1611 Aviation museums tour -まだだ、まだ終わらんよ!-

 皆様こんばんは、書きかけで公開設定にしていたREMCATですテラハズカシス(/∀/)。
もはや月刊誌状態となっているこのブログですが、
続ける気は満々ですので生暖かい目で見守ってやってつかぁさい。
というわけで今回はネリスの後に行ったシアトルの航空博物館巡りの話をば。

Hello, everyone. Today, I'll share you some pictures of aviation museum collections in Seattle.
As you know, there is the headquarter and main factory of Boeing Co. in Seattle
In addition, the city has some aviation museums.
I planned to go sightseeing all of them, let's roll!!

Museum of Flight
_MG_0417.jpg
シアトル市中心部とシアトル=タコマ空港の中間あたりにあるミュージアム オブ フライト。
ボーイングのレントン工場に併設されており、多分ボーイング資本が入ってます。
まぁ各務ヶ原の航空博物館みたいなもんよ。市内・空港どちらからもバスで行けます。

KC-46 in test
_MG_0420.jpg
Yeahhh!! Lucky boy, it's me!
Just when I arrive at the museum, this KC-46 "Pegasus" show me test flight.
JASDF decided to purchase this type in addition to KC-767.

G.9 Frecche Tricoroli
_MG_0433.jpg
「けっ、こんなの本物の戦闘機じゃねぇや、ただのジェット機だ。」
出オチのゲストキャラを回避したと思ったら1話後で死んだマリオが乗ってた機体。
曲技と戦技は同じでも戦争はまた別だったってことか。

L-1049 Super constellation
_MG_0452_20170212213051185.jpg
The most beautiful recipro engine airliner made by Lockeed.
Lockeed airplanes has constellation's name, Orion, Vega, and so on.
I saw flyable one in RIAT 2013.

Space shuttle
_MG_0474.jpg
かつての宇宙往還機。今はアメリカってもうスペースシャトルやってないのね。
コストがかかりすぎるとはいえ、閉鎖環境の地球で資源の取り合いするくらいなら
早いとこ宇宙に出てしまって無限の資源獲得を狙った方が良い気がします。

B-49
_MG_0489.jpg
After the WW2, USA planned to build jet heavy bomber in order to airraid Soviet Union.
This B-47 is made for that purpose, pretty similar to B-52.

B747-100
_MG_0552.jpg
みんな大好きB747の初期型。そういえば同じ塗装のさらし首が成田になかったか。
航空ファンの受売りだけど、今ってB747-8とB773ERのお値段ってほぼ同じなのね。
だったらB773ER買う方がお得な気がしますな。
おそらくB747は初期型からの共通設計部分の減価償却とか
とっくの昔に終わってるに違いない。

F-14
_MG_0568.jpg
F-14 Tomcat! Why shouldn't I start my hobby 3 years earlier?
If I started, I could've take F-14, F-1, DC-10, MD-11 and other precious airplanes!
I wish I could go back to 1990's with my latest cameras.

SR-71
_MG_0685.jpg
アメリカの大きな博物館によく飾ってあるマッハ3の黒い鳥。
背中のブースターみたいなのは何なんだろ。
ほぼ直進飛行しかできなかったそうですが、
マッハ3で格闘戦もできる飛行機をマジメに考えると、おそらくエンジンにブレイクスルーが必要だな。

MiG-21
_MG_0727.jpg
A rival of F-4 on Vietnam.
This small and symple fighter takes low cost for maintenance,
so some countries still use upgraded version.
I watched Romanian AF MiG-21 in Poland airshow, it was attractive.

F-4C
_MG_0763.jpg
空軍型だからCだろ多分。D型は複座のはずだからな(素人発言)。
日本で有名な米海軍機と言えばF-14ですが、
アメリカでは運用期間が長くてベトナムで活躍したF-4の方が人気だそうで。
博物館展示で思い出したけど、小松の航空博物館にも飾ってぇな。ええやんええやん。

F-104
_MG_0753.jpg
Belonging to NASA. This pencil-like airplane is built in 1950's.
10 years ago from 1950, Type zero fighter was built.
How do you think about this speed of technology evolution?

Airshow? I do go!
_MG_0816.jpg
エアショー?!EOS7D2に500㎜つけて行くわ(=゜ω゜=)ノシ!
多分戦間期のエアショー草創期のポスター。
「混雑を避けるためにお早目にお越しください」という記述に注目。
この時代に既にエアショーどころか自動車が大衆に一般化していたという事です。

Albatros D.V
_MG_0972.jpg
Paint on fuserage is not so sophisticated, but very showy!
In the age of WW1, fighter pilots are kinds of knights and hero in the sky.
They painted their own "horse" colourfully.

Strange figure
_MG_1052.jpg
空手で言う所の「前羽の構え」ですね。うむ、腰で半身を切っているし間違いない。
パイロットへのトロフィーみたいな中にあったんですが、何だこりゃ・・・?

P-47D
_MG_0912.jpg
Big and tuff guy Thunderbolt.
This plane was originally designed to fly high sky to escort bombers who attackGermany,
but P-47 didn't have enough range to guard bombers during full operation.
After appearing P-51, she change the job and attack the tanks and other groung targets.

Boeing field
DPP_0028.jpg
シアトル2日目はエベレットまで行って工場見学とミニ博物館巡り。
早く着きたかったのでタクシーに乗りましたが、タコマ空港から80ドルくらいかかったので
低コストの路線バスか現地ツアーもお勧めです。帰りはバスを乗り継いで節約しました。

The biggest building in the world
DPP_0029.jpg
It was Tuesday and my tour was from 09:00, there were 5 persons in my tour.
Tour guide show us B747 line, B777 line, and B787 line.
Each assembly line has 3 or 5 planes and they are all in this building.
I want to build this construction in 1/1000 scale plastic model!

B777-300ER in Testing
DPP_0030.jpg
見学センター屋上から工場を見たいと思って上がると、なんと試験機がちょうど離陸!
それも最新主力製品のB773ER、端切れラッキー凄まじいなw。
エアラインは分かりませんが、グリーンメタルの塗装がカッコイイですね。

Screaming lady
_MG_1286.jpg
Oh, what made this cute girl scream?! You will see the answer below.
After Boeing tour, I visited 2 smal museums which has many flyable plane collections.
If you see such precious heritage planes, you must also be astonished like her, hahaha!

Historic Flight Foundation
_MG_9432_20170212213306f46.jpg
ボーイングの見学センターがエベレット空港の北東側、
ちょうど反対側の南西側がこのヒストリック フライト ファウンデーションです。
数は10機そこらですが、ハンガーの中に傑作機が所狭しと並べられています。
しかも全部飛べます。アメリカのこの航空文化は素晴らしい。

P-51C
_MG_9428.jpg
This type is not the famous "D".
Canopy shape is same with Spitfire to improve 6 O'clock view.
Zebra like stripe on the wing and fuserage is called "Invasion stripw".
When Operation "Overload", United allies painted this pattern to identify friend or enemy.
Once a plane is not this zebra pattern, it means that "Enemy".

F8F Bearcat
_MG_9427.jpg
WW2のアメリカ海軍最強機。烈風とか震電量産する頃には米軍もF8F出してくるよ!
F6Fに比べて引き締まったとか言われますが、横から見る分には同じ様に見える。
ついでに主翼の折畳み方法がF4F、F6Fと続いた後ろにバッサリ曲げる方法じゃないのね。

Spitfire
_MG_9341.jpg
After WW2, many fighters were sold to small countries.
This Spitfire is one of them, belonged to Czeck AF.
In 2017, MAKS is held in July, I can't go there....
I'm now planning to go to SIAF in August or CIAF in September.

F7F Tigercat
_MG_9435.jpg
WW2太平洋戦線の後半の主役F6Fとグラマンレシプロ機の完成形F8Fに挟まれて
微妙に目立たない双発機。何気にすごく良いものを見た気がする。
双発機を艦上機として運用かぁ。複座にして雷撃・爆撃機にすれば良かったんじゃ?
でもA-1が単座でそれやってるしなぁ・・・。

DC-3
_MG_1332.jpg
Beautiful recipro airliner in 1930s.
IJAAF also used this type as Type-3 transporter.
The left fat uncle under the wing guided me and explained about aircrafts.
In addition, he took me to the next museum on his car, thanks!!

Precious flight jacket
_MG_9442.jpg
お土産コーナーの近くに掛けてあった、館内のオジサマ達が着ていたジャケット。
館内には数人のレストアエンジニアのボランティアがおり、解説付きで案内もしてくれます。
平日の雨の日だったのでじっくり解説してもらえましたが、楽しんでる感がありました。
で、このジャケは非売品。レストアのボランティアを200Hだかやると貰えるそうです。
ある意味ものすごく高価な貴重品です。

Flight Heritage Collection
_MG_9443.jpg
今度は空港南東側にあるフライト ヘリテージ コレクション。
日本だとレシプロ機のDVDでよく登場する、あの博物館です。
さっきのHFFに比べると博物館的な置き方をしており、機数も倍以上あります。
当然全部飛べます。何度も言わせないで下さいよ。控えめに言って最高だろJK。

Type-1 fighter "Hayabusa (Oscar)"
_MG_9486.jpg
IJAAF main fighter. The name "Type-1" means that IJAAF equipped the fighter
in Kouki (Imperial Japanese Era) 2601th year.
"Hayabusa" is the pet name of Type-1 fighter, it means Falcon.
Falcon of bird can dive very first, on the contrary,
this machine falcon was very agile but not big at dive attack.

P-51D
_MG_9470.jpg
Please pay attention to see its canopy.
You can find that its shape is different from the farmer P-51C.
This expanded bubble shape canopy provide pilots wide view.

Fw-190D
_MG_9524.jpg
ドイツ空軍戦闘機の雄、長鼻のドーラ。フォッケウルフって強くなるごとに鼻が長くなるね。
1/48でレシプロ戦闘機バンバン作りたいけど、まず日本機の在庫を作らないといけない。

B-25
_MG_9545.jpg
When this middle size bomber appears at the airshow,
you must listen to the announce "Doolittle".
He is the U.S.army pilot and the first person to throw bomb on Japan.

T-34
_MG_9591.jpg
プラウダ学園所属のT-34(違)。大学戦序盤のシーン泣いたよね(関係ない)。
戦車や装甲車も数両置いてありました。多分稼働します。
ソ連の戦車なんてどこから調達してきたんすかw。

P-51D in the hanger
_MG_9840.jpg
Beautifu silver body.
Fighters contribute to its nation 3 times.
First, during its manufacture, advanse the level of technology and industry.
Second, during its use, save the nation.
Third and at last, it is exhibited in the museum and tell the history to the next generation.

MiG-29, what?!!
_MG_9855.jpg
ちょw、ジェット機ww!もはや博物館の域を超えて軽く私設軍隊だろこれwww。
聞くとモルドバだかどっかの不要機を引き取ってフライアブルにしているそうです。
MiG-29を1機飛ばすのに整備やメンテ部品含めてどれだけ必要か知りませんが、
こんな企画なら年1万円は寄付するわ!このほかにF-105もありました。

 というわけで、1週間の飛行機漬け・英語漬け企画でした!
現役の飛行機とそれに至るまでの航空史を詳しく見られてとても楽しかったです。
羽田レベルの空港がザラにあり、日本のを束にしてかかっても勝てない博物館が随所にあり
民間も軍隊も常に航空の最先端、やっぱりアメリカは「空の帝国」なんですねぇ。

As a conclusion, I'd say that U.S.A is the "Empire of the sky".
The country has been breaking the front line of aviation history
from the invention of flying machine to the journey to the moon.
I was inspired by its frontier spirit!

Well, Okay, let's go back to Japan.
In Hyakuri AB, Japanese strongest SQ waits for us!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR