小松基地 -あの日胸に灯った永遠の炎-

 少し今昔話をさせてください。
なぜ今昔なのかというと、昔から今に続いている話だから。
別に自分のブログでパーミッションもオーソライズも要らんと思うけど。

 REMCATは3年前、1年間だけ小松市に住んでいました(08年6月~09年5月)。
その1年間は短かったが、それが今でも自分の原動力になっているという話です。
私はそこで人生の先生に出会えたから。


 居住区から自転車で15分間全力ダッシュ(道交法は危険のない程度に無視)すると、
そこにはいつも空と文明があった。

初めて見た小松基地の景色
IMG_9157.jpg
小さい飛行機がふわっと浮かんで真っ直ぐに自分に向かってきた。

頭上通過
IMG_0889.jpg
予想してなかった轟音で脚がよろけて、撮影できなかった(笑)。

爆音
IMG_9169.jpg
旅客機の綿で包んだような大人しいエンジン音でなく、
空気を震わせ、割る様な音。


夕方のアフターバーナー
IMG_02f53.jpg
昼が長い季節は定時で脱出、やっぱり猛ダッシュで展望台から。
KISS X(初代)で夢中で撮ってた。

スクランブル
IMG_9843.jpg
一度だけスクランブルで上がるのを見た。
戻ってきたところをフェンス越しに撮影。
あなたたちが戦ってくれるおかげで平和に暮らせる、本当にありがとうございます。


4月半ば。1年前から決まってた左遷が通知された。
そうか、1年前から潰す予定だったグループに新卒配属したわけか。


正眼
IMG_4218.jpg
基地見学。小松基地エプロン撮影のベストスポット(当たり前やw)。


当時は世の中リーマンショックでひたすら経費節減、職場はひたすら休めと言う。
なるほど、私は会社来るより休んだ方がマシってこったな。上等だ、休んでやんよ。


フレネル反射
IMG_4466 - コピー
軍用機は艶消し塗装だが、ある角度だけ「ギラリ」と光る。
半逆光でよく観察できた。

フレネル反射 その2
IMG_4837.jpg
自衛隊機特有のパネルライン塗り直し。
塗った直後はツヤがあるのか、そこだけ一際ギラリ。

リボンベイパー
IMG_4516.jpg
何機か離陸すると、必ず1機はやんちゃして凄い角度で切り込んでくる。
小松の湿度は高いので長いリボンに。


実は私もこの頃には、会社に来るのは時間の無駄だと思い始めた(入社1年経ってねぇw)。
責任転嫁・責任放棄は当たり前、信じられぬ者には本心から仕えられません。
仕事は作業、冷静粛々淡々と「処理」して生活費を確保すれば目的達成です。


303飛行隊
IMG_3491.jpg
ファイティングドラゴンズ。リアルなドラゴンのマークがカッコいい。
しかしハセガワ72の定番デカールは30年前の部隊マークでなぁ・・・(埴輪とかw)。

306飛行隊
IMG_5468.jpg
ゴールデンイーグルス。県鳥イヌワシがモチーフ。
ハセガワのデカールはなぜか小松基地に縁遠くてなぁ・・・(簡単な形だから手描きやな)。


会社は時間と賃金の交換をするところで構わん。
だが「仕事」は自分に属している。命を使ってやることがあるはずだ。
空と飛行機とたまに手を振るパイロットを見て、空と文明に自分の命を使いたくなった。



F-15J
IMG_1066.jpg
ナポレオン=ヒルの著書の一節にこんなフレーズがあった。
「ライト兄弟は空を自由に飛ぶ機械を造りたいと考えた。
それが夢物語でなかった事は、こんにち空を見上げれば明らかである。」

飛行機は人類の進歩、前進、向上を最も端的に顕わしていると思う。
万里の長城は月面から見える唯一の人工物だが、建機など必要ではなかった。
新幹線がなくとも東京~大阪間は移動できたし、
工作機械は効率が良いがそれ以上の精巧な芸術作品を人間は造れる。
だが鳥の様に空を飛ぶことは、人間には無理だ。
それを実現した事はそれまでの発明と全く異質の、いわば人類の進化である。

306飛行隊 “09年戦競 優勝”
IMG_4923.jpg
高い意志、強い精神力で国防と言う仕事に命を使う人たち。
それを見て、自分も命を使って生きたいと考え始めた。

303飛行隊 “09年戦競”
IMG_5003_20111227210322.jpg
この人たちと同じくらい命を使って生きているという自信が持てる様になりたい。
ならば、空と文明への挑戦に自分の命を使おう。


命は私のものだ。そして私は空と文明への挑戦を決めた。
信義に悖る輩との労務契約など、生活費を出すならその他に相手にする価値などない。
契約という概念を尊重する姿勢から、割当てられる作業は必ず殲滅しよう。8時間以内に。
その後左遷は一度ならず二度あったが、先生に会うため小松航空祭は翌二年も行った。


荒鷲の巣
IMG_1833.jpg
10月初旬にタンク落下事件で小松は航空祭もフライトも禁止。
同じころ自分の挑戦で苦戦していたのでどのみち航空祭には行けなかったけど、
先生が飛べないのはとても残念だったし心配した。

3カ月経って、今日最初の関門を突破できた。
小松基地という先生に会っていなければこんな成果は達成できなかっただろう。
ありがとうございました。

ぜひ早く、また飛べる様になってください。


スポンサーサイト

1112NRT - 成田電子戦 -

 The day of 航空雑誌発売日の雑誌でF-35採用の発表が軒並みフライングワロタww。
さすが飛行機だけにフライング、飛んでますねぇ。

さて友人Y氏宅を0530にお暇、今回もありがとうY氏。ホント感謝してるよ。
積んであるガンプラを代行作成してほしいときはいつでもどうぞ。

 成田に着くと今回は1タミ展望デッキ貼り付きで撮影開始。
エアバンドを着けてみると、今日はなんだか感度良好!
状況が手に取るようにわかる、こりゃ~AWACSある方が勝つわ!

スカイマーク B738
IMG_2863.jpg
ぬおっと、いきなりスカイマーク!羽田の機体が何故?!
な~んて、事前に情報収集済みです。確かに成田空港を「千葉空港」として使う発想はいいかも。
攻めの姿勢なのに何故か株価が下がったA380導入も、実は深謀遠慮があるのでは?

キャセイカーゴ B748
IMG_2884.jpg
定期貨物便のキャセイカーゴ。あれ?ウイングレットが無い・・・。
今日はクラシックカーゴなんでしょうか。しかもエンジンの縁がギザギザに欠けてる。
やっぱ酷使されてんだなぁ。なんだか長く見えるのは錯覚か・・・?
な~んて、事前に情報収集済みです。B8に隠れて影が薄い新型ジャンボジェット。
我が心のふるさと小松空港のカーゴルクスにもそのうち来るに違いない。

NCA B744F “アポロ”
IMG_3168.jpg
名前がついてると集めるのが楽しい。
はやくB748回ってこないかな。

NCA B744F “アリエス”
IMG_2956.jpg
発注中の2機は「アルテミス」と「ポカリスエット」・・・
じゃなかった「アクエリアス」だそうです。そういえばNCAって特別塗装しないね。

ANA A320 “がんばろう日本”
IMG_2994.jpg
日本ガンバ塗装CMPL KTKR!
前日の羽田では一時は4機同時にA320がいるのに発見できませんでしたが、
成田でノコノコ前を歩いてたので捕まりました^^。

ずもっ
IMG_2902.jpg
なんだこの巨大な物体は・・・。
片面巡行なのでコントラストも相まって迫力です。

KAL A380
IMG_2913.jpg
でかっ!到着したルフトハンザと一緒に写してみました。
ところで、この機体で日本の領空侵犯した上に日本の領土上空で展示飛行したとか。
ソ連に2回撃墜されてるのに懲りねぇな。

細部観測
IMG_3007.jpg
アンコリが2つ?そしてアンテナは(他の機種もそうですが)一部はオフセットされてますね。

富士とナリ~タ
IMG_3018.jpg
NARITA の文字をバックにトーイング。
うっすら富士山が判るでしょうか?この週末はいい天気でした。

離陸
IMG_3057.jpg
近距離便なのでA380らしからぬショートテイクオフ。
竹島と日本海は譲らないが、沿岸警備隊vs中国漁船の件では応援してるぞよ。

フィリピン航空 B773ER “70周年”
IMG_3099.jpg
フィリピン航空にしては珍しいスペシャルマーキング、70周年。
香港でA320も撮ってニコニコです。
但し字が細いし銀色なのでわかりづらい・・・。

フィリピン航空 A333 “70周年”
IMG_3617.jpg
午後になってもう1機離陸。なんだフィリピンか・・・と思ったが、
念のためと思ってカメラを向けるとこっちも70周年!
だがひょっとして、全機に貼ってます?

日本航空 B763ER “新鶴丸+観光桜”
IMG_3100.jpg
飛ぶところは今回が初めて。
JALのマークは胴体後ろなので、飛行機のカッコイイ構図だとキレイに写らない・・・。

ベトナム航空 A332 “空組”
IMG_3162.jpg
よく出会うスカイチーム塗装一位。
一世界・星間同盟軍合わせても外資は1回限りなのに、コイツはもう3回見てます。
ときに俺の嫁ことチャイナエアラインが空組加盟だそうで・・・。
するとスカイマークにでも空組に入ってもらわないとマイレージ使えないなぁ。

ヴァージンアトランティック A346
IMG_3212.jpg
名前も機材も長い。
今日は背景に使われることの多いルフトハンザもA346です。
そういや我がふるさと関西空港のルフトハンザはB4になったそうで、実に嬉しい。

エティハド A345
IMG_3418.jpg
初見(゜∀゜)キター!
いやぁ、これまでB滑走路に着いて1タミの見えない所に泊ってたので、
キレイに撮れたのは初めてです。
年末の帰宅時にセントレアでA330も撮りたいのですが、考え中。

 この日は富士山が見える位の快晴だったのですが、
午後になるとそれがアダになってきまして・・・理想的な逆光状態に悩まされました。
ちょうど正面に太陽が来るので良好な角度は全て真っ黒、どないせぇと!

イースタージェット B737
IMG_3467.jpg
ウイングレットが無かったり眉毛がついてたりと旧型っぽいですが、700型だそうです。
脚を格納したクリアな形態。

東方征服航空 A320
IMG_3542.jpg
人工衛星が「ボストーク」だから、「ウラジ」が東?
ちゅぽれふたんはどうした ちゅぽれふたんはぁ?!

エアプサン A321
IMG_3606.jpg
A320は関空でも見たけどA321は珍しい。

さてこの辺で今日の特別塗装機はオワコンな雰囲気が漂ってきたのですが・・・。
しかし1日1便の航空会社はともかく、アジアの複数便ある会社は油断できない。
そこで師匠の大ファンK氏から以前教えて頂いた秘密のサイトに接続。
さらにレジナンバを他のサイトで検索。
「スマホよスマホ、教えておくれ。B-2059はどこにいるの?」
                      >>スマホ「アンタのすぐ近くだよ。」

ぬ、ぬぁんと∑(゜Д゜)!!B滑走路に降りて、そろそろ出発?!
さらにエアバンドで「クリアード フォー テイクオフ」の傍受!

EWACS to CAT-1, Boggy 1, 9 O'clock, Blue Phoenix!!
Immidiately stand by, intercept!

エアチャイナ B772 “青鳳凰”
IMG_3643.jpg
キタ━━━m9(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━m9(゚∀゚)━━━ビシィィィィィ!!
背景真っ白やんけとか、細かい事はまぁ置いといて。
9か月前に関空でハイレートクライムされてから2度目の再会、今回もハイレートでした。

IMG_3671.jpg
背景真っ白とか、細けぇこたぁいいんだよ!
それに桜の山だと腹しか見えないし丘だと陽炎が・・・。
するとあそこかあそこだろうけど、リスク高いなぁ。

 タイフーンで来れたら巡航側にもすぐ行けるのですが、
すると都内に行けないので考えものです。土日に成田して月曜に百里に行けば良いのか?
でもなぁ、帰りの夜道の高速がコワイ・・・。絶対眠いだろうし・・・。

ANA B773ER “トリプルセブン”
IMG_3699.jpg
少し前から探していたJA777Aを発見!
鳳凰離陸と同時に前を横切る同時攻撃を仕掛けてくれましたが、
わずかの差で両方捕獲っ!


 というわけで久しぶりの成田も大収穫!
それにしても寒かった、羽田で買った あったかマフラーが大活躍でした。

さて次回予告、がんばろう日本私的応援企画“東北の空港AGEAGE祭第一弾”です!
次回更新・・・できたらいいなぁ。

1112HND -That's Urban Airport-

 航空自衛隊2020年の翼は・・・F-35だっ!
いやぁようやく決まりましたね。
下手の考え休むに似たりで、どの道F-35になったんじゃねぇの?という気もしますが(笑)。

ま、なにはともあれF-4の代替は決まったので、
次は昨今プラモデルよろしく部品が外れるF-15の代替機の選定だ。
あと海上自衛隊も空母飛行隊を創設、F-35Bをだね!


 さて前振りはさておき、週末土曜は羽田へ。
流刑地は雹混じりで汚かったが、栃木まで来ると抜群快晴!
Appreciate to happy wether!

小山で鈍行に乗り継ぎその間は読書タイム。う~ん、サドって誤解されてる気がする。
真っ直ぐ読んでも歪んだ目で読んでも面白い・・・(・∀・)。


 今回はJALにお目当てが多かったので1タミに行こうと思ったのですが、
友人N氏が北海道に行くため丁度羽田に同時刻にいると偶然聞き、
お見送り撮影のため2タミへ。

出発までしばらく他の機体を撮影します。

Ready to deperture
IMG_2024.jpg
北風の捻りを撮りたいと思ってシグマ500mmを持ちだしましたが、重い!
等倍で撮って拡大しても、この圧縮効果は得られません。

The professionals
IMG_2025.jpg
タキシングしてきたB7の機首をアップで。
まるで戦闘機パイロットの様な眼光。
職場は違えど人命を守るプライドが自然と眼付きに顕れます。

ANA B773 “頑張ろう日本”
IMG_2052.jpg
9月に2日連続で来たときは遭遇できなかったのですが、
機番を調べるとJA751A。なんだ伊丹-羽田の常連さんじゃないですか、ごきげんよう。
この日もう1回出会いました。

ANA B772 “観光桜”
IMG_2072.jpg
撮った事はあるけど、テイクオフの引き起こしが良い角度だったので。
B72カコイイ(^∀^)!!

The cockpit
IMG_2099.jpg
B4どアップ。思えばこの小さな空間で人2人が巨大な空の船を操縦する・・・。
飛行機って魔法で飛んでんじゃね?

 飛行機の飛ぶ原理は実は解っていないと言われるが、
その実は、民主主義の精神力で飛んでいるのです。
乗客は普通、「飛行機やんけ。落ちるわけあらへん(´~`)」と思っている。
しかしたまには、「なんで金属の塊が飛んでんの?ありえんありえん(・ω・`)」と思うでしょう?
この飛行否定派がごく稀に、瞬間的に多数派になると、
その否定の脳内神経電気信号がFBWを介して舵面を狂わせます。
そう、飛行機を飛ばすのは人類の、人類による、人類の為の、未来への希望と意志。
共産圏や途上国でよく事故るのは、政府や機械への不信が根強いからです。

名づけてFly By Democratic power(FBD)。
この研究をさっそくWikipediaで発表しよう、おっと独自研究はダメなのか残念。

Bombardier Global 5000
IMG_2122.jpg
フロリダのプライベートジェット。


エアドゥ B763
IMG_2136.jpg
おっと友人N氏の乗るエアドゥが離陸!
乗ってるのが判る様に主翼の上でシェイクヘッドしといてって言ったのですが・・・(笑)。


 ここでお見送りも済んだので、JAL側へ移動。
一見良好になったようで実は改悪された展望デッキへ向かいます。
CIMG3482.jpg
正面のスポットが足元ビル陰に入って見えないとかフェンスの外側にアンテナを等間隔に並べるとか
てすりを変に手前に屈曲させるとか。
フェンスをワイヤにすると言う事は、何が改善かを理解しているはず。
つまりこの改悪はわかってやってるとしか思えない。

JAL B772 “怪物君”
IMG_2191.jpg
最近出たニューカラー。俳優がアラシと同じだそうで、女性陣が詰めかけます。

JAL B772 “嵐ジェット”
IMG_2215.jpg
前回はタキシングを狙って(?)土砂降りになったので、クリアな撮影は今回が初めて。
誰がシールになっても、シールが貼られたという事実に意義がある。

JAL B773 “エコジェット2”
IMG_2295.jpg
最近お色直ししたエコジェット。
それにしてもJAL、株式会社に復帰して青息吐息のはずですが、
結構なペースで鶴丸にしてますね。
ま、整備で全部塗り直すなら費用は同じなんでしょうけど。

JTA B734 “うちな~の翼”
IMG_2326.jpg
JALだけど那覇ベースなので何気に撮りづらいJTA。
新色もイイじゃない。マブヤー4は来ませんでした、残念。

 JALの新色4機連続アップ・・・。
べっ、別にJALのこと好きになったとかそんなんじゃ以下ry(グアムの記事参照)!
勘違いしないでよねっ(><)ノシ!!


上海航空 B752
IMG_2339.jpg
日本で見られるB5はほとんどデルタ。上海航空はたまにB6とチェンジします。


で、そろそろさっき着陸したB8が動きそうだったので2タミに向かいます。


Cessna 560 Citation Encore アカヒ 朝日新聞
IMG_2357.jpg
あれ?朝日なのに右に旋回してったぞ?
家では日経と朝日を取ってるのですが、淡々と経済を語る日経に比べて
主張がはっきりしている朝日はエンターテイメントとして見ると面白いですね。
なぜ反戦派なのにそんなに空母とか戦闘機の名前に詳しいんだとか・・・(笑)。

ANA B763 “デカール”
IMG_2359.jpg
何機かのB6に貼られてました。何の50周年なのかは小さくて不明。
もっと堂々と貼りなさい堂々と!

空種 B734
IMG_2364.jpg
そういえば機体下面にきょうび流行りのロゴなんですよね。
来年夏に京浜島で見れないかなぁ。

Urban View
IMG_2378.jpg
帝都防空の要、電磁要塞砲“スカイツリー”がいよいよオンステージ。
ときにこの日は富士山が見える程の快晴でしたが、地表の空気は汚いのね・・・。
明らかに色が違う。

ANA B787 “弐号機”
IMG_2389.jpg

先月ロースピードローバスを決めてくれた2号機。
この塗装カコイイ!全機これにしちゃおうぜ。
B6と並ぶと30年の差が如実に・・・わかりませんねw。
基本は同じ形で細部が洗練された気はしますが。
そして30年後にはB6同様、「ちっ、またB8かよ」とか言われるのだろうか。
そう考えると、いま歴史の瞬間に立ち会っているんだなぁ。

なんかおしゃれなFurnitures
CIMG3490.jpg
いつのまにかおしゃれなガーデンインテリアが沢山並んでますね。

 さてここで少し羽田ショッピング、羽田は1タミの方が品揃えが充実しています。
なんだか今日は忙しいなぁ。
ブックス富士で写真集、JALUXでグッズを買って、
それとユニクロで冬季装備にマフラーと手袋を買いました。
CIMG0035.jpg
このマフラーがフワフワで超快適なんですよぉ(´Д`)。
服装をちゃんと直して航空神社に参拝、Mission Accomplished!

デッキに上がるとビズジェット発見。

Bombardier BD-700
IMG_2409.jpg
・・・?逆噴射しながら前進してます。逆ムーンウォークですかね(笑)。

 ここでこの日の朝にお知り合いになった飛行機ファンさんと合流、B8の壱号機を見にまた2タミへ。
この日はまさに騎兵の機動力で1タミ2タミを往復しました。
騎兵で思い出したけど、『坂の上の雲』の3期デカールまだ?

夕暮れ湾岸風景
IMG_2416.jpg
2タミは背景が空と海とランドマークで撮影しやすいですね。

 この後国際線で少し夜撮、月食があると聞いたので友人宅に向かいました。
久しぶりの羽田は飛行機もショッピングもまさに首都空港、大満足でした!
いや、出自は都会人なんですけどね。

 というわけで日曜のナリータに続くのだっ!

1112 皆既月食 

 こんばんわ、REMCATです。
週末はHND→NRTの弾丸ツアー、今回も豊作でしたv(^~^)v!
羽田でANAの卓上カレンダと飛行機グッズとふわふわのマフラーと手袋も買えて幸せ。
ま、その話はさておいて。

 土曜に羽田国際線で撮影していると皆既月蝕が今夜起こると聞いたので、
友人Y氏宅行ってガンダムユニコーン第4話を見せてもらいながら時間を待ちました。
呑んで外に出ると、うをさみぃ!
羽田で使おうと思って結局使わなかったシグマ500で直上の月を狙います。

21:45くらい
IMG_2703 - コピー
ISO6400ですが、肉眼では黒い所は陰になっていました。

23:00くらい
IMG_2817 - コピー
右下の白い所が輝いており、赤い所は実際にはもっと暗い赤でした。


その後
IMG_2751 - コピー
ネオジオンが地球にぶつけるために運び去りました(笑)。
ではなく、F5.6で真夜中に直上狙いだったので、ブレにブレました。
屋上行って扉にカメラを押しつけて固定しようとしましたが、シャッターの反動でブレる。
夜撮は三脚とレリーズがないとしんどいみたいですねぇ・・・両方持ってないですけど。

 前にも書きましたが、高い所、広い所に行くと
観念のブレークスルーが起こってニュータイプになれるに違いない。
夜の天体観測は遠い星という客体を見る事で主体である自分を相対化し、
観念を広げてくれる気がしました。また見たいな。

1108香港遠征 - 炎の3日間 3日目 -

 久しぶりの更新、
今回はいよいよ炎の三日間戦争の最終局面、「帰国日の中の人」作戦です。
それにしてもあの大遠征から早4ヶ月、最近時間が経つのが極めて速い様な気が。
「時門」が欲しいですね。

 さて3日目は同行者のお買い物時間のため、午前中はフェリーに乗ったり。
で、空港に来ましたですよ。
超音速でチェックインをしてターミナル内セントラルドグマに突入、撮影開始です。


ジェットエアウェイズ A332
IMG_1679.jpg
香港で予定調和的に撮れるエアライン。でも嬉しい^^。
ときに「エア~」って、英語と日本語でaero と えあ(e a)が逆で迷いません?
中国語の「有(you)」と「ゆう(yuu)」も然り。


チャイナエアライン A333 “SWEET”
IMG_1690.jpg
Y字型のターミナルの真ん中辺りまで来て横を見ると、
なんと俺の嫁の特別塗装機がっ!
胡蝶蘭は消えたそうですが、こちらは現役。
展望デッキのお土産コーナーで200模型をゲット。


ユナイテッド B744 “星間同盟軍”
IMG_1698.jpg
いつも思うけど、私の端切れラッキーはもはや神憑りレベル・・・
レア機を撮りたい人は、私が飛行機に乗るときに空港へどうぞ(笑)。


B4 VS B4
IMG_1702.jpg
Y字の真ん中でシンメトリ。
どっちも複数回乗った事があるお気に入りエアラインです。

 さてY字の右側にレア機を見つけたのでそちらに行くと・・・
うわおいこらまてなにすんだ!


キャセイパシフィック A343 “一世界”
IMG_1708.jpg
昨日のチャイナエアラインA343に続いて、ブルータスお前もか!
写りこみの表示とベクトルは反対ですがスカラーは同じですね。
あ、つまり向いてる方向は逆だけど全力ダッシュで逃げてる、ってことね。


ドラゴン航空 A333 “ドラゴン1”
IMG_1718.jpg
あーたは昨日も一昨日もキレイに撮れたからもうええんじゃと!
ドラゴン2を呼べ、ドラゴン2を!(←なんつ~贅沢w)


エアモーリシャス A332
IMG_1742.jpg
あ、さっきのレア機ってのはこれです。
帰国後聞くと、A343の方が多くてこっちはレアなんだとか。

 
 これを撮った後はY字の反対側の先端で離陸を撮ることに。
さらっと書いてますが、1km歩きました(笑)。

この日は前2日と違って東側に向けて離陸、南側滑走路を離陸に使っていたので
離陸のタキシング・ターミナル南側へのタキシング・貨物へのタキシング・離陸が撮れました。
気分はそう、葉の下で口あけてカエルの卵を待つイモリ状態(・∀・)。


チャイナエアライン B738 “50周年”
IMG_1819.jpg
チャイナエアライン、一体いつまで50周年気分なんでしょう。いいぞもっとやれ(笑)。


エミレーツスカイカーゴ B744F
IMG_1869.jpg
だが貨物エリアはっ・・・厳しいっ・・・写りこみっ・・・陽炎っ・・・ざわ・・ざわ・・


プライベート G550
IMG_1947.jpg
持ち主不明のガルフストリーム。
B3やA318だと大きすぎる、やはり飛行機はこれ位のが欲しい。


キャセイパシフィック A333 “100機目記念塗装”
IMG_1994.jpg
香港のお目当てが(・∀・)キター!!!
最近、胴体の白を後部で下げてカラーにするのが流行りなんでしょうか。
タイ航空とかANAのB8とか。
単純に尾翼だけ塗るよりもカラフル、
それに尾翼と併せてカラー部分が三角形を描くのがいいですね。


ブルネイ航空 B772
IMG_2135.jpg
昨日とはうって変わって大型機。
下半分を塗装、しかも黄色というのも珍しい。


B4の雄姿
IMG_2155.jpg
キャセイB4の離陸をアップで。
東向き離陸ではほとんどの機体がY字先端より手前でギアアップしたので、
展望台だと腹しか見えないでしょう。


エアブリッジカーゴ B744F
IMG_2169.jpg
昔セントレアで一度見た。それだけ。
それにしても凄い着陸頻度、いつも後ろに後続の着陸機がいます。羽田並ですね。


シンガポールカーゴ B744F
IMG_2213.jpg
何気に手前のトラックがカラーコラボして・・・ないな、やっぱり。


ANA B763 “星間同盟軍”
IMG_2239.jpg
遠くにスターラをタリーホー!一気にテンション急上昇!
近くに来るとANA!一気にテンション元通り。
香港まで来て2日連続で同じ事すんじゃねぇ⊃(´・ω・)⊇⊃)Д`)グェア


 さてこの辺で帰りの便の近くに行った方が良いと判断、
なんせチェックイン時に不明だったゲートが、確認するとY字の右端だったもんで(笑)。
そこでいつか来た道を1km戻ります。歴史は繰り返されるもの、
人は歴史から「人は歴史から何も学ばない」事しか学べないのだなぁ。
イミフな脱線は当ブログのデフォ以下ry。

 帰り掛けの駄賃に駐機中の飛行機を広角で撮影します。
香港空港に代表される大きく開放的な窓ガラス越しに駐機中の飛行機を撮影することを
Airliners net ShotⓇと言うそうで、世の飛行機ファン諸賢のたしなみだそうです。
あ、Ⓡがついてるのは(勝手に)師匠と仰がせていただくことにした大ファンK氏による造語のため。
そんなわけで華麗なるAirliners net ShotⓇをしていると、奇妙な光景に出くわしました。

Something wrong
IMG_2242.jpg
一列に座らされた乗客と、それに何事かを説く係員。
そして後ろの長机に並べられた機内持ち込み手荷物・・・。そう、違和感の原因はこれだ。
通常、一度セキュリティエリアに入ると手荷物の検査はない。
この違和感に対する抑える事あたわざる好奇心からREMCATはこれを撮影、
さらに約2秒間の偵察活動を行って90度変針、離脱・・・Warning,warning!!
けたたましく機械音声が警告を発する。
同時にアイボールMk.1レーダーがアンノウンコンタクト、9時の方向に不明機1!

 そのときの光景をREMCAT氏(仮名)はのちにこう語っている。
(TVのアメリカ人の証言者っぽく読んで下さい) 
  
「私が左を向くと、そのすぐ左にスーツ姿の男が立って、私を睨んでいたんだ。
男の虚無の深淵にも似た眼光が私を貫き、私は危険を察知した。

 考えてもみてくれ。普通、人に注意するときは横から声をかけて近寄るものだろう。
しかしこの男は、私が偵察活動をしていた僅か3.0秒にも満たない時間の間にどこからともなく現れ、
そして完全に無言で気配を消して、私の真後ろほんの数インチの所に立ったんだ。

 私は一応合気道二段、空手も僅かばかりだが齧った事がある。
その本能が私自身に教えていたんだ!「こいつは危険だ!逃げろ!!」ってね!
あの瞬間に見た眼光は、永遠に忘れないだろうねぇ」

(*この文章と下の写真は一切関係ありません。あるあ・・・ねーよ!)
IMG_2244.jpg


キャセイの列線
IMG_2246.jpg
ズラリと並んだキャセイフリート。
羽田のANAターミナルもコの字の端に降りるとこんな感じで撮れます。


キャセイパシフィック B733 “一世界”
IMG_2250.jpg
香港でのお目当ての特別塗装その2 (゜∀゜)キター!!!
これは撮らんと!ぜひ撮らんと!!必ず撮らんと!!!フランス語の30はTrente(トラント)!!!!
おっと危ない、これに乗ったらカナダのトロントに行ってしまう。
フランス語圏だけにお後がよろしい様で。


関西空港
IMG_2262.jpg
こっちが正しい。

キャセイパシフィック B773 “誰得何変”
IMG_2270.jpg
マターリ乗って関空到着、関空快速で天王寺へっ!
やはり大阪はいいですなぁ。

 さて3日間に渡った香港遠征炎の三日間、総括してみましょう。
ナポレオン アウステルリッツ三帝会戦の演説より


「兵士たちよ、私は諸君に満足している。

 諸君は、香港の戦いにおいて、私が諸君の幸運にかけた期待を裏切らなかった。
諸君は諸君のメモリーカードを不滅の撮影データによって飾った。
香港とそこに来る数百の飛行機は、3日足らずして、発見され撮影された。(中略)
新しいエアラインの写真80枚以上、3機の1/200モデル、4機の1/500モデル、6個のプラモデル、
4冊の中国語の歴史教科書が、永久に栄光に輝くこの日の戦果である。
諸君にはもはや恐れるべき空港はない。

 兵士たちよ、極めて私的な幸福のために必要なことがなされたときには、私は諸君を日本へ帰すであろう。
祖国は諸君の帰還を喜ぶであろう。
そして諸君は成田空港展望デッキの飛行機ファンの団欒の前で、
「香港の戦いに加わっていた」と言いさえすれば、こういう答えを受けるであろう。
「ああ、この人は勇士だ!」と!

プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR