG3048.jpg

午後の遠浅でウロウロしてみました。沢山のいそのいきものに出会えました。


   警告! ここから先はプチグロ画像が含まれます!



ウニ
CIMG3054.jpg
メタルブラックに青筋が帯電してるみたい。
そして針が意外と固い。そこらじゅうにゴロゴロいました、この棘皮動物めが・・・。

ナマコ
CIMG3042.jpg
うえ゙ぇ、キモチ悪い・・・。この棘皮動物めが・・・。

ヒトデ
CIMG3063.jpg
青いヒトデ。こいつも至る所にいました、この棘皮動物が・・・。
ときにこのポーズ、陰陽師の「レッツゴー!」のポーズに見えてワロタwww。


南海の決闘
CIMG3045.jpg
ひぃぃ、見てる方が痛いww。棘皮動物の血(ないけど)で血を洗う死闘です。
傍目にはスローすぎて実感がわきませんが、青が追うもの、針が追われるものです。
厳しい自然の摂理。
ヒトデ「逃げられないよウニ、しっかり押さえて・・・」
ウニ 「こっ、このヒトデなし!!」


カニ
CIMG3066.jpg
岩場に完全に溶け込んでますね。この甲殻動物めが・・・。


サルガッソー
CIMG3057.jpg
木造船はこんな海域に迷い込んで、自分も腐ってサルガッソーの一部になったそうです。
ガクガク((゜Д゜))ブルブル、実は幽霊船とかUFOの話は大好き。

空と海
IMG_3770.jpg
青い、いや碧い。戦争中に南方に行った飛行兵の方も南方の空は碧かったと言ってたとか。
ときに蒼い、は白みがかった青色のことだそうですね。蒼白、とか。

夕焼け
IMG_3760.jpg
太陽が雲のすぐ後ろにある様に見える。でも本当は遥か向こう、150百万km先。
宇宙とか自然とか、大きすぎて素敵。

昼と夜の汽水域
IMG_3782.jpg
飛行機の型式派には辛い、しかし情景派には嬉しい時間帯

IMG_3794.jpg
古代の人は自然を4色で表現してたそうです。
即ち、青い、赤い、白い、黒い。だからこの4色だけ「色」なしで形容詞でしょ?
にしてもこんな広くて碧い空と海を見ていると、真言宗に入門したくなっちゃいますね(違)。
でもウチの祖廟は高野山。


    そして夜が明けた。

8時にフライトスクールの先生にピックアップしてもらって、いざ空港反対側へ。
検問で目の前をコンチB3のスターラがぁあ・・・。

飛行機の準備ができるまでハンガーでプラプラしてOKでしたので、カメラを持って格納庫へ。
うひゃう、外気湿度でレンズが曇った!

しばらく待ってからハンガー内をパチリ

IMG_3969.jpg
あぁ、いいなぁこの空間。いるだけで楽しくなってきます、
まさにクレイドル・ザ・スカイ。

SOMETHING WRONG
IMG_3856.jpg
英語で言えばいいってもんじゃねぇんだよ ⊃(´・ω・)⊇⊃)Д`)グエァ 
いやでもホントに判らんし!だが銘板がついていた。これで身元も割れるってもんだヘヘッ。

IMG_3955.jpg
IAI製、SN 360。・・・・・(´・ω・)???  SN360なんだよ!
これでインドネシアとかマレーシアに行くと嫌がられるそうです、そりゃそうだ。

ガルフストリーム G-V
IMG_3868.jpg
ビズジェットだそうです。ネット便利だよぅ!
展望デッキで見るとハエみたいな大きさ(笑)ですが、間近で見ると巨大!
そして62億円するそうです。高級外車を620万円として、その1000倍です。

ノーズアートガール
IMG_3888.jpg
重整備しているヘリに描かれてました。
セクシーガールは大戦中の爆撃機が有名ですが、本物をみるのは初めて。

フライトライン
CIMG3069.jpg
手前がパイパー、奥の2機がセスナ。なんだかトンボみたい。

遠近感が
IMG_3914.jpg
デルタのB5が離陸。ちょっと!遠近感おかしいよw!

デルタ B752
IMG_3917.jpg
機材がレアかどうかはともかく、珍しい所で撮れる事に意義がある(?)

フリーダムエア PA-31
IMG_3935.jpg
マリアナ諸島のローカル航空会社、フリーダムエア。
機材もショートやらパイパーやら日本では見れない機材です。

フライグアム B734
IMG_3984.jpg
端切れラッキー炸裂ぅ!
教官先生曰く、
「香港資本で1日1周香港―サイパン―グアムを結んでいるけどすぐ潰れそう。
きっと幻のエアラインになるね」 だそうです。
エプロンの端っこにいて格納庫から撮れなかったのですが、向こうから来てくれました(^^)!

ユナイテッド ATR-42
IMG_4014.jpg
コンチネンタルミクロネシアですが、早くもユナイテッド化されてます。
デルタの時もそうでしたがコーポレートイメージのためでしょうか、スサマジイ勢いで塗り替えてますね。
まぁコンチはタイトルロゴ変えるだけですけど・・・。

再び教官先生曰く、「真の誰得はミクロネシア航空のパイロットだね。
  アイランド路線から一気に世界一のエアラインのパイロットですよ」

・・・確かに。

整備中
IMG_3949.jpg
ハンガー内を不審な東洋人がウロウロしてるのに、全く意に介さずラジオミュージックをかけて整備。
こんなところがアメリカンでGood!

おっと、パイパー君が入ってきました。
IMG_3950.jpg

車輪が収納できるチョットいい機材。
Additional Feeが発生するので乗った事はないのですが・・・いいなぁ。
IMG_3973.jpg


青い翼端に格納庫が写りこみます。
IMG_3958.jpg


南国アイランド風景
IMG_4009.jpg
マターリ時間の流れるひと時。忙中閑あり。
え?オマエは閑中忙ありだろってww?

む!先発訓練生さんの乗ったセスナが帰ってきました!
ここからはRF-4になったつもりで偵察機材をセット、
次回 I can fly again、お楽しみに!
プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR