2015年ヒコーキ写真BEST10

こんにちは、REMCATです。
2015年は飛行機に限らず沢山の方のお世話になり、ありがとうございましたm(_ _)m。
2016年も最適の健闘をする所存ですので、なにとぞ宜しくお願い致します(`・ω・´)ゞ。

さて2015年に撮ったヒコーキ写真から拙作ベスト10を選んでみました。
昨年に同じく、写真の巧拙よりもそれを撮るためにどうアプローチしたかがウェイト高し。
各葉で基準はバラバラなので、同点1位以外は実質同点3位と思っています。
それでは2015年最後のREMCAT in the SKY!、始まり始まり・・・。

1位:F-15J, JASDF 303SQ, 小松航空祭
2015123103112204d.jpeg
特別塗装機の背面ベイパーを撮っており、飛行機写真として格好良い事。
心の先生である小松基地303飛行隊の戦闘機である事。

同率1位:F-15J, JASDF 306SQ, 小松航空祭
20151231031108617.jpeg
1位に同じ。なお、上位2枚は差がないため、部隊順のみ昨年と交代している。

3位:SU-30MKM, RMAF, LIMA
20151231031123b14.jpeg
フランカーを見たい一心で海外遠征した事。
綺麗な背面写真を撮るために、事前に十分に調査し、現場では臨機応変な突貫を行った事。

4位:F-15DJ, JASDF 飛行教導群, 新田原航空祭
201512310311213ec.jpeg
自分エアショー史上最悪の悪天候になったものの、天気などに断じて屈さず、
その時その場で出来る最適の健闘をして撮影した背面ベイパーショットである事。

5位:B777-200ER, British Airways "Great"livery, 羽田空港
20151231031647d40.jpeg
飛来情報を得た時は12日連続長時間勤務の中日で疲労困憊していた。
しかしそれを理由に行かないのは、仕事のために生きる事を意味するため、
克己して早朝出頭前出撃で撮影した。
己が仕事の忙殺でハイになるためではなく、好きな物のために命を使うと、
自分と世界に示した事による。

6位:MiG-29, Polish Air Force, Radom Airshow
201512310314573aa.jpeg
夕陽と戦闘機のシルエットが、飛行機写真として綺麗な事。
非英語圏のエアショーに初挑戦した事。
エアショーのみでなく名所旧跡を周りポーランドの歴史を学んだ事。

7位:E-3, USAF, 横田航空祭
20151231031800508.jpeg
例年のパラシュート降下を撮る際に、
米軍基地という「場所」とお祭りの賑やかな「雰囲気」を表現したいと思い、
その場にある物を予測と想像から活用し、イメージ通りの写真を撮った事。

8位:B747-8, Lufthansa, フランクフルト上空
20151231031354e02.jpeg
離陸直後に逆光・千切れ雲群・旋回上昇に入った。
この状況で主翼に虹が出る事をこれまでの経験を活かして即座に予測・想像し、
イメージ通りに撮影に成功した事。

9位:B777-200, ANA, 羽田空港沖
20151231031522ba4.jpeg
ボートクルーズに参加して、普段撮れない環境から
日本のアイコンである富士山と旅客機の離陸を合わせた写真を撮れた事。
またこの際、多くのヒコーキファンの皆様と知り合えた事。

10位:KC-767, JASDF 404SQ, 岐阜航空祭
20151231031115da8.jpeg
FBにて「素人目にも迫力を感じるのでタダのヒコーキヲタではないとだけ言っておこう」
というコメントを貰ったので、多少なりとも自己満足の範疇を超えたと推定するため。

今年は悪天候のエアショーが多く、上位4枚が曇りとなりました。
しかしそれにより、悪天候でも諦めない事を逆説的に証明したと思います。
来年もマイ飛行機撮影教則をブラッシュアップしつつ、
2015年より1枚でも良い写真を撮る事を目指します!
2016年も各地の空港でお会いしましょう!
スポンサーサイト

1508RADOM Day-2 -Great Poland!-

 皆様こんばんは、
航空祭シーズンが終わって旅客機のプチ巻き返しをしたいREMCATです。
半年に1回しか行けないKIXはともかく、成田に今年1回しか行ってないのは少ないだろJK。
そのためにはまず溜まっているエアショーレポを書き切らないといけませんね(変に律儀)。
というわけで長きにわたったポーランド遠征もいよいよ完結、
ラドム2日目の始まりです!

 Good evening, everyone.
Today, we will see the last article of Radom airshow.
This might also be the last talk in 2015's REMCAT.
In the 2nd day, I went to the outside of Radom airbase to get a good light condition.
Okay, let's roll!!

Dancing Glider
_MG_2148.jpg
朝の9時ごろに先に紹介した撮影スポットに到着、砂利山に登って機材展開です。
午前中はラドムにあるポーランドアエロクラブの機体が飛ぶのですが、
プロペラ機やグライダー、果てはTS-11まで繰り出してナカナカの充実度でした。
特にこのグライダー、動力もないのに翼端スモークをテープの様に華麗に引いて
まさに空中ダンスでした。位置エネルギーと運動エネルギー管理ハンパねぇ。

TS-11 Iskra
_MG_1970.jpg
Aero club operates Iskra? This trainer performed pretty good flight!
Especially, this shot shows the unique shape.
I found that its intake is very small,
why can such a small mouth give the engine enough air?
In addition, you wil see a curtain behind the rear seat.
It must be a instrument for navigation training flight.

SU-22M x6
_MG_6122.jpg
いよいよエアショー本番、今日もポーランド空軍の観閲編隊飛行の始まりです。
ヘリとか輸送機をすっ飛ばしてSU-22の変態効果もとい編隊航過。
インテークの吸気注意を拡大してスペマにするパターン多し。
トラ柄の特別塗装を機動飛行にも地上展示にも出さずに
ワンパスだけさせたのはどういう心境によるものなんだぜ(・∀・`;)

MiG-29 x6
_MG_6153.jpg
Gurdian in the sky, MiiiiiiG-29!!
The swords of national guard show the well-trained power for people!
Some MiG-29s were shoot down by U.S. fighters,
but it is not owed to the ability of MiG-29 but to the poor circumstance.
In the modern air battle, AWACS is neccesary.

F-16D+52 x6
_MG_6188.jpg
ポーランド空軍の最新鋭機。あ゙あ゙っ!こっちもよく見るとトラ柄がいる!
ついでにタンクはの有無が混じってますね。
米軍もCFTは付けられるらしいですが、通常のタンクの方がコスパいいのかな。

MiG-29 Slovakian AF
KO8A0426.jpg
The first dancer of 2nd day is MiG-29 from Slovakia.
The airshow in Slovakia is called "SIAC", and Czech is "CIAC".
Both country has small air force, but

MiG-29 Slovakian AF
KO8A0297_2015122019354841e.jpg
頭上を背面で高速通過したので迫力のある切取り方で撮ってみた。
機体が画面から溢れらめええっ!あふれちゃうううっ!
・・・失礼、混線した様だ。
溢れそうなときは、コクピットを角にして対角線で機体をできるだけ収めると良い希ガス。

MiG-29 Slovakian AF
KO8A0442.jpg
Compared to her TuAGi sister SU-27, her flight is normal.
I heard that the maintenance cost of big SU-27 is cheaper than that of small MiG-29.
As a result, Derivatives of SU-27; SU-30MKI, MKM are operated in many country.
On the other hand, Most of MiG-29 in the world are same type at a glance.

C-101 Patrulla Aguila
_MG_6270.jpg
初日はスコールが降っていたので撮影できなかったパトルイユ=アキラ。
アキラはスペイン語で鷲の意味ですが、
すると漫画家の鳥山明は英語で意訳するとEagle on the bird-mountain?
そういえばあの漫画家のキャラってよく空飛ぶよね。
そして筋斗雲が物語中盤から不要になっている気が・・・。

Mini Phantom...?
_MG_6409.jpg
LooK, this trainer C-101 has some similarities to F-4...
Her nose and canopy line resemble to Phantom.
If you shorten F-4 and take 1 engine from it, that's C-101.
I might believe that she is a derivative of F-4 for new pilot.

Rolling back to back
_MG_6430.jpg
2機での対面バレルロール。コークスクリューと違って基準点がありません。
さすがに動くお互いを基準にしているとは思えないのですが・・・。
何にせよ優雅で技量の高さもわかる演技、ブルーインパルスも取り入れようず。

Wolf pack
_MG_6565.jpg
Some spotters say that acro-team plays same performance everyday.
If you get a bit tired of your nearest acro team,
I'd reccomend you to go outside.
The boring performance will show another powerful aspect.

EUROCOPTER EC665 Tiger Turkish Army
KO8A0538.jpg
トルコ陸軍の戦闘ヘリがラドムに初登場。
AH-64アパッチより1~2周り小型の欧州製ヘリです。
ヘリは信地旋回(この場合は信空旋回?)で会場内にとどまってデモするので、
この時ばっかりは会場の方が見栄えはいいです。
戦闘機基地のエアショーでしかヘリを見たことのない人は
陸自主催のヘリ基地航空祭に行くとよろしある、
不思議で機敏な動きに一気にテンションが上がるあるよ。

F-16A Belgian AF
KO8A0788.jpg
Belgian F-16 demo team changed its livery from 2 years ago.
It is undoubtable that F-16 is the masterpiece of 4th generation jet fighter.
It offers reasonable and trustable air-defence to the many countries.
I've seen 4 F-16 demonstration team, Netherland, Belgium, Greek, and USA.

I'm hit!
KO8A1024_20151220193901fea.jpg
【訃報】銃撃されますた・・・。
旋回の途中でピッタリと正中線に入りました。
「お前のカメラが機銃だったら、俺は撃墜されていたかもな。」
「アンタの引き金がカメラだったら、ピューリッツアー賞ものだったさ・・・」
ついでにインテークが大きいタイプのF-16って、正面から見ると本当にビッグマウスね。

EF-2000 Italian AF
KO8A1258.jpg
The fighter made in the Ferrari country!
When I started to be interested in airplane,
EF2000 was not so major as today.
Within 8 years, it becames one of the representive European jet fighter.
I'm now building 4 EF2000 in 1/144 scale, U.K., Germany, Spain, and Italia!.

L-39 Baltic bees
KO8A1577.jpg
今思いついた飛行機撮影教則第7条、「アクロチームは場外から撮れ」。
アクロチームはショーセンターに対しては綺麗で安全無難な動きしかしませんが、
場外、特に外周裏側の高度や距離には無頓着です。
会場内よりも近くを密集体型で低く飛ぶので、一度見たチームならオヌヌメ。
撮影教則第4条から6条まで考えなきゃ(・∀・;)。

L-39 Baltic bees
KO8A1660.jpg
2 bees fly pass. They don't perform powerful maneuver, but showy, beautiful.

Rafale French AF "Tiger meet"
KO8A1926.jpg
多分会場で最強の戦闘機登場っ!
機体のカッコよさ・塗装のインパクト・フライトの美しさで
他を圧倒的に引き離して機動飛行します。
ついでに性能も会場内の飛行機では一番高い(ついでなのか)。
ブロックポイントはちょうど9G旋回の中央になるので、
自分の周りを戦闘機が背中を見せてぐるっと一周するのを全部撮影できます。

MiG-21 "Lancer" Romanian AF
KO8A2428.jpg
Расцветали яблони и груши,
Поплыли туманы над рекой;
Hahaha, Russian fighter and language are very exotic!
I eager to go MAKS in 2017!!
This Romanian MiG-21 "Lancer" is modernized model by Israel.
The prime factor of the victory in 21th century air battle is
not the agility but the radar and other avionics.

F-16D+52 Greek AF "ZEUS"
KO8A2151.jpg
似た様な写真が続きますが、ギリシャ空軍のゼウスktkr!
おら、デウスさまのおフライト見たらパライゾさ行けるだ・・・。
ていうかアンタ、お国が財政破綻で踏み倒し云々言ってる時期だったのに
なんでRIATとかラドムにデモチーム来てるの(・∀・;;)?!
売店で僅かながら喜捨してきました、いいぞもっとやれ(=゜ω゜)ノシ!

MB-339 Frecce Tricolori
_MG_6629.jpg
Break! Break! 10 planes devide the formation beautifully!
Frecce Tricolori is exactly the best acro team in the world.
Their moving is very showy and beautiful,
announce is funny, and 10 planes team is powerful!
The best position for watching this team is absolutely the show centre,
because they came from the country of Opera!

MB-339 Frecce Tricolori
_MG_6678.jpg
水墨画風味のリピートパターン絵画。
フレッチェは自分でスモークをガンガン炊いて煙幕を作ります(笑)。
もともと曇り空だったので完全に水墨画状態ですが、
完全に揃った飛行機柄の手ぬぐいに見えなくもない(え~)。

SU-22M Polish AF
_MG_6843.jpg
Bombing demo came in!
Yesterday, I was suffered by a surprise attack.
Today, I prepared for this sneak attack, but lost the target (ノД`)!
The only shot which I got was this SU-22.

SU-22M Polish AF
_MG_6942.jpg
可変翼機って可変部分に武装を吊るせないので、
肩の大きさで武装搭載量が決まりますね。
特に胴体を丸くしちゃってるSU-22はしんどい。

Mi-24 Hind
_MG_7108.jpg
Bad guy invades airshow!
Hind did'nt move quickly, but I think it can do.
Have you hear the sound of Hind flying?
It's very unique and cute.

Two bad sharks
_MG_7795.jpg
実は上のハインドとは違うデモですがマトメる。
2機のハインドによる会場侵攻デモでした。
なんか遊弋する鮫みたい。ハインドは純粋な攻撃ヘリと異なり兵員輸送も兼ねます。そのため図体の大きさが欠点ですが(特に正面投影面積)、前線に兵隊を空輸したのち即支援戦闘できるメリットは大きいですね。この辺の発想って国土が広くて補給に難があるソ連だから?

F-5E Swiss AF "Patorui Swiss"
_MG_7352.jpg
My first watching of Swiss jet acro!
F-5 series are very smart and heroic style.
The cost-performance is sometimes the big factor of product attractiveness.

Burning sky with acrobat team
_MG_7209.jpg
夕日が会場反対側から見て左側に沈むので、
雲と太陽の中に機体が入って幻想的な夕日ショットを連発です。
この時、日本語で「ネ申キター!」と独り言を言いました(笑)。

Back to back
_MG_7426.jpg
Japanese Blue Impulse also plays this performance.
Actually, lead solo doesn't fly just over the solo.
If you see this play from the end of runway, you can easily find.

Tight formation
_MG_7440.jpg
昨日は真っ白な逆光に溶け込んでいたパトルイユ=スイスもリベンジ。
F-5Aの愛称がフリーダムファイターだったから
F-5E/Fはスーパーフリーダムファイターであるべきだなんて思ってませんよボクは。
そんなリア充のために働く奴隷どもはシベリア送りだ。


MiG-29 Polish AF
KO8A3267.jpg
Polish MiG-29 flies as the last performer.
If SU-27 is eagle, MiG-29 is falcon or hawk!
They are very similar not only the appearance but also the maneuverability!

Maybe the best shot in the expedition!
KO8A3227.jpg
見事な夕日のグラデーションにMiG-29が突入!
シルエットなので、こちらに向かって突っ込んでくる様にも見えます。
逆光と(エアショーの時間だけ)悪天候で撮影に悩まされたラドムエアショーでしたが、
まぁこれが撮れたので良しとしよう。

Finale flare!
KO8A2890.jpg
Show-stopper is the mighty sky fighter MiG-29, Kosciusko SQ!
I found the strong Polish resolution by which they save their own nation!
When we see the history book, we can found that
Poland was invaded by neighbor countries many times.
However, they had never given up their dignity and independence.
Strong Polish airpower clearly shows that the spirit is still living now.
I would like to represent a big homage to the Poland and its nation!

Sunset of Radom
_MG_7683.jpg
エアショーの終焉。
ラドムで一番大きな教会に日が沈み、最後の展示機が帰ってきます。
丸々2日間、ポーランド空軍の総力を上げた大航空祭で楽しかったです!

 というわけでポーランド遠征記は完結っ!お疲れ様でした~!!
今回の遠征の課題は、非英語圏・観光との複合作戦の2点でした。
しかし事前の調査と予測を十分に行ったことで、
「あれー、計画通りの結果ばっかり出てくる」って感じで少し物足りない気味(笑)。
これまで4回の海外エアショーは欧州3回・マレーシア1回で
米軍機成分とロシア機成分がほしくなってきたので、
次の海外エアショーはアメリカかロシアにしようと考えています。

 それでは次回、年末ですし「今年の10枚」をうpる予定です。
国内外遠征合わせて10回と空港出撃10数回のなかから選ばれるのは
どの写真か・・・?!お楽しみに~(^^)ノシ!

1508RADOM Day-1 -祖国の護り-

 初参加にして大移動前最後の新田原に行ってきました、
REMCATです皆様こんばんは。
今度はぜひ新田原デフォルトの快晴で撮影したいので、
アグレッサーとF-4がいなくなっても来年もまた行きたいんだぜ。

さてそんな12月も佳境になっている当ブログで、
まだ8月のラドムエアショーをやっている輩がチラホラ見受けられる。
そういう連中を、どうしたらいい?!(デーモン小暮閣下風味)
年が替わる前には完結させたいですね(棒読み)。
今回はいよいよラドムエアショー本番初日、切符を買って中に入ったところからです。
見せてもらおうか、中欧の大国の空軍の実力とやらを!

 Guten abend, everyone.
Talk about Summer airshow in the Winter, that's my way, hahaha!
The tales of Radom and Poland rest only 2 stories,
so let's finish them up until 2015.
Okay, now you see the rare planes in Poland!

TS-11 Polish Airforce
_MG_0062.jpg
ラドムは練習機部隊の基地だそうで、故に外撮りOKだそうです。
もっとも演習になると作戦機の基地でも黙認になるらしいですが。
ていうかベルギーやオランダみたいに絶対機数が少ない平和な小国ならともかく、
ホットスポットの東アジアで周辺国は敵しかいない日本が
あらゆる基地で外撮りOKというのも如何なものかと思いますが。

F-16D+52
_MG_9964.jpg
Yeahhh! F-16 with CFT! This is my first time to see CFT F-16!
It was originally designed as a "light weight fighter",
but now no longer such a simple plane.
Today, some countries operate this massive F-16.
Lockeed Martin suggested JASDF that Japanese F-2 equips CFTs,
but Japanese government didn't be attracted.

Face of F-16D+52
_MG_9888.jpg
通称F-78(違)。男どもがみんな夢中になるDのファルたんです。
AやBの時にはなかった左右に大きく張り出したふくらみに
夢とやさしさがいっぱい詰まっています(航続距離的な意味で)。
え?CFTのことですが何か( -ω-)y?

MiG-29 Polish AF
_MG_9939.jpg
We see another main fighter of Polish AF, MiiiiiG-29!!
I imagine that MiG-29 is for air defence, SU-22 is for ground attack,
and F-16 is for both mission.
Germany operated both MiG-29 and F-16 one time after the cold war,
and they found that the maneuverability of MiG-29 was better than F-16.
On the other hand, affordability and maintenance performance of F-16
is much better than those of MiG-29.

SU-22 M4 Polish AF
_MG_0082.jpg
今でも主力の戦闘爆撃機SU-22。
トラ柄にしたり真っ黒にしたりとポーランド空軍バリエ多し。
パッチ売りのおじさんが売り物のSU-22を自分の肩につけてガッカリしましたが、
2か月後にお土産で百里のU氏にもらえました。あざーすm(_ _)m!!

What is this plane...?
_MG_0111.jpg
I have no idea who you are...maybe old Polish cargo, AN-??
Mr.Google says that this is AN-2 in Polish AF museum, and flyable.
It is very longlife plane, and Antonov says that it has plan to build a modernized An-2!

M28 Polish AF
_MG_9686.jpg
欧州系戦術輸送機の1種かと思って調べたら、なんとポーランド国産でした。
PZL M28 "スカイトラック(Bryza)"というそうです。
前にいるのはパッチ売りの少女。よしよし、おじさんが沢山買ってあげよう(意味深)。
去年くらいからパッチ収集も趣味になってきまして、
国内は行った航空祭の部隊、海外は"ビビッ!"ときたパッチを集める方針です。
欧州エアショーはその国の通貨のほかにユーロも使える事が多いので
実弾はありったけ持っていきましょう。
海外だとボッタクリ価格でもようやく日本の通常価格程度ですしおすし。

Mi-14 Polish AF
_MG_9679.jpg
Ocean watching and S&R helicopter. Blue camouflage pattern is unique!
Colour of ocean is said blue, but not only one blue colour.
Pacific ocean near Japan is green, south islands area is light blue,
and middle of Pacific ocean is deep blue.
It is often foggy and cloudy on Atlantic ocean,
so European sea camouflage includes greyish blue and grey-white.

MiG-29UBS Slovakian AF "Tiger meet"
_MG_9704.jpg
シックなトラ柄模様のMiG-29。
ラファールやポーランド軍も複数機タイガー塗装でしたが、
最近タイガーミートがあったんでしょうか。
なんにせよ俺得、リトグラフを買ってサインをもらいました(^^)v。

Squadron mascott on MiG-29
_MG_9790.jpg
Hahaha, cute white tiger.
Some squadron in European air force has mascot of tiger,
and they associates NATO Tiger Meet.
It is an excercise, but also the exhibition of their tiger paint.
If I have a chance, I'd like to go its public day!

C-130 Israeli ASDF
_MG_0032.jpg
イスラエル空軍は英語だと Israeli Air and Space Self Defence Force、
つまりイスラエル航空宇宙軍。ヤダナニその響きカッコイイ(*´・ω・`*)。
ついでに同じSelf Defence Forceでも専守防衛の某国とイスラエルだと
『防衛』の解釈に極めて大きな乖離が生じている気がしますが(笑)。

MiG-21 "Lancer" Romanian AF
_MG_9768.jpg
Look, it's my strategic target of this expedition, MiG-21!
Some countries still operate this old jet fighter,
and Romanian MiG is the most affordable one in airshows.
I read an interesting story. It said that, Romanian AF operated MiG-29 first,
but its maintenance cost was too expensive for small country.
As a result, Romania gave up operating MiG-29 and got old, but trustable MiG-21.
Performance is an important factor of product, but not an only factor of product.

L-410 Lithuanian AF
_MG_0109.jpg
リトアニア空軍というだけでも激レアですが、
機体はチェコスロバキアのLETクノヴィツェ社が開発した旅客機だそうです。
マイナーながらも所どころにキラリと光る存在感がチェコの魅力です。
ときに今回ポーランドに行くと言うと、バルト三国の事?と聞く東大卒がいてワロタw。
ちなみに北からエストニア・ラトビア・リトアニアです(ここテストに出ます)。

L-159B ALCA Czech AF 
_MG_9708.jpg
A special colour of L-159.
L-159 is a modernized L-39 trainer, but most of appearance is same.
The difference is its nose, L-159's is longer because it has radar.
Czech industrialization had its rise in late 19th C.,
and it was a pretty big industrial accumulation area through the era.

Tornado GR.1 German AF
_MG_9712.jpg
ドイツ空軍のトーネード。
いまどき「トルネード」という人もいませんが、発音に気を使うとさらに通に見られます。
発音を聞いていると、「ト→ネ→ド」ではなく「トゥUネィUドゥ」な感じです。
トーネード含め可変翼機は10機ほど積んでいますが、工程が複雑化不可避gkbr。
ついでにF3.型って斜め下から見ると機首がF-15に似てるよね。

HawkT1-A RAF 100thSQ
_MG_9728.jpg
Aggressor SQ from U.K.!
It might be rarer than Typhoon or Tornade of RAF,
because they are constant participants in RIAT.
Hawk is very agile, small, and it can operate missles.
If the veteran pilot drive this light plane, it will be a big threat for biginners.

Eurofighter German AF
_MG_9733.jpg
ドイツ空軍ではタイフーンとは呼ばないそうな。
WW2の後半でしこたま追い回されたからかな?
米英軍のヤーボに追い回され地面を這い回るのは屈辱の極みだ。
ところで右の燃料タンクだけタイガーミートなのはなぜなんだぜ。

SAM
_MG_0047.jpg
This is not a plane, but there were some tanks and SAM in the airshow.
If official military use this weapon, it is the great defence.
However, if guerilla has, it becomes a big threat for passenger aircraft.

 ここからいよいよエアショー本番、
ポーランド空軍司令官が演説した後に大編隊が観閲航過飛行、
そして各空軍のデモフライトです。
Polish civil aero club flies in the morning.
On the noon, a long speech was held by the General of Poland,
and the airshow becomes its throttle in "military power".

TS-11 Iskra
_MG_0136.jpg
Iskra means "Thunder". Polish trainer formation draw the national flag.
Polish flag's white means the dignity of the repblic and red means the freedom.
The trainers grow up the pilots those who will save the banner of the nation.

MiG-29 Polish AF
KO8A1171.jpg
フレアフレアフレア!人生初フレアです(意味不明)。
MiG-29は垂直尾翼前のドーサルフィン状の細長い箱から
フレアを斜め上に射出、機体からはかなり離れてから光ります(そりゃそうだ)。
機体と光るフレアの間に二番手のフレアが飛び散っていますね。
初日はどういうタイミングで出すのか知らなかったので運任せでした。

Frecce Tricolori
_MG_0730.jpg
The best acrobat team in the world!
2015 is the 55th anniversary of the team,
and Frecce Tricolori shows its flight in many airshows.
Italian military is famous as its weakness in the actual war,
but the team less than 11 members works excellently.

Rumsh back
_MG_0808.jpg
いやこの煙の動きはおかしい。
普通の飛行出力だとエンジンストールするはずだから、
アイドリング状態に絞って舵面の動きだけで起動しているのか?
これ、後輩に教えるときはどうやってるんでしょ(・∀・;)

Angels under the god bless
_MG_1144.jpg
Patrulla Aguila fies under the god bless cloud.
When a big cloud come in front of the Sun, this scene appears.
However, we were suffered the heavy shower few minutes later.
Why sun of a bitch damned weather can't hesitate rain during the airshow? Shit!

PZL-130 "Orlik" Polish AF
_MG_1437.jpg
機体名Orlik(若鷲)がそのまま曲技飛行隊のチーム名です。
初等練習機のアクロチームですが、ポーランド空軍のアクロチームって
プロペラとジェットの両方あって、しかも塗装は通常機と同じなのね。
機敏な動きとスモークでなかなかの見栄えでした。
スイスのピラタスチーム(名前忘れた)もスモーク使えばいいのに。

PC-7 Austrian AF
KO8A8556_20151213233803661.jpg
Austlarian...no, no, no, Austrian AF trainer demonstration!
30th anniversary but what's anniversary?
I imagine that PC-7 operation.
Gross blue colour with gold characters seems beautiful,
but light condition was not good.
I got a patch of Austrian AF, this must be very precious!

Rafale French AF "Tigermeet"
KO8A8814.jpg
真打ち登場、今回のエアショーで多分一番高性能なラファールの登場です。
会場にいる互角そうな性能の機体と言えばユーロファイターですが、
センサーフュージョンと機体のカッコよさを考慮すると(するのかw)こちらが上。
あと、デモの見せ方がたいへん上手です。この辺りはさすが芸術の国。

F-16AM Belgian AF
KO8A9153.jpg
Flare Flare Flare!! Burning magnesium lures enemy missle.
My teacher of military aircraft shooting took Netherland's F-16 with flare
and put on a cover of Japanese aviation magazine.
He is now a person of consequence in military genre.
I wish I also become such a special man!

F-16AM Belgian AF
KO8A9125.jpg
(悲報)げきついされますた・・・。
意外と予備動作なく撃つので結構タイミングを予想しづらいです。
あえて言うなら、多少高く上がったりループを描いたりするあたりが多い。
RIATは最近フレア禁止になったので、中進国~途上国のエアショーが狙い目。

L-39 Baltic bees
_MG_1679.jpg
After a damned shower, it becames sunny (too late!).
Baltic bees is a Latvian civilian jet demo team, using L-39.
L-39 is not so powerful but they makes a tight formation, cool!
In addition, its colour-yellow and deep blue- is showy.

SU-22 Polish AF
KO8A9622.jpg
ひたすらド逆光でしたが夕方5時頃にようやく日が後ろに回り、
SU-22の航過飛行は順光で撮れましたd(・ω・´)。
それにしても可変翼機って男の子の憧れですな。
ワタクシも最近突如トムぬこの魅力に目覚めますた(そっちかい)。

MiG-29 Slovakian AF
KO8A0189.jpg
Just a night show, but after-burner seems beautiful!
My eyes adapted to the dimness of sky so it seemed lighter than this photo.
You would better to pay attention to the configuration of camera
especially in early morning and early night.

Engine trouble...?
KO8A0180.jpg
エンジンから出火して緊急着陸って思うじゃん?
思わずにいられようか、いやないじゃん?
だがあにはからんや(弟は謀った)、これで平常運転だからwww!
普通に飛んでる分にはそこまで黒くないですが、
旋回したり低速飛行になると一気にモクモクします。
RIATでも「The most noisy and smoky one in RIAT! MiiiG twenty-nine!」
って放送されてました。

Mi-24D Polish AF
KO8A9884.jpg
The mighty heel appeared...
By its eeire face, Mi-24D Hind makes us imagine the bad face of the movie.
Hind was not designed as a pure attack-heli, but armored transporter originally.
Thus, fuselage is pretty big as attack-heli, and it is the weakpoint.
However, it can bring troopers rapidly and assist them by the weapons,
it is the big advantage which AH-64 or AH-1 don't have.

エアショーは1900で終わるはずだったのですが、時間が押して1930になっても続行。
ナイトショー状態になってヘリボーン部隊の演武が始まったのですが、切り上げます。
ホテルまではバスとタクを使う予定でしたが、
会場でおしゃべりしたポーランド人親子にホテルまで送ってもらえることになりました。
彼は英語圏の企業で働く歴史好き、日本のことも多少詳しかったです。
こういう時に相手の国の事を全く知らないと失礼なので、旅先の歴史の本はマストアイテム。

 というわけで、ホストのポーランド空軍を中心に
欧州各国が大乱舞したラドムエアショー1日目でしたっ!
ホテルに帰ってからポーランド人・フランス人の友人から情報収集、
会場裏側の撮影ポイントを聞いたので翌日はそちらに行くことにしました。

それでは次回、1508RADOM Day2 -Great Poland-
年内に書きます。年内に書きます!大事なことなので2回(以下ry)!

プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR