FC2ブログ

1708Radom Aieshow Day2-2-Polska-

 師走も中盤になろうという時に8月の航空祭を流しているREMCATです、皆様こんばんは。
幸か不幸か国内で書くことがないのでポーランド→ウィーン→新竹の順に
アグレスが来るまでには書きたいですね(悠長にもほどがある)。
というわけでラドム航空ショー2日目後半の始まりだっ!

B-1B USAF
KO8A2289.jpg
Black swan come from SIAF!
A mania near me said that it comes from Slovakian airshow as an exercise.
Actually, he went to SIAF on Saturday and came to here Radom today.
What a hell crazy mania he is!

White death swan
KO8A2302.jpg
おお、これが日本のメディアから「“死の白鳥”と言われている」と報道されたB-1ですか!
どう見ても真っ黒だし、そもそもそんな愛称は米軍もつけた事がないけれど、
頼まれもしないのに国民の代表を自称して公明正大な報道を行う
日本のマスメディアが言うのだからそうなんでしょう!そうなんだろ、んんw?
いえいえ、決してエリア88を読んで実際に呼ばれていると信じ込んで報道した結果
引っ込みがつかなくなって、文字通り黒を白と言い張っているだなんて思っていませんよボクはwww?!

Su-27 Ukrine airforce taking off
AS4I2870.jpg
Absolutely the main cast of this arirshow, SU-27 blue camoufrage!
This team sold patches and goods in airshow stage, and they were very expensive.
This demonstration tour must be a precious chance to get foreign currency, hahaha!

Turn back
AS4I2893.jpg
フランカーの画像を貼りたい見せたい自慢したい成分が100%を超えてらめぇ溢れ出りゅぅうううっ!
そんな今回の記事ですが、イイじゃないカッコイイんだから!

Raiding blue shark
AS4I2896.jpg
SU-27's pet name is "Журавлик", it means crane.
But this photo make me imagine a big shark attacking from the deep blue sky!
From wherever seeing, SU-27 is definitely the most beautiful and sexy fighter, don't you think so?

Blue shark
AS4I2928.jpg
平面形は鶴っぽいですが横から見ると鮫っぽい。
いずれにせよ圧倒的な美しさに凡百の戦闘機は平伏すばかりであります。
しかし複座の方がより一層かっこよくなる。
さらにカナード装備で戦闘機のカッコよさという概念の天井を見ますね。

Golden reflection
AS4I2953.jpg
My spotting point is the just opposite side of airshow centre,
and fighter plays 360°turn around me!
Here must be the best position for Radom airshow.

Afternoon airshow
AS4I3038.jpg
この頃まだ14時くらいだと思いますが、光は結構斜めになっています。
広い平面形にフレネル反射でギラギラ。


After burner
AS4I3050.jpg
Red afterburner. Huf, red?! If my memory is correct, that colour is blue...
Soviet army regarded fighters as a kind of expendables
so they are designed to work with high performance but short life.
Why? In the war, fighters will be destroyed by enemy anyway.

Pilot
AS4I3095.jpg
ドアップでパイロットも狙ってみる。
ロシア機のパイロットってキットについてないこと多いよね。
一々ハセガワのロシア武器セット買うのも勿体ないし(トラペで山ほど余る)、
バラで出してくれんかな。ついでにトラペはSU-30MKMはよ出して。3機買うから。

Pull up!
AS4I3157.jpg
This angle is not bad. She shows back, after burner works.
If my lense were 800mm, it might have been much better...
What? Oh no no no, I don't have such a dangerous ambition!

The best shot in the world!
AS4I3234.jpg
自信をもって2017年のベストショットと言える一枚。
8月の時点でベストが当確してるのも如何なものかと思いますが、
このあと日本の主要な航空祭がリアル全滅したので結局ベストのメダルを維持。
ていうか17年航空祭の雨狙い撃ちは異常。

Landing? Not yet, not yet finish!
AS4I3251.jpg
Touch & gooooo!!
The biggest shortage of this spotting point is that I can't see landing.
So dirty pass is nice chance for "landing" shot.

F-16C+52 Polish air force taking off
AS4I3300.jpg
第一ゲストのSU-27の後は第一ホストのF-16!
実はF-16とSU-27って凄く似てるんですよね。
ブレンデッドウィングにクリップドデルタ翼、
長いストレーキと胴体下に半分吊るしたインテーク~エンジン。
同じ空力設計で作られているMiG-29は当然としても、
これだけ似ているのはある意味第4世代ジェット機の外観の完成形という事でしょうか。

Flare shoot!
AS4I3309.jpg
Hasegawa released 1/48 Polish F-16 tiger meet scheme,
but all paint pattern decals were omitted.
Reference says that "Please extend this illustration for painting".
What a hell stupid. Where in the world is a beginner who can dare to try such difficult task?
I, 20 years veteran can, but it is very unkind.
This picture is a good reference.

Finale!
AS4I3321.jpg
派手に捻って離陸した後、遠くの高い所をウロウロクルクル。
どうしたのかと訝っていたら、やっぱりマシントラブルで降りてきました。
フレアは撒ける様で、可燃物を捨てる意味もあってか全部撒いてフィナーレ。
残念、フレアパターンを綺麗に撮るためにまた行きたいぞ。

MiG-29A White cloud and Black smoke
AS4I3359.jpg
Dirty smoke and white summer cloud made a nice contrast.
But why MiG-29's Krimov RD-33 exhausts such black smoke?
I think it will be a shortage of air-to-air combat...

Polska not yet vanished (ポーランド未だ滅びず)
AS4I3372.jpg
かつての普墺露による屈辱と分断の130年、独ソ侵略の軛の6年の間、
ポーランド人は決して自由と独立を諦めず、そのために命を懸けて戦う事を厭いませんでした。
近代世界史的位置づけからすれば、正直言って日本より目立ちません。
しかしその歴史的過程で培われた国民の精神がある限り、必ずポーランドは未来永劫続くと断言できます。

303 SQ heritage flight
AS4I3440.jpg
303SQ is a squadron of Poland airforce in 1939.
JASDF also has 303th SQ and that's my favorite SQ, so I feel sympathy with this memorial paint.

Iskla Polska national flag
KO8A2349.jpg
ポーランド国旗を描くIskra。ポーランドの国旗は夕日に白い鷲が飛ぶ昔話(?)から
夕日が下半分の赤、白い鷲が上半分の白。
だが斜光で白が黄ばんでるし、そもそもこの向きだと上下逆のインドネシア国旗ですやんw。
ちなみに赤と白2色だけを使った国旗は多く、
日本、ポーランド、インドネシア、シンガポール、オーストリア、カナダなど16か国あります。

Red and White
KO8A2387.jpg
Iskra is designed as a trainer and light attacker in 1957 and took her maiden flight in 1960.
She is the first jet aircraft made in Polska, very old!
Her successor PZL I-22 program was canceled in 1990's,
so she is used more than 50 years!

Orlik formation
KO8A2431.jpg
最近中小国でよく編成される、初等練習機のアクロチーム。
プゥゥゥウンンヌという蚊が飛ぶような気の抜けた音ですが(ひどい言いぐさ)、
ジェット機ではできないプロペラ機ならではの機動もできます。

Heading to me!
KO8A2412.jpg
Formation loop come down heading to me!
Airshow program pay attention to the show centre safety,
but doesn't pay for the surrounding area, why?
Anyway, such policy give me plenty of nice shot!

Back to back turn
KO8A2453_20171202222734ae3.jpg
背面合わせで360度ターン。軽快な初等練習機ならではの技ですね。
パトルイユ=アクィラの背面合わせロールも凄いがこちらもカッコいい。
え?ブルーインパルスの前後にズラしたナンチャッテカリプソ?論外。

Coak screw
KO8A2484.jpg
It seems an air combat!
By the way, Polish AF insignia is square, very unique.
It is simple mark, so it is easy to paint by myself.

The heal
KO8A2625.jpg
アフガン紛争で有名なハインドさん。
歩兵を積んで制圧攻撃→歩兵を戦線に投入→直協支援 という流れで
ぼくがかんがえたりそうてき面制圧作戦 を行いますが、
前提として制空権を取っている必要があります。

SU-22 Polish airforce
KO8A2642.jpg
If you wanna see SU-22 today, this Polish SU-22 is the best choice.
First of all, SU-22 operator is very few.
And most of such operators are reluctant to hold airshow!

Variable wing
KO8A2744.jpg
手羽先を返した前進位置の可変翼がなんかカワイイ(*´ω`*)。
主翼の外半分を可変させるスタイルだと容積は広く取れますが
代わりに可変翼のギミックに伴うコスト(整備とか重量とか)に対する効果は薄れますね。

Show end fire!
KO8A2757.jpg
Sunset but SU-22 add the last light by her after burner!
Okay, that's much better than 2 years ago!
 
 というわけで2年ぶりに来たラドムエアショー、
天候・メンツとも前回より圧倒的に良かったです(^^)!
東西の戦闘機が集まりフレアもOKのラドムエアショー、ぜひぜひお薦めです。
というわけでRIATの同じ場所から同じ様に撮るのにそろそろ飽きてきた
重態エアショーマニアは、次回のラドムへ行くのだっ/(^^)/!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

REMCAT

Author:REMCAT
飛行機を撮る、飛行機を造る、飛行機に乗る、飛行機を飛ばす…
飛行機が大好きで夢にまで見るREMCATのブログです!
REMは夢を見る睡眠状態、M+CATが有名艦上戦闘機に近いので。
飛行機に限らず趣味のある人 大歓迎です!

F-
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR