1508ワルシャワ軍事博物館&ラドムエアショーの行き方

 MRJが初飛行に大成功、ご同慶の至りにござりまする。
これで2月の小牧航空祭では地上展示は確実、
ひょっとしたら試験飛行と称してフライパスしてくれるかもwうはww夢が広がりんぐwww
 
さて今回はワルシャワ軍事博物館と併せて、ラドムエアショーの行き方を紹介します。
今回ラドムに行くにあたって情報集めをしたのですが
ネットの日本語記事には断片的な情報しかなく、
この情報量の少なさが欧州の中規模エアショーのハードルになっているのかなと思いました。
そこでREMCATが実践したラドムへの行き方とアドバイスを書けば
日本でのラドムエアショーの情報は拙ブログ一択、カリスマ間違いなしです。
「私たちの通った道がラドム道になるんだよっ!」
っていうさおりんの言葉が聞こえるのでもうなにも怖くない
それでは前半の博物館はすべて英語、ラドム道は日本語でれっつにゃー!

Warsow War Museum
_MG_9421.jpg
20minutes from Warsow central station on my own foot.
This national museum exhibits Polish historical weapons
those which were used to defend the nation.
Polish people respects army and weapons
because they learn from the history that their safety is owed to national guard.

The soldier of motherland
_MG_9189.jpg
The statue of national guard.
I can partially imagine how important the nationa guard is,
but some Japanese can't.
A famous idiot school boy says ,
"If Chinese invades Japan, I drink with them and negotiate!"
What a hell stupid boy, go back to your school and study well...

Armors
_MG_9202.jpg
Armors in 16th century.
I looked for the exhibition of the battle of Legnica, but couldn't.
Those western armors were made by metals, so it is very hard.
On the other hand, Mongolian horse riders who invaded Poland
wears light armor, even nothing.
You might imagine in common sense
that Polish knights with invincible shield defeated Mongolian,
but the result was the Mongolian victory.
The speed was the mighty weapons of horse riders.

Flags
_MG_9229.jpg
The historical flags of national guards.
Polish kingdom seems to love red colour.

I got out and watch outside exhibition.
There were many planes and vehicles.

Yak-40
_MG_9241.jpg
Yak-40 is built by Yakovlev design buleau to replace old propeller plane.
Its characteristic is that it can be used in rough airport circumstance.
Soviet union has many small and poor condition airports in its large territory,
so the planes were required hard landing and take off.

An-26
_MG_9242.jpg
An-26 is just eastern C27J or C.295.
Antonov design bureau is very famous eastern cargo plane manufacturer.
The bureau was the specialist of cargo plane.
An-124 and An-225 are very rare guest in NRT and other Japanese airport.

PZL I-22
_MG_9245.jpg
This I-22 was not an actual used plane in Polish air force.
In 1980's PZL (Polish state aviation works) tried to make
a new trainer plane which was to replace old TS-11.
It is same class with Alpha jet, Hawk, and T-4 in Japan.
Build a new airplane by only one country is a big challenge
even if the plane is small trainer.

Mi-8
_MG_9255.jpg
A famous cargo helicopter made by Mil design bureau.
Its characteristic is fiber and usefulness.
Japanese small airline "Aero Asahi Corporation" once operated this Mi-8
and donetad to Tokorozawa airplane museum after the retirement.

YAK-9P
_MG_9274.jpg
The best Soviet fighter in WW2.
Yakovlev design bureau built fighters in WW2 age
but went out from fighter design because of the political reason,
and concentrated on designing cargo,
After the war, many stocks were presented to the Eastern policy countries.
North Korea also had it and invaded South Korea in 1951.

IL-10 & pilot
_MG_9313.jpg
Lt. Kosciusko look up the dawning sky.
After the last check by maintenance,
he will fly to the dangerous sky without hesitation.
His heart is filled by the love and royalty to his mother land!

Tu-2
_MG_9301.jpg
If you see Antonov as the specialist of cargo,
Tupolev design bureau is the specialist of bomber and passenger aircraft design.
Tu-95, Tu-114, Tu-144 are very famous in the world
and Tu-204 is modern used passenger plane.
This Tu-2 was a light-bomber build in 1941.

Who are you...?
_MG_9364.jpg
What do you imagine this strange roundel is...?
the answer is below.

MiG-21
_MG_9247.jpg
MiiiiiiiG-21!! The famous historical jet fighter grab my heart!
This old jet masterpiece flied her maiden flight in 1955,
built more than 10 thousands number (it is the biggest number in jet plane),
and operated by many countries today.
I think this "Red 0615" was belonged to Warsaw base,
because its nose art is the symbol of the city "Mermaid".

SU-22
_MG_9454.jpg
Powerful boar in the fire.
The nose is similar to Mig-21.
Until 1970, this shape is in common with most of Soviet jet fighters.
This shock-corn shape inhale the air efficientl,
but the maximum size of radar is limited by the diameter of shock-corn.
Sukhoi design bureau built Su-15 before this Su-22
and its intake design was similar to F-4. Why Sukhoi use old design to new aircraft??
I think it was the compromise between intake efficiency and FCS.

MiG-29
_MG_9511.jpg
Wow, I was astonished that such a modern fighter is also in the museum.
Poland got MiG-29 from Soviet at the first, and from East Germany at the second.
The first MiG-29 might be old and retired.
I found that each Polish AF plane wears different camofrauge pattern.

PZL-130 "Orlik"
_MG_9432.jpg
The eastern "Tucano" or "Pilatus".
"Orlik" means "Young hawk", good name for the first trainer.
This Orlik is used by the Polish AF acrobat team "Orlik",
let's see the team in the next article!

Centurion Mk5
_MG_9361.jpg
Original Centurion was build by Great Britain in late WW2,
but it didn't have chance to battle to Germany.
After the big battle achievement in Korean war,
the tank was exported to around the world and became a first-generation MBT.
The famous user is Israel, it operated the tank in the desert.

Okay, National war museum was very attractive spot.
It is not as big as the great museum in UK or USA,
but you can see many eastern aircrafts and vehicles.
If you go to Warsaw, you would better to include this museum in your sightseeing list!

 さてここからは後半、ラドムエアショーの行き方編です。
欧州のエアショーといえばRIAT・ファーンボロ・パリは有名ですが、
他にも沢山のエアショーが開催され、大体土日の2日間開催で出玉もリア充です。
前述の3エアショーはビジネスデーも含めるとエアショーだけで旅行が終わりますが、
せっかくヨーロッパまで来たのに観光しないなんてモタイナーイm9(`・Д・´)m9!
休暇一週間とすれば、2.5日移動、2日エアショー、2.5日観光のスケジュールが組めます。
1週間休めない様な会社はクビにしてしまえ

ラドム駅
P8243666.jpg
 ワルシャワから国鉄風味の電車で2時間程度。
人口20万人の小都市ですのでICCは停まりません。
なお車内放送はポーランド語の上に小さくて聞こえないので、
到着20分前くらいからいつでも降りられる様に準備しておくことを勧めます。
 また駅で待っているタクシーには英語はほぼ通じません。
若い人は少しくらいなら通じますが、オジサンドライバーになるとほぼ不可能。
ホテルの地図と、できればポーランド語の予約メールを見せた方がいいでしょう。
 そのホテルですが、ぶちゃけ供給数は少ないです。
半年以上前から押さえるか、レンタカーなら少々離れた宿でもいいでしょう。
私はいったん遠い所に取って、毎日近い所をキャンセルチェックして乗り換えました。

切符売場
P8223629.jpg
入場門手前の切符売り場。
バスがラドム駅から出ていたそうですが、ホテルから駅までどのみちタクシーなので
会場まで行ってしまった方がいいでしょう。
ラドム市内(地図で言う環状道路の内側)に泊まれば大体20分・2000円以内で着けます。
並んでも開く順番が適当なので、開いたところに並べばいいと思います。
尚、日本人のいない度合いはRIATやLIMAの比ではありません。
今回エアショー中はアジア人さえ一人も見かけませんでした。
日本のエアショーに行ったというオジサンはいたけどね(笑)。

会場内
P8223638.jpg
ヨーロピアンスタンダードな芝生です。
ラドムは12時から本格的なショーになりますが、前3列位は1時間前に埋まっていました。
前列の頭をクリアするため、地面の中で多少盛り上がったところに陣取ると良し。
ところでおい、そこのリア充。
厳粛にして神聖なるエアショー会場の芝生にて彼女とイチャラブで寝転がっている貴様だ。
REMCATのREMCATによるREMCATのための人民裁判(一審制控訴不可・弁護人無し)で
カチンの森に埋めてやる(いろいろスレスレ発言)。

初日は会場内で地上展示とグッズ漁りを楽しみましたが、
聞いていた通りのド逆光で撮影は大苦戦。エアショー終盤17時頃にようやく巡光になります。
それに少々遠いし背中もあまり見えなかったため、2日目は外周に行くことにしました。
撮影ポジションもそれに掛ける情熱もキチガイです。

Skaryszewska(スカリシェフスカ)通り
P8233647.jpg

基地周辺地図

基地南側の外周道路です。
人家の並ぶ通りの所々に空き地があり、そこで撮影できます。
エアショー会場は完全逆光なので撮影は裏側がオヌヌメ、
というか飛行展示に限れば裏側一択です。
アシが確保できるなら11時頃まで地上展示を撮ってから移動してもいいでしょう。

Block point
P8243657.jpg
廃材置き場?なんかの跡地?
よく分かりませんが、通りに西から入って基地側が三角形に出っ張る付け根あたりです。
かなり広いエリアにブロック塀や砂利山や土手があり、見事に撮影ポイントと化しています。
最前列の土手は50人くらい並べますが、10時に行くと満席でした。海外ヲタ恐るべし。
REMCATは右手の砂利山の上で撮っていましたが、さほど問題はありませんでした。

Frontline
P8233650.jpg
最前列の土手はこんな感じ。両隣は林ですが、右側は池があるので注意。
あと砂埃も飛びやすいのでレンズ交換にも注意。
当たり前ですがトイレや自販機や売り子サービスはありません。
ところでオッサンなんで脱いでるし?アッーーー!!

駐車場
P8243656.jpg
ブロックポイントから通りを挟んだ所にあるかなり広い草地。
料金取ってる人がいなかったので多分タダです。
数百台停められますが、こっち側でマターリ見る家族連れもいるので
やはり早めに来た方がいいでしょう。

エアショーが終わると空港周辺のラドム市内はだいぶ混雑します。
外周ポイントからでもタクシーでホテルまで45分・4000円くらいかかりました。
尚、初日は2000時まで粘ったあと会場で知り合ったポーランド人に送ってもらいました。
海外で地元ヲタに乗せてもらう確率が8割を超えている様な。

 というわけでラドムエアショー、オヌヌメかと聞かれれば是非ともオススメです。
特に家族連れやちょっと観光もしたいという向きにはベストチョイスではないでしょうか。
ラドムは隔年でMAKSと被ってるから次回はMAKS行くけどね(ちょww)!

 それでは次回、いよいよラドムエアショーです(何ヶ月引っ張ってんだ)!
1508ラドム1日目、お楽しみに!
スポンサーサイト
プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR