1203NRT -弥生の大漁旗-

 週末は成田空港でニューカマー旅客機をWKTKしながら撮影するだろ。
  平日には百里基地まで行って戦闘機の機動を胸熱で撮影するだろ。
   雨の日は模型をライン生産するだろ。
    このブログを見てくださってる同好の士の方々のためにも定期更新は欠かせないだろ。
     そもそも学習と読書は毎日やらなくちゃいけないだろ。

   これじゃ、会社に行く時間がないのもあたりまえだ。

    いや、そのりくつはおかしい。

 会社に行かないと生活費が獲得できない。資源が有限である以上、代価を払う必要があるのだ。
だが経済的資源が有限だからこそ経済システムが生まれるのであり、
資本主義は「資源は有限」という常識の枠に縛られた優等生的回答に過ぎない。
宇宙開発を進めて無限の土地と資源を得ることで、人類は今より遥かに精神的にも、
そして物質的にも豊かになれるに違いない。
常識を疑え!無限の資源は頭の上に広がっている!

 なんで宇宙開発は進まないのやろ(・ω・)?? そしたら毎日遊んで暮らせるのに。
論理の飛躍が宇宙船並みのREMCATです、皆様こんばんわ。

3月19日、工場(こうば)は中休みを作らないので休みでした。
そこでナリ~タに行ってきましたYO~!
都内に用事があったので土曜に上京、上野近辺で友人Y氏と天丼食べてツタヤで最新の書籍を見たりして。
翌日所要を済ませてから本屋巡りして成田ビューホテルに移動、
このホテルは安いし桜の山にも歩いて行けるのでお気に入りです。

 月曜の天候は晴れ、北風という予報。
しかし凄まじいダダ曇りに小雨なのでひとまずAタミ展望デッキに上がります。
む?さっそくワンポイントマークのKALハケーン!

KAL B744 “Visit Korea 2012”
IMG_9066.jpg
 韓国にも行きたいけど、基地は言うに及ばず空港まで撮影禁止なんだよなぁ。
戦争中の国なんだから当然と言えばそうだが、この辺が台湾とか香港に比べてイマイチぱっとしない理由。
ときに写真でわかると思いますが、ホテルからデッキまでの30分の間に一気に雲が引きましたd(・∀・)。

新加波航空 B773 “星間同盟軍”
IMG_9088.jpg
キタアアァァアm9(・д・′)!!!!
いるという噂のシンガポール航空同盟軍塗装!いつもはA330なのでB73自体珍しい!
背景が暗いので白いボディが一層引き立ちます。
ときにシンガポール航空だけ尾翼が元のまま・・・。でもデザイン的に破綻してないし、これはこれでおk。

NCA B744F “グリーンフレイター”
IMG_9137.jpg
青と緑がいるんだから、赤とか黒とか黄色も出そうZE?(←元の趣旨を忘れている)

なぜここだけ窓付き?
IMG_9146.jpg
ポーラーの後部ハッチを見ると、ハッチだけなぜか窓の跡。
ということは改造するときは旅客型の胴を切ってハッチにするんでしょうか?
なんかプラモみたいですが、重量の50%がプラモの飛行機も最近飛んでるこったしなぁ。

ビーチ200
IMG_9150.jpg
バンド聞いてると何か飛ぶと言うのですが、何も来ない。
おにぎりを食べていると、どこからかプロペラ音が・・・って!!
小型なので背景に溶け込んで見づらいんですよねぇ。

ヴァージンアトランティック A346
IMG_9166.jpg
新塗装で到着、しかしA343ではない。たまにはB4とかでも来てほしいもんだ。
普段はデッキ正面のスポットですが、この日は少し北側に停まりました。

 千葉県警察航空隊 Bell 206L-4 “かとり”
IMG_9178.jpg
「航空隊」がつくとどんな組織でもいきなりカッコ良く聞こえますね(笑)。
2回くらい滑走路上空を通ってました。
2枚ローターの機体はローターの向きに気を付けないと間抜けに見えちゃう。

KAL B744 “Visit Korea 2012”
IMG_9198.jpg
いい角度で上昇したので機首をアップ。
学生時代に行って戦争博物館とかテコンドー体験をした。また行きたいな。

Gulfstream G550
IMG_9203.jpg
最近成田・羽田でビズジェットをよく見かけますね。
少なくとも一頃に比べると増えている。一頃っていつだよって話もありますがw。

 スイス航空は~いつもの誰得何変~~ Orz。
あの日見たスイス航空のサイケ塗装を僕はまだ撮ってない。
サンフランシスコ線に貼り付けとか、どうかと思うプンプン(`ω′)ノシ!
お次はSASかぁ。あいつも来るから撮るけど、正直いつも誰得何変だよな・・・って∑(゜д゜)!

SAS A340 “星間同盟軍”
IMG_9255.jpg
すげぇぇぇ!!そもそもいたんだ(笑)!てか同盟側だったんだ!!
まぁでも古くは国王にしてもらったのに対仏大同盟に参加したりと以下ry。
A340は7機らしいので、ルフトハンザの28機とかに比べれば楽勝のはず。

 さてここで快晴な雰囲気になってきたので桜の丘側に移動することに。
月曜は航空博物館が休みなので、プロロジスセンター下車となります。
実際にはこちらの方が便数も多いし距離はさして変わりません。

デッキでの戦果に早くもウキウキしながらトコトコ歩くと、上空をB4が通過。
IMG_9275.jpg
真下だとどのみち型式写真は無理なので、メカディテールを捕えてみた(つもり)。
クリューガーフラップがイカス!しかしこれを展開するときには翼端の空気は剥離しないのでしょうか?

 実際には桜の丘に行ったのは一度きり。電線がヒドイもんドラえもん。
いわゆる畑ポイントとか道路際で撮るのですが、やけに人が多い。
定番のセリフだけど、おまいら、今日は平日だよ?(←ヲマエモナー!)

アエロフロート A333
IMG_9282_20120328204650.jpg
こいつも一日一便しか来ないから来れば撮るけど、ねぇ。
A3(俺の嫁)だとB6よりシャッター枚数が上がるのはお約束。

 さらに定期チャーター便でタイからお越しのB6がローリング。
離陸は必ずこっちに来ると踏んで着陸は見送ってたんですよね。

ジェットアジア B762
IMG_9326.jpg
なんとも味気のない塗装だが、味気のないレア機は豪華塗装のレギュラーに勝る。

 この辺で師匠であるところの大ファンK殿に連絡、「きょうはナリ~タにきてますポチポチ…」。
するとK殿私設の空中警戒管制隊Link17のカバーを頂き、さっそく飛来機情報!
K殿、この日は終日AWACS情報を頂きありがとうございましたm(_ _)m!
「Cat1, bogey 1 altitude low, head to north, intercept!」
さすがにどちらのランウェイに来るかは判らなかったのですが、
エティハドは私のいる側に来た試しがない(笑)。

エティハド A333 “マンチェスター”
IMG_9346.jpg
だがこの日の猫はツいていた!初のキレイ撮影が特別塗装機d(^^)b!!
ブルーメタルが美しいですね。快晴の青空に溶け込んじゃってますが(笑)。


 さらにLink17から情報!レッドフェニックスが来る!
ここでこの日現地でお知り合いにしていただいた西日本方面からのファン様と相談・・・。
どうも周辺の玄人さんの動きがおかしいこと、台湾の2機はどっちにせよBランに来ることから
Bラン側への移動がよさそうだ。
で、REMCATはこのファン様(以下A殿)のお車に乗せて頂いてB側へ。
A殿、この日は初対面にも関わらずありがとうございましたm(_ _)m。

 到着して下車、するとパキスタン航空が!

パキスタン国際航空 A310
IMG_9377.jpg
週末に来ないエアラインが撮れるとテラウレシス!!これが平日撮影の醍醐味ですね。
Pakistan International Airline の略でPIAだそうですが、
知り合いの国際的ビジネスマン曰く、あんまり遅れるのでPerhaps It Arrives(笑)。
この日は時間通りに来ました。

 ここで我を呼ぶ者あり。振り向くと、ぬぁ、ぬぁんと∑(゜д゜)!!
先月百里基地で大変お世話になったベテラン大ファンのT殿ではないですか!!
お話を伺うと今日は百里がノーフライトだからこっちに来たとのこと、
よもやこんなピンポイントでお目にかかれますとは!

 さらにLink17から追加の飛来機情報、
「お前の嫁エアラインの今日の機体はお前の嫁(姉)で50歳だ!」

チャイナエアライン A343 “50周年”
IMG_9401.jpg
└( ゚∀゚)┘ヤッタ└(゚∀゚ )┘ヤッタ└( ゚∀゚)┘ヤッタ└(゚∀゚ )┘ヤッタ♪、
ヨロコビーーーーーーーーム!!!(●´∀`)ノ+゚*。゚喜+゚。*゚+!!!
妹は香港で捕まえましたが姉には目の前で逃げられ苦節半年、
ようやく二人と結婚できましたちがうなにいってんだ!
別に彼女が複数人いても道徳的な問題はないと思ってるけど、
現実的な資源配分の期待値を計算して一夫一妻制に賛成。

エアチャイナ B772 “紅鳳凰”
IMG_9421s.jpg
ハイテンション飛ばしまくりでレッドフェニックスも(・∀・)キターーーーー!!!!!
赤色だから「凰」の方ですね。
ところでチャイナで思い出したけど、カンフーパンダ2の敵はクジャクです(何のネタバレやww)。

アメリカン航空 B772
IMG_9467_20120328204917.jpg
チャプター11(会社更生法)で日本路線が危ぶまれるアメリカン航空。
やっぱりスカイチームにしといた方が良かったのかしら・・・。でもKALと競合するし・・・。
あ、JALの日和見先の話です。新鶴丸の一世界はいつ頃でっしゃろ。

 ところでチャプター11を申請した事業者はOrder of relief発効から120日~18か月以内に
更生計画をCourt of Bankruptcyに提出する独占権を有しています。
その際は新たな財務構造を株主および債権者に開示し、
債権額の2/3以上を保有する債権者の承認を得る必要があります。

 アメリカン航空が通った後、急に暗雲が立ち込めてきました。
まるでアメリカン航空の行く先を表すかの様なゲフンゲフン!

エアタヒチヌイ A343
IMG_9490.jpg
30分でこの天気・・・。ま、レア機は全部撮れたので全然おkです。
パステルカラーの機体なので白曇がバックでも映えますね。
 
 ここでA殿とまたも相談、Bラン着陸も一段落したし、畑に戻りましょうか?
そこでT殿にご挨拶して移動。
なんか日記を付けていると解るのですが、本当に他人のお世話になってばっかだな。
いつか誰かにこの御恩をお返ししようと思います。

畑でしばらく待っているとパンダが飛来。

ANA B763 “Fly パンダ”
IMG_9504.jpg
ANAが中国路線拡大に合わせて登場させた特別塗装機。でも結構長く飛んでるね。
パンダを運ぶのにも使われました。
パンダくんといえばフラワーコミックの「しろくまカフェ」は絶賛オススメ漫画です。
最近4巻が出たのでこれを機会にぜひどうぞ。

 しばらく撮影しますが、夕方の成田のお約束でDLとJLとNHしか来ない・・・。
そこで越後からいらしていた大ファンS殿とお知り合いにしていただき、
フィルムカメラの撮り方をご教示いただきました。

A殿・S殿と三人で大阪市政の行く先について(主に航空行政と撮影環境を中心に)懇談してましたが
1630でバスに乗ってターミナルに行くと言うとS殿が送って下さるとのこと。
大変ありがとうございましたm(_ _)m。

エアタヒチヌイ A343
IMG_9621.jpg
ターミナルに戻り、S殿もいらして撮影続行!
西の方が曇り空に夕日が重なり良い雰囲気でしたが、
この日は70-300F5.6レンズだったのでISO200では辛くなってきました。
ポーチに収まって軽量なので機動性は抜群に上がるのですが・・・。

中国南方航空 B772
IMG_9640.jpg
ありゃ?こいつ来てたっけ?
平日は機材も変わるので、おなじみのエアラインでも油断できません。
エアラインの機材繰りが1週間を基準にしているとは思えませんが、
乗客の多寡はやはり1週間基準。ビジネス客が多い路線なら土曜、観光地なら平日に小型機でしょう。
するとどうしても特定のレジNoの機体は週末に来る確率が小さくなるわけで、
それが特別塗装機だと撮影チャンスは下がります。
「平日に当たりが多い」はこの辺が理由なんじゃまいかと考える次第。

シンガポール航空 A380
IMG_9687.jpg
午後の時間帯になったのでめっきり目立たなくなったSQのA380。
エルフラとKALが止めて今はA380はルフトハンザとコイツだけですが、
近々エミレーツが就航するとか。楽しみです。

モンゴル航空 B738
IMG_9707.jpg
本日のラストはモンゴル航空の新塗装!急にカッコよくなりました。
ときにウランバートル国際空港の滑走路のうち1本は芝生だそうな。

 これにて撤収、S殿はお泊りでしたのでご挨拶して上野へ。
中盤でも書きましたが、沢山の方のご厚意を頂けた一日でした。
本当にありがとうございました、自分が親切にできるときに、誰かに恩返しいたします。


 久しぶりに旅客機を書いて思うのですが、戦闘機に比べて
旅客機はカラフルでバックグラウンド(国籍とか会社とか)が多彩なのでイミフな脱線が冴えますね。
さて、次回予告です。次回のお題のヒントは某有名大佐のこの名言。

見せてもらおうか、ANAの最新鋭航空機の実力とやらを!
お楽しみに~!ノシ
スポンサーサイト

1202百里基地ーByebye Marinesー

 4月も近いというのに2月の話を情け容赦なく継続しちゃうですよ。
2週連続で空港に行ったので更新する時間があらへん、どないせぇと。
その2週が凄まじい収穫だったりすると、さっさと書き終わらないことにはそれを自慢できない!
というわけで海兵隊のお帰りから書きます(変に律儀:笑)

F/A-18D “VMFA-121”
IMG_1669.jpg
他の機種同様、この角度は鉄板アングル。
ときにお帰りの際は荷物も自分で持っていくんですね。

IMG_1693.jpg
さすがメリケンさん、テンション高ぇ。
クーパーさんとアフラックさん。

IMG_1702_20120326223126.jpg
皆の衆、キャノピに傾注!
単純な曲線でなく一度フレームで絞ったこの形状はまさに官能美。

IMG_1717.jpg
2番機はテイントとチャウダー。
あんたらはしゃぎすぎや。いいぞもっとやれ(笑)。

IMG_1730.jpg
やはり艦上機、体は細身だが脚がゴツい。
ストレーキ上のベーンとか、レガシーホーネットはなんかごちゃごちゃ付け足した感。
だがそれがいい。

IMG_1821.jpg
二機編隊で離陸、エンドで待ってた人達はもったいないブーイングの嵐だったとか。

 なぜか最初にこの2機が動いて、50分ほどしてから残り4機も動き出しました。

IMG_9324.jpg
偵察型の機首どアップ!
通常型より角ばっていてカッコイイですね。
さてアカデミーさん、確かここの部品は別パーツだったし、そろそろバリエーションキットを・・・。
ブロットとガリーは仏頂面で通過。
でもまぁ、普通は空上がるのに手を振るとかそんな余裕はかなり無いはずで。
特に日本人なんかは真面目で心配性だから、アメリカ人に比べるとかなり手を振りません。

IMG_9338_20120326223323.jpg
コンボ?!とイケ。それにしてもこの2人、ノリノリである。いいぞもっとやれ(笑)。
ときにコンボ?!って空戦中はどう呼ばれるんでしょう。
てかコールサインに?マークってありかいw。

IMG_9383_20120326223322.jpg
おヒゲが素敵なチックとモンキー。
この間ひたすらやぐらの上で手を振りつつ撮影しましたが、
左手を振りつつ白玉を付けて右手で撮影するのは不可能。
そこで左の肘を前に出して左手でシャッターを切りつつ
右手で手を振るというアクロバティックなホールドを編み出しました。
多分70-200㎜F2.8位が限界ですので、良い大人は真似しない様に。

IMG_9410.jpg
前を通るときは見えませんでしたが、トラベルポッド。
航空祭とかではグッズを入れて来ることがありますが、今年は横田にまた行きたいなぁ。
ラプター来ないかなぁ。4機来て2機は地上展示、2機はひたすら飛行展示でw。

IMG_9441.jpg
をうっ、よく見たら後席がお手降り!偵察型だからガリーさんだ!
仏頂面とか言ってすみませんm(_ _)m、またいらして下さい。

IMG_9467.jpg
ジェットノズル内は意外と白い。バイパス比が比較的高いターボファンでは
空気も噴出していますから、そこまで汚れないのでしょうか?

IMG_9493_20120326223401.jpg
6番機。こいつは最後に激しい捻りでお帰りになりました。
テレポートが使えればこの写真の1秒後にランウェイ北側に行くのですが・・・。
ドラえも~~~~ん(笑)!!!

 というわけで海兵隊の皆様、2週間の間お疲れ様でした&ご馳走様でした(違)!
いやぁ、次は三沢のF-16とか嘉手納のF-15を見たくなりますねぇ。

 さてそうこうしていると、ローカルのF-15が帰還。あら?南に回った?

IMG_0032.jpg
ランチェンで南向きになりました!これはおいしい!
「禁断の聖地」は空港南東側にあるので正午頃になると徐々に逆光になるのですが、
南向きならもう少しの間は無理なく撮影できます(太陽は常に南側なので)。

T-4 “305sq”
IMG_9622.jpg
こんな感じ。もしこれが北向きならかなり苦戦するはずです。

IMG_9670.jpg
う~~~~~ん・・・・この角度で見るF-15って本当にカッコイイ!
設計者が鷲のインスピレーションを得たのも頷けます。確かにこれは鷲。

IMG_9715.jpg
ときにANUBISサントラの Beyond the Bound は飛び物にベストマッチする神曲ですね。
いま流し始めて一気にテンションがハイレートクライムです。

 着陸すると今度は左手から真近を通ります。今度は逆光が逆にいい効果。

IMG_9961.jpg
ギラリとした金属の輝き。
時に薄くて一見華奢に見えるF-15の主翼ですが、実は本当に華奢です。
那覇で背中を歩かせてもらいましたが、本当にビヨンビヨンしなる感じ。

IMG_9982.jpg
ガンシップグレイでF-15Eみたい。
E型といえば最近、ベストプロポーションでベストディテール、主翼からインテーク上面まで一体成型した
ベストキットが出ましたね。あれで1/64でなければさぞかし売れたろうにwww。


IMG_9987.jpg
うはw透けて見えるww!
え?うなじのフィン部分のことですが何か?

IMG_0058.jpg
三本タンクで迫力アップ。

IMG_0066.jpg
キャノピーとサイドリガー前縁とノズル上面の膨らみがエロすぎだろ常考(´д`)ハァハァ・・・!!
しかも丸いタンク3本とかもう悩殺過ぎて以下ry。

「最近このブログがおかしい?いやぁ、今に始まったことでは・・・。」
証人喚問を受けたREMCAT被告はこの様に答弁し、反省の色は見られません。

F-4EJ改 “302sq”
IMG_9825.jpg
ところで構造寿命を 騙しだまし 綿密に点検して飛んでいると言うけれど、
それっていざ有事になったらバタバタ飛べなくなるということでは?
そっちの方がむしろ心配なのですが・・・。

IMG_0321.jpg
やるとしたら制空戦闘をF-15が前衛、F-4が後詰めになってF-4はBVRからひたすらAMRAAM。
なに?F-4はAAM-4積めないですと?!

IMG_9888s.jpg
よく見るとF-15ってF-4の垂直尾翼を2枚にしただけで、あとの配置は変わっていない様な。
大レーダーとコクピットを収めた機首の両横に大きなインテークが尾部ノズルまで貫通、

IMG_9894.jpg
そして尾翼は垂直も水平もモーメントを大きくするためテイルを伸ばした先端についている。
但し主翼が大面積なのはF-4が艦上機由来なのに対して、
F-15は空中戦の機動性向上のためという点は違いますが。

IMG_0295.jpg
なんかシャレオツなメガネ。

 ここでさすが逆光も限界になってきたので禁断の聖地を後にして山川門に移動。

反日・反政府活動家はこうしたインフラ妨害活動を通じて国民全体の利益に大きな損害を与えている。
百里しかり、成田しかりである。しかし彼らはその日本と政府に感謝すべきだろう。
通常の政府はこうした悪質な妨害活動をした場合、土地の接収や地権者の「行方不明」は当たり前である。

 まぁ、今回そんな反日活動家に金を払って撮影してきたのであまり大きな事は言えないのですが・・・。
良い大人は真似しない様に!

だが私が当ブログで読者皆様に広める自衛隊への理解、
そして戦闘機に手を振ることで彼らに表明する国民の負託が、
反政府団体への資金2,500円を上回ると信じています。

 山川門で昼下がりのフライトを流し撮り。

IMG_0387.jpg
このスポットだと大体1/250で後ろがいい感じに流れます。

IMG_0418.jpg
背景のF-4がキッチリ写っているとイーグルは「空中静止」。
だが流れ過ぎて緑の帯になるとそれもそれでどうかなと。

IMG_0470_20120326223835.jpg
F-4ってやけに編隊離陸が多い様にみえるのですが。

IMG_0503.jpg
こっちも編隊離陸。
よく見てください、1機ではありませんd(ー~ー)ニヤリ

IMG_0515.jpg
F-15戻ってきたねぇ~~。まぁいいや、戻るかぁ。
このあと手前のランウェイに降りるのをタイフーンの中から眺めることにOrz。
もう10分粘れば西日で照らされたF-15の右肩のバルカン砲のディテールが見れたのですがOrz。
午前中の攻めによる大収穫と午後の諦めに良さによる撮り逃し、後学とすべきでしょうな。

 で、タイフーンでまたも3時間かけて廃墟へRTB、
ギリギリ7時に到着してドラえもんを見ながら夕食。

 というわけで2月の百里基地、4回に渡る総じて素晴らしい2週間でした!
前半は悪天候下で工夫しつつ晴天では見られない写真を撮り、
後半では抜群快晴の下で満足のいく撮影ができましたですよ。
数度にわたる展開でお相手頂き、またお知り合いになって頂いた飛行機ファンの皆様、
本当にありがとうございましたm(_ _)m。今後ともよろしくお願い致します。

 さて次回、平日大フィーバーのナリータに続くのだっ!
 

1202百里基地ー禁断の聖地ー

 毎週金曜日は1900までに寮の食堂に戻って『ドラえもん』を見る。
これは「すべて国民は健康で文化的な生活を送る権利がある」と
日本国憲法にも謳われている文化権である。
この日はスペシャル番組で『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団』だった。

 ドラえもんほど人類の進歩する「夢のある」未来を具体的に描き、
そしてその中に優しさ、勇気、愛から狡さ、弱さといった
「人間という存在」まで盛り込んだ文学を小生は寡聞にして他に知らない​。
故・藤子F不二雄先生には勲一等旭日文化功労賞を授与し、
『源氏物語』とセットで世界に誇るジャパニーズカルチャーとしてプッシュすべきだ。
サブカル?今日のメインカルチャーの文字の半分以上を占める「平仮名・片仮名」は、
1000年前にはサブカルだったんですよ?

 今回の大長編はロボットの国「メカトピア」が敵で、そのスパイロボがゲスト。
ロボットに劣る人間を支配しようと考えていたスパイロボは
のび太君達とふれあうことで人間もロボットと同じく尊い生き物だと知るが、
祖国メカトピアを裏切ることはできない。自身が消える事を構わず彼女は決断する。

 「もし生まれ変わったら、天使の様なロボットに・・・。お友達になってね・・・。」

(´・ω・)・・・ →(´;ω;`)ウウッ →(つд`)ヲーイヲイヲイ!!

本当に、子供よりも大人の方が感動する映画です。


 ところで抱き合わせで放送されている、下劣で低俗な五才児がウロチョロする漫画。
あれは日本民族の恥。あれこそ大衆の鬱屈のスケープゴート、すなわちサブカル。

 そんな訳で今日は熱く語ってしまいましたが次回、百里基地に御期待下さ く(^ω^
二度も同じ手を使うんじゃねぇ⊃(´・ω・)⊇⊃)Д`)グェア



 というわけで百里基地海兵隊の最終回のはじまりはじまり・・・。
この日も快晴、朝焼けに向かって愛機タイフーンが唸りを上げます。
唸る割にダイハツとかFITに軽々抜かされるのはご愛嬌。
石岡まで南下してから降りたのはまずかった、通勤ラッシュがひどい(><)!
やはり茨城町北から進入した方が結局道が空いていて良い様です。

 東側に廻りこんで、今回は前日に目を付けていた禁断の聖地へ。
衛星軌道上からの偵察で侵入ルートを見つけて接近、門番にミカジメを払って
めくるめく秘密の花園の始まりです。今回は機種別にお送りしますね~^^。

 車を止めると早速エンジン音、ちょww!近っwww!!

F-15DJ “305sq”
 IMG_1169.jpg
朝日を浴びて輝くキャノピーが素敵。
オイル垂れ一滴でも敵機と間違えるので、ピカピカに磨き上げられます。

ついでに右尾翼の内側に左尾翼の影が落ちていますが、
垂直尾翼内側のカウンターシェード塗装はこれを想定したものです。

IMG_1172.jpg
う~ん近いww。どこをどう触ったらどんな反応をするのか、手に取る様に解ります。

F-15D “305sq”
IMG_1182.jpg
つづいて3本タンクのF-15J!
斜め前から撮れる機会はあまりないのですが、飛行機はこの角度がカッコイイ。

IMG_1192.jpg
やべぇこのアングルのうなじが、うなじが悩殺すぎるぅぅぅぅ。
大型戦闘機は複座の方が2割増しでカッコイイと思うんだd(`・ω・′)ノシ
SU-27、F-15、F-18・・・。これを「複二の法則」と言います。

IMG_1194.jpg
このアングルもアップの鉄板。機首・主翼・兵装が並んでグーd(・∀・)
ときにF-15ってほとんどの場合インテークが下がってるけど、模型は上がりっぱなしが多いよね。

IMG_1222.jpg
離陸来たあぁぁぁ!!!
山岡門より少し近い感じ。実は本当に少し近いだけ。むしろ山岡門がすごい。

IMG_1257.jpg
ノズルを絞っているのでアフターバーナー無しの最大出力。
アフターバーナー見したってえな。ええやんええやん。
どうせ年度末で予算消化すんのにバンバン炊くんやろ?ええやんええやん。

IMG_1631.jpg
着陸。エアブレーキを開くとなんか鳥っぽい。

IMG_1762.jpg
エアブレーキの内側は・・・梁なし。改修版は梁というか格子が入ってます。
ハセガワさん、そろそろF-15アップデートしてぇな。ええやんええやん。

というわけでF-15はこんな感じ。 む?!この爆音。ジェネラルエレクトリックJ79だ!

F-4EJ改 “302sq”
IMG_1339.jpg
このシーン・・・。「革命の父、グレッグ大尉に敬礼!」
いや、あのコマの機体はF-5Eだったっけ。そもそもあれ革命やったっけ?
アスランの正当な支配者はザク・サキの側だし・・・。

IMG_1345.jpg
F-4は空調がないのでラストチャンスまで開けっ放しです。真夏はどうすんだ?
タキシングで時速20㎞で走れば同じ風速の風が吹きますけど。

IMG_1411.jpg
主翼外縁の上半角と水平尾翼の下半角が作る“空間”が実にイイ。

IMG_1402.jpg
窓があいてるのでお手振りも多めです。
いや、こっちが思いっきり振ってたからなんでしょうけどね(笑)。

IMG_1438.jpg
神田と栗原(違)。前席がサングラスってことは後ろが神田か(違)。
ときにパイロットとナビゲーターと言いますが、JASDFは両方パイロットなのでどちらも操縦できます。

IMG_1576.jpg
自分が手を振っている間は撮影ができないので、シャッターチャンスが・・・。

IMG_1363.jpg
この垂れた尻がまたエロい(ー~ー)ニヤニヤ。
べっ、別に(><)ノシ!勘違いしないでよねっ!!

IMG_1478.jpg
J79ターボファンエンジンが空気を割る!
空を飛ぶ飛行機に躍動感を出すのに地面が必要とは、逆説的ですな。

IMG_1463.jpg
横から見ると恵方巻きみたい。中国軍の瀋陽F-8と側面形が意外と似ている様なそうでもない様な。

IMG_1502.jpg
ところでF-15もF-2も単座が多いけど、F-4は単座ないの?と、とぼけてみる。
しかし単座にしてもキャノピーの形はこれ以上小さくできない様な。

 偵察型ファントムもタキシング開始。
この日は前半北向き離陸だったのでまさに観閲式状態でした。

RF-4E
IMG_1874.jpg
立派に戦闘機なのに武装できないなんてもったいない。
ガンポッド+AIM-9+AIM-7で武装させれば戦力になるのに。

RF-4EJ改
IMG_1914.jpg
ところで迷彩が違うのは何か役割分担があるんでしょうか。
やることは同じはずやし・・・。

IMG_1933.jpg
カメラ目線ギラリ!しかしこの精密ドアップ、モデラーには目の毒です。

IMG_1940_20120320230140.jpg
機体によって燃料タンクに迷彩が入っていないのは借用したから?
ちなみに有事の際はどうするんでしょう。

IMG_1965.jpg
烏兎からうなじ生え際あたり(ってどこだよw)までのラインが
奥ゆかしいなかにも色気を感じさせてエロい(ー~ー)ニヤニヤ

IMG_2027.jpg
快晴・順光・離陸途中の低速度で撮影というまさに理想的条件。
F-2もこれくらいの好条件で撮れればなぁ。

IMG_9573_20120320230204.jpg
ちゃっくりく~。ときに後方のF-4x2は茨城空港付属の幽霊公園の置物です。動きません。

 救難隊もこの日は盛んに飛んでました。

UH-60J “百里救難隊”
IMG_0082.jpg
珍しく黄色のUH-60J。小松時代に1回見ましたが最近は全部F-2カラーに塗り替えられているので
じっくり見られるのはそう長くないかもです。

IMG_1867.jpg
男らしく開き直って1/250で撮影(笑)。
空中静止は素人っぽいけど、ローター1/4回転は難しくてちょっと・・・。そんなの微妙すぎ?

U-125 “百里救難隊”
IMG_1202.jpg
地元の大ファン様曰く、U-125がずっとタッチ&ゴーをやってる時は彼らはヒマらしいです。
まぁ、忙しいってのは緊急事態ですから無い方が良いです。

 旅客機は相変わらず3機。本当に客いるのかよ。

スカイマーク B738 “青のダイヤ”
IMG_0121.jpg
って、初見キター!
羽田で案だけ探してもおらんのに、なんでこんなところで会うとね?!

スカイマーク B738 “赤のハート”
IMG_9656.jpg
茨城空港の看板をバックに。

春秋航空 A320 “漢字”
IMG_9778_20120320232017.jpg
百里初登場の地味な塗装の春秋航空。

 おうっ、もう33枚も貼っているじゃまいか!
そしてもうすぐ12時、ドラえもんで熱く語りすぎました(笑)。
良い大人は早く寝なくちゃ、というわけですみません、次回後半戦に続けます!

1202百里基地ーWhat a heavenly beautiful day!ー

 うへぇ風邪気味。
うつった場所は決まっているので、4~5人巻き添えにするため定常出社。
体調はさして悪くならないが出社してはいけない病気はないものか、
そしたらしこたま本が読める。

 さて3月になってもおかまいなしで2月の百里は続きます。
3日目は快晴大フィーバーしたので写真が多い、読む人は覚悟してください。
「今回のUP画像は43枚です。
ですがこれを全て保存しろとは言いませんのでご安心を・・・ホッホッホッ・・・(byフリーザ様)」

 快晴常磐道はひたすら逆光、朝焼けに向かって進め!
茨城県に入ると同時に外気循環切換え、窓も開けて深呼吸。
汚染されてない空気はいいなぁ。

中郷で軽く休憩して再発進、まずは定番北側ポイントに到着。
しかし遠方にF-15がこっちにタキシングするのを発見、南側に移動。
イーグルが2機派手に捻って離陸するのが見える、焦るな焦るな!!
片側1車線の細い曲り道を進むと・・・∑(゜д゜)ちょ!正面からトラックが!何する気だ!!
どうやら片側車線が同業者の駐車で塞がってるのではみ出した様です。

 ようやく駐車して周りを見るとすると異常な人出。
人里離れた田園に数百人単位の玄人がぎっしり、皆一様に眼がギラついている。
今からここでバトルロワイアルが始まっても私は不思議に思わなかっただろう。
おまいら、今日は平日だよ?(←ヲマエモナー!)

 カメラを取り出して自分もパーティーの輪に突入、
さっそく爆音が!

F-15J 305sq
IMG_9102.jpg
(゜∀゜)キターーーーーー! 快晴バックのF-15戦闘機、我々は百里でこれを7年待ったのだ!

IMG_9112.jpg
わりと先でぐいっと捻る。捻りはパイロットによってタイミングが違います。
経験と勘と運が明暗を分けるギャンブル勝負。
REMCATはなるべく玄人率の高いところに移動します。
この日もベテランヒコーキファンさんと仲良くしていただきました、
どうもありがとうございましたm(_ _)m。

IMG_9127_20120307204329.jpg
4番機GJ!送り捻りより迎え捻りの方が迫力がある。
捻りは多分、この主翼平面形が分かるところが魅力なんだ。

IMG_9131.jpg
よ~~~し、そのまま~~~~!ビンゴ~~~~~!!!

IMG_9159.jpg
続く5番機は

IMG_9161.jpg
かなり離れたところで90度捻り!
この主翼上面の見せ方はまさにくぱぁ♥!って感じ 慎め⊃(´・ω・)⊇⊃)Д`)グェア

次は海兵隊の離陸!
周波数知らなくても周囲の玄人さん達が大音量でエアバンド流してくれるので
状況が手に取る様にわかります(笑)!見える!私にも時が見えるぞ!!

F/A-18D
IMG_9236.jpg
1番機がギュイーンと離陸っ!
あまりにも低くて木立の中を通過、見るも無残な串刺し画像だけなんでジャスピン来てるし?!!

IMG_9244.jpg
と思ったら2番機パネえ∑(゜д゜)!!
すさまじい捻りこみで頭上を通過していきました。

IMG_9247.jpg
3番機と
IMG_9251.jpg
4番機はわりとおとなしめ。
まぁ斜め下から真横位置に見えてるってことはかなり捻っているはずですが。
それにしてもホーネットは全機AIM-9X装備、AAM-3で大丈夫かJASDF?!

む!さらにファントム ばぁさん が離陸との入電!
IMG_9176.jpg
まずは露払いにT-4。なのに気合い入れて捻る!

IMG_9257.jpg
ときになんでF-4のセンタータンクは黒色なんやろ。

IMG_9260.jpg
ファントムのくせにAIM-9Mだと?!無茶だジーン、止めろ~!!

IMG_9268_20120307204616.jpg
ゴフゥQrz、ピントが・・・。やはりシグマ150-500では信頼性が・・・。
あ、ついでにPhotoshopでシャープネスかけ過ぎるとザラザラになるのね・・・。

IMG_9286_20120307204615.jpg
海兵隊が編隊離陸。

IMG_9227.jpg
潔くストレート離陸。これはこれで良い。

AV-8B VMA-311
IMG_9209.jpg
(゜∀゜)キタキタキタキタキターーーーーー!!!!!!!!!
今日の人出の8割はハリアーで構成されています。
実戦投入まで行った垂直離陸/着陸機としては世界唯一の機体、
当然REMCATは初見でしかもカラーでお目見えじゃまいか!!!
∑150-500mmもこのときはちゃんとピント合ってくれました。

 ひとしきり離陸が済んだと思ったら
玄人さん達が潮が引くように大移動!
さっきまでは警察は来るわ防衛局はくるわで殺伐とした状態だったのですが
一気に普段の状態に戻りましたw。
REMCATは敢えて潮に乗らず待機。ってか南向き着陸のスポットが分からなかったので。
すると偵察隊が離陸!

RF-4E 501sq
IMG_9318.jpg
2機編隊で離陸。快晴順光なので濃緑カラーもキレイです。

RF-4EJ改
IMG_9337_20120307204613.jpg
お前も2機編隊かQrz。
緑ファントムの捻りが見てみた~い(><)ノシ!

IMG_9356.jpg
離陸したF-4がオーバーヘッド。
主翼下面の白く見えるのはパイロン取付け穴をパテ埋めした跡(違)。

IMG_9364.jpg
T-4ぎゅい~ん!いろいろ加工してみた。
今日びT-50もAIM-9積めるし、T-4もAAM-3積める様にして補助戦力にしちゃおうZE?

 いつまでも南側にいても逆光になるのでキリの良いところで山川門に移動。
が!道を間違えて4㎞位石岡市市街方面へ。
途中で気付いたのですが細い道で反転できませんでした。
ようやく正常な道に戻って目的地へ行くと、凄まじい車・・・。
木立の間に駐車しまくりでどうにか駐車できました。自動車はこういうとき不便だ。

F-15J 305sq
IMG_9570.jpg
キュキュッと着陸。F-15はウイリー走行で減速しますが、テールを擦らないんでしょうか?
計器のピッチ角度を見て調節しているのか・・・?

IMG_9719.jpg
編隊着陸、しかし着陸の仕方が違う。
奥の機体は前脚もすぐ地面につけました。面白かったので機首を拡大。

IMG_9863.jpg
RFが離陸。ちょっと流してみる。
流し撮りは目標と自分の距離によって
シャッター速度が同じでも「流れ度」が変わると聞いたので、やや速めにしてみた。
背景もあまりに流れると変に見えるので、
「後ろにあるものが何かわかる」かつ「それが多少流れている」程度が
視覚効果的に「良い」流し撮りです。  素人が何をエラそうに⊃(´・ω・)⊇⊃)Д`)サーセン

UH-60J 百里救難隊
IMG_0108.jpg
まっすぐ山川門上空を通過!なかなかの迫力でした。
それにしても洋上迷彩は撮り辛い・・・。

T-4 31教育飛行隊
IMG_9821.jpg
フィーバーなイベントには外来機も来て錦上花を添えます。
チェックマークの下に青ラインの31飛行隊。

T-4 13教育飛行隊
IMG_0122.jpg
13飛行隊は戦闘機訓練の初級、31・32飛行隊は中級だそうです。
上級は戦闘機の複座型を使いますが、F-2は流されました。
ときに使えなくなったF-2Bはどうするんでしょ。
10機もあるから国立科学博物館、小松スカイプラザなどに展示してほしいのですが。

スカイマーク B738
IMG_9802.jpg
今日も飛んでる空印。
滑走路増設が軍拡のためでないと言い張るために必要なオプション。
那覇でも小松でも航空祭の最中に旅客機もバンバン離着陸するのに、
お昼時の1便が着陸できないわけないでしょ。

海兵隊が再度離陸。
IMG_0162.jpg
横から離陸を見て思うこと。

IMG_0226.jpg
やっぱり単調・・・。多少ギャンブルでも捻りを狙った方が楽しいかも。

IMG_0259.jpg
ときに脚を直すのが早い。そして離陸が低い。
脚収納が早いのは即トップスピードに持っていくため、
離陸が低いのは、いずれにせよ速度の遅い地上近くでは
下手に高度を上げてエネルギーをロスするよりも加速し続けると同時に
上方からの突っ込みをさせない意図か。根拠はないです、厨二病が喜びそうな妄想です。


IMG_0455_20120307205205.jpg
我らがF-15も離陸!やっちまえ!

IMG_0474.jpg
3本タンクと1本タンクが混在してるのはなんでじゃろ。
近所にF-15のタンク落ちてこないかな~。
隠すスペースにも限度があるからサイドワインダーの前羽でもいいや。

AV-8Bの離陸
IMG_0560.jpg
朝は浮上したところしか見ませんでしたが、今度は一部始終を拝見。
滑走スタート!って、はりゃりゃ?はりゃ~~!!
さすがはハリアー(笑)、びっくりのショートテイクオフでした。
もうね、少し走ったらスイッと浮く感じ。

IMG_0630.jpg
F-4の編隊離陸。ハリアーを見た後だと大迫力の離陸も時代遅れに見える。

IMG_0726.jpg
F-4飛行隊は順調にいけばF-35飛行隊になるわけで・・・。
そしたら一気に2世代飛び級ですな。

オーバーヘッドを裏から見てみる
F/A-18D
IMG_0581.jpg
タンクが軸線に並行に見えるのですが・・・外開きにしたのはE、F型から?
そう、E、Fはね、大きな丸いふくらみがね、外側にポロッと飛び出るわけですよ。
この緊急事態に男の子はみんな大コーフンなわけですよ。
え?はい?ドロップタンクの話ですが何か( ゚Д゚)y─┛~~??

AV-8B
IMG_0696.jpg
AV・・・多義な略称であります。
Attacker でVtol だからAV。AudioVisualではない。今変な想像した奴前に出ろ。
え?してない?べっ、別に私のことじゃないんだからっ!勘違いしないでよねっ(><)ノシ!!
エアブレーキも開いて、なんか魚みたいなシルエット。
2枚の腹ヒレは離陸時に熱い排気が再度インテークに入らない様に付けられています。
ガンポッド装着時は不要。

F-4
IMG_1148.jpg
これもいろいろ加工してみた。
スパローステーションにジャミングポッドを付けてますね。

多数機が上空旋回している間にハリアーが着陸。
IMG_0782.jpg
胴体真下に主輪があって補助輪付き。マッシブなのに足元は細い、
スペイン海軍で「マタドール」と呼ばれる理由が分からなくもないフォルム。コミンフォルム。

F-15x4機でオーバーヘッドブレイク
IMG_0862.jpg
敢えてさらっと流すことでクスクスな面白さが増します。もぅ何の話してんだよ。
南向き着陸のオーバーヘッドは大体山川門上空。
数秒間隔でヒラリヒラリとブレイクします。

F/A-18x4気でオーバーヘッドブレイク
IMG_0991.jpg
小松では珍しかったこの動き、整然とした「動」を感じさせるので好きです。
どうしても横長で機体は小さくなるのが残念。

基地内侵入
CIMG3648.jpg
ただし影だけ(笑)。

 1600になったのでそろそろ撤収。
長い一日の激アツ成果で表情はもうヘラヘラ緩みっぱなし、
最近お気に入りのブログライターさんのAAをお借りするとこんな↓感じです。


     _,. -‐''"´ ̄```' ‐ .、._
_,. -‐''"´            `゙''ー-..,,  嗚呼…こんなに幸せすぎていいんだろうか…
               --―---- `''ー 、
                         `ヽ 、
      /            二二、       `':.、
      /            | {::::`ヽ\       ` 、
    /                  ヽ::::::::} 〉         ゙ 、
        /´          ヽ `ー' /             |
    /-、ヽ        三 ." ̄            |
.    |{:::::::::ヽ  、          ゛'                  |
.    | \::::::ノ/      ヽ        `ヽ         /
     lr‐、_,/ "        .`ヽ       ノ       /
    lT~ "  ,   ,       )   _,.-‐''      /
    | |    ;;; (      / `''"/       /
    | |  ;;;    ゞ、_,.-‐''/_,-‐"^ヾ      /
    | |  ″        | |       `ー-/
    | |            | |       /

…しあわせです。

 やる夫をはじめとするAAキャラが公共財か否かの議論はさておき、
ブログライターさん、無断転用すみませんm(_ _)m。いつも楽しく拝見してます。

 快晴の戻り道は当然逆光・・・。
ついでにナビが変な誘導を始めて細い山道をグネグネ、明らかにいつものルートの方が近い。
あと百里出るとき14℃で廃墟-2℃って何よ?!

廃墟に着いてそのままマガジンストア直行、
何故って今日は“The day of 航空雑誌”じゃまいか!
『航空ファン』と『J-Wings』をゲット、をぉ、今日見た海兵隊が載ってる!

 快晴・海兵隊・抜群機動とまさに天国な水曜日、
ベッドに入ると戦闘機が走馬灯の様に走って快眠。

 というわけで次回、
「バイバイ マリーンズ あるいは 禁断の聖地」 に続くのだっ!
プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR